素材・化学・エネルギー 医療・医薬・福祉

世界最大級のテクノロジー展示会「CES2023」に新製品「アルケリスFXスティック」を出展します!

アルケリス株式会社
長時間の立ち仕事での足腰の負担を軽減するアシストスーツ「アルケリス」の企画・開発・販売を行うスタートアップ企業のアルケリス株式会社(所在地:神奈川県横浜市、 代表取締役CEO:藤澤秀行)は、 2023年1月5日(木)~8日(日)にアメリカ・ラスベガスで開催される世界最大級のテクノロジー展示会「CES2023」Japanパビリオンに出展します。 また、展示会会期に併せて開催されるメディア向けイベント「Unveiled」「ShowStoppers」にも出展し、現地来場者、メディアの方々へ新製品「アルケリスFX(エフエックス)スティック」の装着体験を実施します。さらに、現在開発中の自動モード切替機能搭載の「アルケリス アウターフレームモデル(仮称)」も展示します。




<CES2023概要>
展示会名:CES2023(Consumer Electronics Show )
会期  :2023年1月5日(木)~8日(日) ※米国時間
ブース :62201 C1
主催  :Consumer Technology Association(CTA)
形式  :ハイブリッド(リアル及びオンライン)
会場  :HallG, Level1,Tech West, Venetian Expo, Eureka park

■出展製品
「アルケリスFXスティック」
「アルケリスアウターフレームモデル(仮称)」

■展示内容
「アルケリス」は、 長時間の立ち仕事での足腰の負担を軽減するアシストスーツです。
今回ご紹介する新製品「アルケリスFXスティック」は、2021年4月発売のカーボン素材の「アルケリスFX」の足元の形状を改良、約 25%軽量化し、”立ったまま座る”と”動きやすさ”を追求した製品となっております。

「アルケリス」「アルケリスFXスティック」共に、足に装着し、 装着者の体重をスネとモモで支えることで、 長時間の立ち仕事を楽にします。 さらに3つの特長として、 「装着したまま移動ができる」「電源不要」「さまざまな体型でも簡単な調整で装着が可能」があり、 動きの少ない立ち作業(外科医、 溶接、 検査、 組立など)を行う日本国内の病院施設及び製造現場に導入が進んでいます。



「アルケリスアウターフレームモデル」は、フレームの位置の変更及びモード切替方法の自動化を実装したプロトタイプです。
従来の製品では脚の内側にあったフレームを脚の外側へすることで、より動きのある立ち仕事への適応を目指しています。モード切替もこれまで手動で行っていたものを、手を使わずにセンサーによる自動切り替えとなり、生産性の要求が厳しい現場での導入を目指しています。



<参加併催メディア向けイベント>
■Unveiled
開催日 :2023年1月3日(火) 17:00-20:30 ※米国時間
会場  :Mandalay Bay Convention Center
URL   :https://www.ces.tech/Events-Programs/CES-Unveiled.aspx

■Showstoppers
開催日 :2023年1月5日(木) 18:00-22:00 ※米国時間
会場  :Wynn Hotel Las Vegas
URL :https://showstoppers.com/

<Japan (J-Startup) パビリオン概要>
出展エリア:Venetian 1F Eureka Park 
企業数:36社 
出展社リスト:https://www.jetro.go.jp/newsletter/iib/2022/CES2023Companylist.pdf



<会社概要>
社名   :アルケリス株式会社
代表取締役:藤澤 秀行(フジサワ ヒデユキ)
設立   :2020年
本社   :横浜市金沢区鳥浜町14-16
事業内容 :「世界から立ち仕事のつらさをなくす」をミッションに活動するスタートアップ企業。 立ち仕事の足腰の負担を軽減する革新的アシストスーツ「アルケリス」の企画・開発・販売。
URL   : https://www.archelis.com/




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)