医療・医薬・福祉 その他

【登録開始】研究者とビジネスパーソンの交流・マッチングイベント「BRAVE GATE Meetup」を開催

Beyond Next Ventures株式会社
ディープテック創業への第一歩、未来の仲間と出会う場所

ディープテック領域の起業を後押しするBeyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:伊藤毅、以下「当社」)は、研究成果を社会に還元したい研究者と、大学研究を活用した事業に関心の高いビジネスパーソンや事業会社が一同に集うミートアップイベント「BRAVE GATE Meetup」を2023/2/18(土)に東京の日本橋にて開催いたします。



研究成果を社会に還元したい。」「技術を活用したスタートアップ起業を考えている。」そんな考えをお持ちでも、具体的なアクション、特にビジネス面で課題を感じている研究者の方は多いのではないでしょうか?

具体的な次のステップに進むためには、同じ将来に向かって一緒に活動する仲間を見つけることが重要です。しかしながら、周囲にビジネス・経営をリードするビジネスパーソンがいないケースも多いと思います。

そこで今回は、研究者、ビジネスパーソン、事業会社が一同に集う「BRAVE GATE Meetup」を開催します!研究成果の社会還元に向けて、お互いが仲間を巻き込み、事業化を前進させるこの機会を、ご活用ください!


当日コンテンツ

1.研究者による研究内容や事業プランの紹介


研究者が研究内容やビジネスプラン(*ご用意ある方に限る)を紹介するセッションを実施します。研究内容の魅力や将来展望を紹介いただくことで、その場で興味を持ったビジネスパーソンと繋がることができます。また、個別ブースでの自由交流やカフェエリアも設けているため、参加者の方々とカジュアルにコミュニケーションをとることが可能です。

2.大学発ベンチャー起業家によるトークセッション


魚のゲノム編集技術で世界を目指す京都大学発ベンチャー「リージョナルフィッシュ」を創業した梅川 忠典氏、テトラゲルを用いて医療に革新を起こす東京大学発ベンチャー「ジェリクル」を創業した増井 公祐氏、そして、原子レベルで分子の動きを捉えることで難病の治療法を開発する奈良医科大学発ベンチャー「モルミル」を創業した森 英一朗氏のご登壇が決定!研究者とビジネスパーソンが共同創業するうえで何を意識すべきか、ご自身の体験談をもとに、お話しいただきます。

<登壇者紹介>


梅川 忠典|リージョナルフィッシュ株式会社 代表取締役社長/CEO
コンサルやPEファンドで修行を積み、エリー株式会社(昆虫食ベンチャー)を創業後、事業フェーズが変わるタイミングで友人に代表を譲る。その後、京都大学と近畿大学の共同研究の成果を基に、リージョナルフィッシュ株式会社を創業。ゲノム編集技術を用いた品種改良×スマート養殖技術で、日本の水産業の再興と水産業を支えてきた地域経済の発展を目指す。オープンイノベーションを掲げており、多数のアカデミア・企業・自治体と連携中。


増井 公祐|ジェリクル株式会社 代表取締役CEO
東京大学在学中、再生医療やDDSを専攻。2011年レバレジーズに入社。メディカル事業の事業部長に就任し、SEO、ペイド、ソーシャルメディア、制作、広報などの様々なチームを立ちあげ、全ての事業のマーケティングを統括し、売上20億から100億までの成長を牽引。その後ITベンチャーを起業、世界一周を経て、2018年8月に東京大学の酒井・鄭研究室の酒井教授が開発したテトラゲル(Tetra-gel)の医療製品への応用を目指すべく、ジェリクル株式会社を設立、代表取締役に就任。


森 英一朗|モルミル株式会社 代表取締役CEO
奈良県立医科大学 医学部 准教授。2022年に、原子レベルで分子の動きを捉えることによる治療薬の開発や、ALS (筋萎縮性側索硬化症)など難病や様々な疾患の治療法を開発し、日本から世界に創薬の新たな可能性を提示し、アカデミアの研究成果の実装を目指す会社「モルミル株式会社」を創業。


タイムテーブル(領域、時間ともに仮)



・業界/技術領域ごとにブースを分け、1名最大10分程度で研究シーズの内容/事業プランをご紹介いただきます。
・説明時間以外は、自由に交流可能です。
・起業家トークセッションは、14:30~15:00頃を予定しています。


イベント概要

【参加対象者】
研究成果の事業化(起業)や大企業との連携(共同研究など)を希望する研究者
大学研究を活用した事業に関心の高いビジネスパーソンや事業会社
大学や支援組織にご所属の方
エンジェル投資家の方

【開催概要】
日時  2023年2月18日(土) 13:00-17:00(受付開始:12:30~)
会場  日本橋ライフサイエンスハブ A-C(https://www.nihonbashi-lifescience.jp/hub/
住所  〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-5-5 室町ちばぎん三井ビルディング8階
費用  無料

【参加方法(研究者)】
*登録フォーム:https://forms.gle/3PU9Pbp9ZB1YLe1MA(締切: 2023/1/6 (金) 12:00)
1.上記登録フォームよりお申込みください。
2.参加確定者の方には運営事務局から詳細を連絡いたします。1月下旬~2月上旬に事前イントロダクション(約30分)を行いますのでご参加ください。別途ご案内申し上げます。

【参加方法(事業会社、大学関係者、投資家、その他)】
*登録フォーム:https://forms.gle/77Gt9wHWTTJQKkgj7(締切: 2023/1/27 (金) 12:00)
1.上記登録フォームよりお申込みください。
2.参加確定者の方には運営事務局から詳細を連絡いたします。

★★個人として参加したいビジネスパーソンの方は、下記の別サイトよりエントリーをお願いいたします。
https://talent.beyondnextventures.com/bravegate-meetup

【留意事項】
必ずしもマッチングやその後のチーム組成をお約束するものではございません。
全ての参加者は当社が定める秘密保持の下にありますが、未発表のデータや特許出願前の情報についてはお控えいただき、研究者ご自身の責任にて情報管理の徹底をお願いいたします。
本会終了後に参加者とのコンタクトを希望する際には、規定の順守をお願いしております。


担当者よりコメント



Beyond Next Ventures株式会社
マネージャー 津田 将志

「弊社ではこれまでもアクセラレーションプログラム『BRAVE』を通じて、研究者と創業メンバーとなるビジネス人材のマッチングを図り、40名以上の研究者の共同創業者・経営人材を輩出しています。一方で、多くの方からマッチングの希望を頂きながらも、限られた方にしか機会を提供できておりませんでした。本ミートアップは、より多くの研究者の事業化を加速させる第一歩です。これまでの枠を超えて、私たちもこの課題解決に挑戦します。まずは『知る』『出会う』ところから始めてみませんか?事業化につながる良い出会いの場にします!」


BRAVEについて

BRAVEは、全国の大学・研究機関に眠る研究シーズの事業化から、グローバルな資金調達までを一気通貫で支援する、国内最大規模のディープテック特化型アクセラレーションプログラムです。これまで547チームにエントリーいただき、120チームを採択・支援してまいりました。BRAVE卒業生の累計資金調達額は250億円以上、起業前に参加した研究チームの半数以上がBRAVE卒業後に起業を実現しています。
URL :https://brave.beyondnextventures.com


Beyond Next Venturesについて

大学や企業における優れた研究・技術を発掘し、社会への実用化に向けて、研究者や起業家と新産業の創出に挑む独立系VC・アクセラレーターです。資金的支援に加え、創業前からの事業化支援やディープテック領域における経営人材の育成など、VCの枠を超えてより強固なエコシステムの構築に注力しています。

所在地:東京都中央区日本橋本町3-7-2 MFPR日本橋本町ビル3階
代表者:伊藤 毅
設立 :2014年8月
事業内容:日本・インドの技術系スタートアップへの出資・成長支援、技術シーズの事業化支援、研究開発型スタートアップにおける経営人材育成・採用支援、シェア型ウェットラボ運営等
URL :https://beyondnextventures.com/jp/


本件に関するお問い合わせ先

Beyond Next Ventures株式会社 BRAVE事務局
Email: brave@beyondnextventures.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)