美容・健康 ネットサービス・アプリ

アスリートも活用できる!「カロミルアドバイス」で詳細な栄養摂取状況を分析できるレポートサービス「カロミルPFC Proレポート」開始

ライフログテクノロジー株式会社
バズーカ岡田氏がデータドリブンな食事指導を解説する指導者向け無料セミナーを開催!

食事・運動・体重管理アプリケーション(以下アプリ)「カロミル」の開発・提供をするライフログテクノロジー株式会社(東京都中央区、代表取締役:棚橋繁行)は、指導者向け食事指導ツール「カロミルアドバイス」を活用したレポートサービス「カロミルPFC Proレポート」をリリースしたことをお知らせします。 「カロミルPFC Proレポート」を広く、身近に活用いただけるよう、食事、栄養指導を行うトレーナー、管理栄養士の皆様に向けた「除脂肪メソッド」提唱者“バズーカ岡田氏”によるオンライン無料セミナーを2023年1月20日(金)に開催します。



〇「カロミルアドバイス」を活用したレポートサービス「カロミルPFC Proレポート」
指導対象者(顧客)の「カロミル」アプリと連携し、食事や栄養指導がすべてオンライン上で完結できる、指導者向けウェブツール「カロミルアドバイス」から、1ヶ月間のPFCバランスや日々の食事毎の栄養摂取状況を分析できる「カロミルPFC Proレポート」を作成できるようになりました。
「カロミルPFC Proレポート」は、1ヶ月単位のたんぱく質(P)、脂質(F)、炭水化物(C)割合のデータを可視化できるもので、朝・昼・夕・間食といった食事タイミング、週ごとのPFC割合を抽出するほか、食事摂取エネルギー量と消費エネルギー量の比較が表示されます。指導対象者のコンディションの良いときも悪いときもレポートで可視化しデータをストックすることで、コンディションと食事データの相関分析が可能になります。
身体を緻密に管理したいジムトレーナーや、アスリートなどの食事指導に携わる方などにおすすめのプロ仕様のレポートです。「カロミルアドバイス」のデータ出力機能をご契約いただくだけで、どなたでもご利用いただくことができ、初回は作成サポートを受けることもできます。

〇「カロミルPFC Proレポート」活用のイメージ
「カロミルPFC Proレポート」は、アプリ利用者の摂っているエネルギー源の3大栄養素・PFCの割合と偏りを可視化することができます。さらに食事摂取エネルギー量と消費エネルギー量の比較も可能です。
例えば右図の場合、消費エネルギー量が食事摂取エネルギー量よりも上回っているので、減量を目指すユーザーの場合は、食事量やバランスが適切にコントロールできていることがわかります。

一方で、脂質(F)のエネルギー割合がたんぱく質(P)のエネルギー割合の2倍近くになっているため、脂質からのエネルギー量の割合を2倍以下になるように抑え、たんぱく質からのカロリー摂取を増やすと改善につながる可能性がある、といった、データに基づいた食事指導を行うことが可能になります。

また、時間や曜日ごとのPFC摂取割合も確認することができます。



例えば右図の場合、夕食の脂質が多くなりがちという傾向がわかります。夕食に脂質が多いと睡眠中に分解されづらく蓄積されがちなので、食事摂取エネルギー量に比べ、消費エネルギー量が上回っていても痩せない場合は、夕食時の脂質量の割合が多いことが要因となっている可能性があります。

このように、「カロミル」や「カロミルアドバイス」に記録されたデータを元により詳細な分析が簡単にできることで、指導対象者の継続を促すポイントや改善を促すポイントが明確になります。食事指導者は、指導対象者1人1人に適切な提案を行い、質の高いサービスの提供が実現でき、個人の詳細なデータを活用していくことで、理想とする体型に近づけるサポートが可能です。
食事データを過去に遡って記録することはとても困難です。日常的にカラダを使っている方の最適なコンディンションを分析・保存する機能によって、今まで以上に簡単に、緻密にカラダの状態を可視化することにお役立ていただきたいと考えています。

〇食事指導者向け無料セミナー「データドリブンの食事指導とは~カロミルPFC Proレポートを使った新しいデータの価値創造~」開催
2023年1月20日(金)17:30より、栄養指導・食事指導をされている指導者向けの無料セミナー「データドリブンの食事指導とは~カロミルPFC Proレポートを使った新しいデータの価値創造~」を開催します。
ゲストに、カロミル公式アドバイザーで、日本体育大学教授の岡田隆教授(バズーカ岡田氏)をお招きし、データを活用した食事指導について、「カロミルアドバイス」を活用したレポートサービス「カロミルPFC Proレポート」を使いながら解説いただきます。
また、セミナーにご参加いただくと、参加特典としてご自身の「カロミルPFC Proレポート」1ヶ月分をプレゼントします。
データを活用した食事指導に興味がある方、「データの活用をしてみたいが、活用方法がわからない」などデータ活用に不安がある方、食事指導ツール「カロミルアドバイス」を利用してみたい方など、ぜひご参加ください。

【セミナー概要】
セミナー名:データドリブンの食事指導とは~カロミルPFC Proレポートを使った新しいデータの価値創造~
日時:2023年1月20日(金)1部 17:30~18:30 講演 2部 18:30~19:00 質疑応答
内容:※当日、内容が変更になる可能性があります
・データを使った食事指導の重要性とデータの価値
・メソッドを活用したデータ分析(BMIが25以上などのデモ対象者データを用いた説明)
・バズーカ岡田氏と当社CEO棚橋のトークセッション
・指導者向け食事指導ツール「カロミルアドバイス」のご紹介
場所:オンライン(Zoom)
ゲスト:日本体育大学教授・岡田隆氏(バズーカ岡田)
参加方法:以下応募フォームより必要事項を記入の上、送信いただくと、参加用URLをお送りいたします。
オンライン(Zoom)環境で実施いたしますので、配信をお聞きいただける環境のご準備をお願いいたします。
セミナー参加応募フォーム :https://forms.gle/wWBvhBmkXv6fuqsv9
セミナー参加特典:ご自身の「カロミルPFC Proレポート」1ヶ月分
セミナー参加特典条件:
・セミナー参加者であること
・セミナー後にお送りする、「参加特典お申込み用フォーム」にお申込みすること
・「カロミル」に食事を1週間分記録していただき、弊社指定の「カロミルアドバイス」と連携すること
※セミナー参加特典の受付は、セミナー終了後から2023年2月末までとなります。

【カロミル公式アドバイザー バズーカ岡田とは】
日本体育大学にて教育と研究をしつつ、自らも身体作りの究極の実践者としてボディビル競技への挑戦を続け、先日11月4日には世界ボディビル選手権大会40-44歳70kg以下級で第3位となった岡田氏。現在は「身体づくりには、人生を変える力がある」をモットーに、パーソナルトレーニングジムでトップアスリートにも身体づくりの提案・指導を行っています。骨格筋評論家「バズーカ岡田」として多くのメディアにも出演中。著書には「除脂肪メソッド」「世界一細かすぎる筋トレ図鑑」などがあり、累計100万部を突破。公式YouTubeチャンネル「バズーカ岡田の筋トレラボ」は、25万人以上が登録しています(2022年12月現在)。

バズーカ岡田の筋トレラボ:https://www.youtube.com/c/bazooka-okada/

【健康管理アプリ「カロミル」について】




食事・運動・体重管理アプリです。食事記録に関しては、写真1枚で毎日の食事を記録し、AI(人工知能)の画像解析技術によって自動で栄養価を割り出し登録します。カロリーだけでなく、たんぱく質、脂質、炭水化物、塩分、糖質、食物繊維、ビタミン、ミネラルなど18種類の栄養素の計算・記録もできるので、ダイエットのみならず、栄養バランスを考慮した健康管理が可能です。また、食事記録だけでなく運動・バイタルの管理機能もそなえ、「健康のトータルマネジメント」を実現しています。会員数は170万人を超えました(2022年11月時点)。

【カロミルアドバイスについて】
https://advice.calomeal.com/
指導対象者(顧客)の「カロミル」アプリと連携し、食事や栄養指導がすべてオンライン上で完結できる、指導者向けのウェブツールです。指導対象者(顧客)の食事データの記録・蓄積が自動化されるだけでなく、AIが食事内容を自動で解析・栄養計算し、指導者の栄養計算など食事指導にかかる手間が大幅に削減されます。

【ライフログテクノロジー株式会社について】
https://calomeal.com/
当社は管理栄養士、エンジニア、データサイエンティスト、人工知能の研究者で構成されたヘルスケア関連のテクノロジー企業です。2016年2月に創業し、東京本社と宮崎に拠点があり、スタッフは全員フルリモートワークです。主な事業はヘルスケアアプリ「カロミル」の開発・運営ですが、大学や企業、医療研究機関などと健康管理や食生活に関する共同研究も行っています。

◆サービスに関するお問い合わせ先◆
ライフログテクノロジー株式会社
info@calomeal.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)