医療・医薬・福祉

Ghoonuts、東京都立大学、東京工業大学との間で、言語機能に対する最適化脳刺激の効果に関する3者共同研究契約を締結

Ghoonuts株式会社
Ghoonuts株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役:都志宣裕)は、この度、東京都公立大学法人 東京都立大学(人文科学研究科 橋本研究室)および東京工業大学(科学技術創成研究院 吉村研究室)との間で、言語機能に対する最適化脳刺激の効果に関する3者共同研究契約を締結いたしました。



脳卒中などにより、脳の機能が障害されると「言葉を理解がない」「言葉が出てこない」といった失語症と呼ばれる症状が現れ、日常生活を送る上で大きな障害となります。近年の研究により、頭の外部から脳に微弱な電気を流す経頭蓋直流電気刺激(transcranial direct current stimulation、以下tDCS)という技術を用いることで言語の機能が向上することが明らかになってきました。しかし、生活環境や遺伝、疾患の部位や大きさなどの影響により、脳の働きは人それぞれ異なるため、tDCSの効果には個人差が大きいという問題があります。

本共同研究では、健常成人を対象に、fMRIや脳波といった脳のモニタリング技術を駆使し、機械学習法を用いて解析することで、個人毎の言語機能に関する脳領域を特定する技術を開発します。そして、個人毎に最適なtDCS条件を見つけることで、失語症患者の脳機能の向上を目指します。


本件に関するお問い合わせ
Ghoonuts株式会社
HP:https://ghoonuts.com/
アドレス:n-tsushi@ghoonuts.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)