医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

高齢者の「孤立・孤独」化を防ぐために、独居のかんたんWEB診断サービス『ドキドキドッキョ指数』公開!

株式会社コーミン
地域包括支援センターを運営するまちづくり会社と、クリエイティブ系2社による共創事業です。

独居に潜むリスクをスマホ等でかんたんに発見できるだけでなく、まち(地域コミュニティ)との関係性も見直すことができ、まちとの共生やドキドキ心躍る楽しい人生づくりを支援できるサービスとして開発しました。




現在、日本の高齢者世帯のうち約50%が独居であり、その割合はますます増加傾向にあります。ひとり暮らしが「リスクある孤立・孤独」状態になるのを防ぐことは、高齢化社会におけるウェルビーイング推進の観点からも喫緊の社会課題と言えます。

大阪で公民連携事業を展開している株式会社コーミンは、事業のひとつとして大阪府大東市の地域包括支援センターを2019年から運営しており、この度、その高齢者支援の経験とノウハウをいかしたWEB診断サービス『ドキドキドッキョ指数』を開発して無料公開をスタートしました。

◎かんたんWEB診断サービス『ドキドキドッキョ指数』
https://matituku.com/dokidoki/

このサービスはスマホ等でかんたんなアンケートに答えるだけで、高齢者の独居に潜むリスクや「リスクの兆候」を発見することができます。是非、高齢者ご本人や全国の地域包括支援センターのみなさまにご活用いただき、一人でも孤立・孤独化する高齢者を減らすことに貢献できれば幸せです。




尚、株式会社コーミンは創業当初より、さまざまな事業活動でデザイン視点やクリエーター発想を重要視してまいりました。今回のWEBサービス開発においても“うたみな”および“ノーティスデザインカンパニー”の2社を事業パートナーとして共創、3社による共同事業としてローンチしました。

◎うたみな
http://www.utamina.com/

◎ノーティスデザインカンパニー
https://notice-design.com/

株式会社コーミンが運営する地域包括支援センターには「長生きを長イキイキに」というブランドパーパスがあり、『ドキドキドッキョ指数』も、その精神から生まれたものです。私たちはこれからも、さまざまな公民連携事業を通じて、高齢者のウェルビーイングや健康寿命の増進に努めてまいります。

『ドキドキドッキョ指数』はベータ版として今後も改善を続けていきます。ご意見・ご感想やコラボレーションのお誘い等、お待ちしています。


参考記事:yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/be077209f8b6f787029f7c87910d57c61944205a?fbclid=IwAR3DlRSHMi9Y_hV2rQ8ZEA84yMmMw4MNE0V34sPO_KV-pHAZE_RWYCeOu8g
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)