住宅・建築・建設 医療・医薬・福祉

R65不動産、山梨県都留市を舞台とした「生涯活躍のまちビジネスプランコンテスト2022」で最優秀賞を受賞。

株式会社R65
「多世代住まいから始める、生涯現役のまち」を目指す。

65歳からのお部屋探しを専門で支援する株式会社R65(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:山本遼、以下「R65不動産」)は、12月18日(日)に開催された都留市を舞台とした「生涯活躍のまちビジネスプランコンテスト2022」の最終発表会にて最優秀賞を受賞いたしました。 今後は都留市で「コミュニティ付共同住宅」の運営を行うことで「多世代住まいから始める、生涯現役のまち」を目指して参ります。




■生涯活躍のまちビジネスプランコンテストとは


生涯活躍のまちビジネスプランコンテスト:https://bizcon.osusowake.life/

 80世帯を超えるシニア世帯の移住実績を持つ「※生涯活躍のまち構想」のトップランナーである山梨県都留市で、人口減少する地方課題を解決するビジネスを官民連携で産み出すためのビジネスプランコンテストです。

※生涯活躍のまち構想
 制度の縦割りを超え、年齢や障害の有無等を問わず、移住者や関係人口、地元住民等を対象とした「誰もが居場所と役割を持つコミュニティづくり」の推進のこと。地方創生の大きな柱の1つとして、2022年12月現在で421の自治体が推進意向を持っています。

■受賞概要

「多世代住まいから始める生涯現役のまちへ シェアハウスからシェアタウン」(株式会社R65)

 実際に都留市に滞在することで明らかとなった課題を起点に、まずは1年以内に谷村町で中古戸建てや中古マンションの利活用を通じて、まち全体がシェアタウンとなることを見据えた「コミュニティ付共同住宅」の運営を行います。

■関係者コメント


株式会社R65 代表取締役社長 山本 遼



 これまでR65不動産では、高齢者が賃貸を借りられるように様々な試みを行ってきましたが、理論的には解決しつつあります。そこで、多くの社会問題の背景にある貧困や孤独の解消にも目を向けたいと考えたため、今回の「生涯活躍のまちビジネスプランコンテスト2022」に応募しました。
 具体的には、多世代が交流する「コミュニティ付共同住宅」の運営によって入居中のQOLの向上を行い、内閣府のお力添えもいただきながら、都留市を中心に他地域でも「生涯活躍のまち構想」を推進していきたいと思っています。

■会社概要 株式会社R65
日本は世界で最も高齢化率が高いにもかかわらず、65歳以上の「住宅難民」 が社会問題となっています。急な立ち退きによるお部屋探しが増える中、65歳以上の4人に1人が賃貸住宅への入居拒否を経験。R65不動産は、65歳からのお部屋探しを専門で支援する不動産会社として、物件を貸し出す際のあらゆるリスクの解決を行い、65歳以上の入居可能な賃貸物件を増やすことで、「いくつになっても、好きな場所に住める社会」を実現していきます。


代表:山本 遼
本社所在地:東京都杉並区荻窪4-24-18
設立:2016年4月7日
URL:https://r65.info

【本件に関するお問い合わせ先】
広報:飯田 / E-mail:tetsuya.iida@r65.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)