美容・健康 ネットサービス・アプリ

体温記録アプリ「たいおんログ」で法人向けサービスを開始、30人未満なら無料で複数端末入力&ダッシュボード利用が可能に

株式会社プレースホルダ
 遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(http://litpla.com)を運営する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤 貴史)は、簡単な入力操作で家族やチームの体温を記録できるスマホアプリ「たいおんログ」の法人向けサービス(https://thermolog.biz/)を開始いたしました。




 「たいおんログ」は、スワイプ操作で体温を入力するとグラフで毎日の体温変化を確認できる、日々の健康管理に役立つアプリサービスです。広告表示や課金機能のないシンプルな使い心地で、1台の端末で30人までの体温を入力・確認することが可能です。検温忘れ防止のため、特定の時間でプッシュ通知を設定することもできます。
 また、詳細な体温ではなく「37.5度以上/未満」のみを表示させる「プライバシーモード」も搭載し、企業や店舗の共有端末でも安心して利用することができます。

 4月のリリース以来、ダウンロード数が約40日間で2万件を超えるなど多くの方にご利用いただく中で、企業の労務・総務ご担当者様などから「1台だけではなくチーム全員が自分のスマートフォンで入力できるようにしたい」「パソコンでデータをまとめて閲覧したい」といったご要望を数多くいただいてきました。

 そこで今回、複数端末での体温データの入力・共有が可能になる「グループコード」機能を新たに追加したほか、グループ内の検温状況を一括管理できる便利なダッシュボード(管理画面)をご用意しました。30人未満ならいずれの機能も無料で利用でき、30人以上の場合は1人につき月額50円(税抜)で利用可能です(※)。

 有料のプランではそのほかにも、CSVファイルによる体温データのダウンロードや、プライバシーモードの基準体温(標準設定は37.5度)の変更が可能になるなど、管理体制にあわせた活用が可能です。
 シンプルなアプリ機能で従業員の検温の習慣化を促し、また組織の管理者はプライバシーに配慮しながら検温状況を一目で確認・管理することができる、With/Afterコロナ時代に役立つサービスとなっています。

※ダッシュボードの新規作成はご利用人数に関わらずWebサイト(https://thermolog.biz/)からのお申し込みが必要です。「グループコード」機能は法人利用にかぎらずどなたでもご利用可能です。


「たいおんログ」法人向けサービス ご利用プラン





「たいおんログ」アプリダウンロード

App Store:https://apps.apple.com/jp/app/id1502804080
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.placeholder.thermolog


【株式会社プレースホルダ 会社概要】
代表者: 代表取締役CEO 後藤 貴史
住所 : 東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
設立 : 2016年9月
事業内容 : テーマパーク事業、空間演出事業、ライセンス事業、インターネットサービス事業
URL : http://placeholder.co.jp

プレースホルダは、2018年より“遊びが学びに変わる”をコンセプトとした次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(http://litpla.com)を運営しています。建築士、ゲームプログラマー、元幼稚園教諭、大手テーマパーク従事者など多様なスキルを持つ人材を擁し、デジタルアトラクションの企画開発から施設設計、パーク運営までを内製しています(一部パークのみライセンスパートナーとの共同運営)。2019年にはこれまでに培った知見やノウハウを活かした空間演出事業を本格開始し、あらゆる施設・店舗において、デジタルとリアルが融合したこれまでにない体験を提供しています。

<参考:次世代型テーマパーク「リトルプラネット」とは>
リトルプラネットは最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパークです。砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びにテクノロジーが融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供します。現在、首都圏のほか大阪・名古屋・福岡など全国11箇所に常設パークを展開しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)