医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

“マッチョ介護士“障害者介護施設を運営するHIDAMARI GROUPが福祉業界初となる相談支援専門員・障害福祉サービス・利用者のオンラインサービス『knock(ノック)』を2023年夏に提供開始決定

株式会社ビジョナリー
障害者介護事業一筋14年 ビジョナリーが見据えるのは福祉のIT化

株式会社ビジョナリーは、2023年夏頃に相談支援専門員が利用者のために最適な障害福祉サービスを見つけ契約することができる業界初※のオンラインサービス『knock(ノック)』の提供開始を決定。



HIDAMARI GROUPを運営する株式会社ビジョナリー(代表取締役社長/丹羽 悠介、本社:愛知県名古屋市)は、2023年夏頃に相談支援専門員が利用者の為に最適な障害福祉サービスを見つけられ、また自社施設を提案したい相談支援専門員にアプローチできる業界初のオンラインサービス『knock(ノック)』の提供開始を決定いたしました。

この度提供が決定した『knock』は、2040年には介護人材の不足人数が約60万人になるとも言われている中で、長きに渡り福祉業界が抱える人材不足、そして進まないDXなどに対して、ITサービスで仕組みづくりを行うことによってその課題を解決したいという想いの基、サービス提供に至りました。

10年以上福祉業界を支援する事業に携わってきたHIDAMARI GROUPだからこそわかる、相談支援専門員の方が抱えている課題や利用者の方にとって何をIT化することが今最も必要なのか考え、自社の中でエンジニアの採用も行い細部までこだわりぬいて作り上げた『knock』を提供いたします。

■『knock』とはどんなサービスなのか?




・相談支援専門員の方のご利用に関して

現在は近隣の障害福祉サービスへの電話連絡などを中心に、利用を希望しているご家族や利用者の方にとって最適な施設はどこなのかを一つ一つ照らし合わせていく作業が発生しています。

もしかすると近隣ではないけれど、全国にはもっと利用者の方にあっている施設があったとしてもそれを提案するには、探す時間も人手も足りない状況にあります。

『knock』を活用いただければ、全国の様々な種類の障害福祉サービスの情報があり、相談支援専門員の方が担当している施設利用希望者の方に本当にマッチしている、施設をオンライン上で探し、現地に行かずにそのまま面談や施設見学もすることも可能となっています。情報収集や移動時間を極端に減らすことで、慢性的な人材不足となっている相談支援専門員の方が、効率的に仕事をしていただける状況づくりに役立てていただければと思っております。

・障害福祉サービスのご利用に関して

地域に根付いた運営が多く行われていることもあり、本来は介護サービスの必要度が高い方を受け入れることが出来る施設であったとしても、自分たちの施設にあっていると感じる利用者の方を探しにいくような作業は今までは難しい状況にありました。

『knock』の機能の中では全国の相談支援専門員の方が担当している、施設利用希望者の方の情報をみることが出来る状態にあるので、施設にあった利用者の方へアプローチをすることが可能です。

・施設希望利用者の方のご利用に関して

地域の相談支援専門員の方に話に行く前に、自宅から『knock』を使えば全国のあらゆる障害福祉サービスの情報を得ることが出来ます。各施設の特徴を簡単に知ることが出来るため、どの施設がもっとも自分たちに合っているのかを比較検討しながら、探していくことが可能です。


■代表取締役社長/丹羽 悠介 コメント





IT事業を始めるにあたって、自身に知見がないことでどのようにサービスづくりを進めていけばよいのかまったくわからない状態でした。そこで、株式会社サイバーエージェントに務めている幼い頃からの友人である小野哲太郎に話を聞きました。そこで生まれたこだわりの一つがエンジニアの内製化です。

IT企業が介護の会社を対象にしたサービスを作っても中々浸透しにくいと感じていますが、実はそれだけではないとも思っています。実際私たちと同じように介護の仕事もしながらサービス展開をしている会社もありますが、なぜ浸透するようなサービス、使いたいと思われるサービスが生まれにくいのかと考えた時、外注でサービスを作っていることも要因の一つだと感じています。

実際私自身も、小野くんに話を聞いていなければ、よくわからないままに恐らく外注でサービスを作っていたと思います。けれどそこにはわずかばかりかもしれませんが、その小さなこだわりの積み重ねこそがサービスに差が出ることを教えてもらいました。

私は本気で介護業界の未来を考えてIT業界の参入を決めました。サービスを作ってパッと売って儲けてやる。こんな想いなら外注という判断もあったと思いますが、そうではありません。現在のまだアナログな福祉の業界に浸透させることができるようなサービスを作る、痒い所に手が届くようなサービスを作る、そんな想いだからこそエンジニアの内製化を一つのこだわりとすることを決めました。

『knock』というサービスが、相談支援専門員の方はパソコン1台で全国の施設を調べることが出来る、障害福祉サービスの方は実際に各所を移動しなくとも営業活動をすることが出来る、そして利用希望者の方はまだ知らなかった自分たちに本当に合っている施設にめぐり合うことが出来る、そんなすべての方々にとって本サービスがあれば全国のあらゆる「扉」がいつでも目の前にある。その扉をノックすることでサービスをご利用いただいた方が笑顔になれることを願い、『knock(ノック)』というサービス名称にいたしました。


サービスの提供開始は2023年の夏ごろを予定しておりますが、障害福祉サービスの方や相談員の方の事前登録は受け付けておりますので、お気軽にお問合せ頂ければと思います。

※当社調べ:2022年8月調査
※障害福祉の業界において

■障害福祉サービス、相談支援専門員の方のお問い合わせ先
E-mail:info-knock@visionary.day





■HIDAMARI GROUP(株式会社ビジョナリー)

公式ホームページ
https://hidamarigroup.com

HIDAMARI GROUPを運営する株式会社ビジョナリーは、愛知県と三重県を中心に、利用者の方に喜ばれるための介護施設・看護施設を展開しております。利用者のみなさまの安心・満足度をいちばん大切にし、介護業界に変革をもたされることを意識し、これまでにない活動を心がけ日々企画し行動しております。

また、企業理念である「世界中の人の人生を応援する」という想いに共感した、仲間たちで結成した、フィットネス実業団「セブンシーズ」があります。「自分たちの頑張る姿を見て、少しでも、たくさんの人達の励みになれば嬉しい。そんな気持ちを、自分を鍛えるといった活動の中で世界中に伝えて参ります。


問い合わせ担当:広報 佐藤美波
TEL:052-888-9880 
E-mail:visionary_pr@visionary.day
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)