美容・健康 自然・環境

保育園のアフターコロナ。抗菌・抗ウイルス対策工事の受注

株式会社ダイヤニウム
子供たちを守るために保育園の園長が選んだ抗菌・抗ウイルスの「ダイヤニウム」

愛知県発、接触触媒ベンチャー「ダイヤニウム」が保育園に抗菌・抗ウイルス化施工を行った。 SARS-CoV-2によるCOVID-19の世界的流行により人々の意識や行動様式が変わる中、 保育園の子供たちを守るために園長のとった行動が注目を浴びている。


愛知県発、接触触媒ベンチャー「株式会社ダイヤニウム」は、この度地元の保育園(美和多保育園:愛知県愛西市)に園児の菌やウイルスへの接触感染を予防すべく抗菌・抗ウイルス環境整備を行いました。
美和多保育園:愛知県愛西市
弊社が提供する接触触媒「ダイヤニウム」は、抗菌・抗ウイルス・防臭・防カビ機能を特徴とする製品で、「光のいらない、光触媒のようなもの。抗菌・抗ウイルス環境をつくる次世代の触媒」と捉えて頂ければわかりやすいです。弊社商品の「ダイヤニウム」は地元の中部経済新聞、Yahooニュースなどにも取り上げられ脚光を浴びており、「抗菌・抗ウイルス業界」の注目企業として活動しております。
※ 詳しい情報はホームページをご参照ください。 https://www.dianums.com/
※ 光触媒ではありません。
ダイヤニウムの原理
COVID-19の世界的流行により、「飛沫感染」や「接触感染」のルートを警戒し、極力断つことがアフターコロナの新生活様式に求められていく中で、多くの子供たちの健康を守ることは、経済活動に直結するその親世代、そしてその親世代の高齢者の健康をも間接的に守ることにつながると考えています。

今回導入を決定した同保育園園長(三輪田義史園長)は、インタビューで下記のように述べています。

「SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)だけではなく、アフターコロナの日常に潜む、既知のウイルス・菌、そしてまだ私たちの知らない「未来に発生するであろう」様々な病原体、それらの接触感染リスクを極力抑え、園児の健康を守る努力をすることが大切なお子様を預かる施設として私たちがやれることだと考えている。また、このような世界的な悲劇の後に、何も対策を取らないという選択肢はない、次に備える必要がある、と思い、ダイヤニウム施工の導入を決定した。」

なお、株式会社ダイヤニウムの代表取締役会長、近藤利一は「少しでも地元愛知県に貢献できれば」と、マスクを園児に寄贈しました。
園児からのお手紙1


園児からのお手紙2
弊社では現在、アフターコロナの抗菌・抗ウイルス施工で保育園、幼稚園、医療機関、老健施設、スポーツクラブ、スーパー、コンビニ等人が多く集まる場所からの施工依頼がの問い合わせが多く、いち早く全国的に展開するため、ダイヤニウムを取り扱う代理店を広く募集しています。


接触感染経路・ドアノブへの施工


手による菌・ウイルスの移動対策。ドアノブへの施工
接触感染経路・トイレへの施工
靴底からの菌・ウイルスの移動対策。靴箱への施工
接触感染経路・ポストにも施工。
園児用トイレ内、壁面に施工することで防臭効果も。
愛知県発 接触触媒ベンチャー ダイヤニウム
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)