食品・飲料 流通

進化する大豆ミート。色や形で自由度が高まり、代替肉の枠を超える。

株式会社エヌ・ディ・シー
日本のスーパーフードである大豆の可能性を追求している株式会社エヌ・ディ・シー(本社:岐阜県各務原市、代表取締役:市川吉徳)は、20年以上にわたる大豆研究と大豆食品製造の技術を生かし、ユニークな形状の大豆ミートを開発しました。 【URL】https://www.v-ndc.com/





ユニークな形状の「大豆ミート」が製造可能に


【新しいステージに入ったプラントベースの大豆ミート】




プラントベースフードは、これまで肉や魚の「代替」として食感や味をいかに近づけるか、ということが追求されてきました。その中で「大豆ミート」は、食感や見た目も肉に近く、ハンバーグやカレーなどのひき肉料理を中心に利用され、多くの人に知られるようになりました。
2019年に15億円だった大豆ミートの市場規模は2022年度に25億円、2025年度には40億円規模になると予想されるほど、伸びている市場です。(※1)
大豆ミートの蒲焼き
認知度も上がり、食べる機会が増えてきた大豆ミートですが、大豆本来の風味や美味しさを生かすよりも、大豆の存在感を消し、いかに「肉」に近づけるか、という点だけが注目されています。しかし、大豆ミートには、もっと大きな可能性があるはずです。
私たちは、大豆ミートは新しいステージに来ていると考えています。「代替肉」という枠を超えて、プラントベースならではの形、食感、味、など素材の美味しさを味わう食品であり、「代替肉」を超えていける食材です。より多くの食事に取り入れてもらうためには、様々な料理に合う食感や形、美味しさを追求していくことが必要です。

シート状の大豆ミートを使ったスープやサラダ

そこで株式会社エヌ・ディ・シーでは、独自の技術を発展させ、これまでに見たことのないユニークな「渦巻き形」や昆布のような「シート形」、蒲焼きのような「開き形」などを開発しました。さらに、配合技術により、食卓になじみのある食材だけで鮮やかな色合いと風味のアレンジを実現しました。大豆のもつ甘みや風味を感じる美味しさ、形の違いによって生まれる食感は、「大豆ミート」の新しい世界を広げてくれます。
※1 参照:日本能率協会総合研究所の調査



【生み出されるユニークな形状】


大豆の可能性は無限大。今までの「大豆ミート」の概念にとらわない開発製造を追求し続けて生まれた、ユニークな形や色、そして風味。
形状の違いによって食感も様々なため、料理のバリエーションが広がります。毎日の食事から様々な料理に使うことが出来るようになり、一日に必要なたんぱく質も補えるようになります。こんなユニークな製品を生み出せるのも、長年に渡る大豆についての研究、開発を行ってきた実績と技術力があるからだと自負しています。大豆をもっと身近に、日本の食卓へ、そして世界へ届けたい。良質で豊富なたんぱく質がとれ、安心して食べることのできる食品として、より多くの方の食卓に届けたいと願っています。
渦巻き状の大豆ミート

大きなシート状の大豆ミート
形や色のバリエーションによって、和洋中にアジアン、そして主食に副菜、お菓子、麺など使い方は自由自在です。
大豆ミートのホットドック
大豆ミートの磯部揚げ



【たんぱく質クライシス】


地球人口は今後も増加し続け、2050年には現在の1.3倍近くの約100億人になると予測されています。人口増加や新興国の食生活の質の向上によって、たんぱく質が不足する状況「たんぱく質クライシス」が起こり、世界的な問題になると予測されています。
特に動物性たんぱく質の不足が予測されており、環境負荷や動物倫理という点からも「代替たんぱく質」が注目されています。



【体に必要なたんぱく質】


たんぱく質は三大栄養素のひとつで、筋肉や臓器などに欠かせない重要な栄養素です。不足すると体力や免疫力、筋力の低下につながる可能性があるため、しっかりと摂ることが必要です。
「日本人の食事摂取基準2020年版」では、1日に必要なカロリーの約13~20%が目標量とされており、一般成人男性だと約85g~132g、一般成人女性だと約65g~100gとなり、一日に100g近いたんぱく質が必要です。(※2)
肉は、たんぱく質が豊富ですが、脂質も多く含まれるため摂りすぎに注意が必要です。「大豆ミート」は、低脂質なため脂質の摂りすぎに注意をしている方でも気にせずに良質なたんぱく質を摂ることが出来ます。健康なからだ作りには、バランスの良い食事で、たんぱく質をしっかりとることが重要です。
※2 一般的な成人男性は1日2650kcal、成人女性は1日2000kcalが1日のカロリーの目安とした場合



【たんぱく質豊富な大豆】


たんぱく質豊富な大豆ミート
大豆は畑のお肉と言われるように、たんぱく質が豊富です。
日本では昔から「大豆」を様々な形に加工して取り続けてきたように、日本人にとって「大豆」や「大豆加工食品」はとてもなじみのある食品です。大豆ミートによって、もっと色んなお料理で、色んな食べ方で大豆を摂ることが出来るようになれば、さらに大豆食の幅が広がります。
また、大豆ミートを食べることで、お肉に頼らずたんぱく質を摂ることが出来、家畜による環境負荷の軽減にもつながります。
地球環境にも優しい選択を。長年、大豆ミートの研究開発をしてきた企業として、株式会社エヌ・ディ・シーでは、たんぱく質クライシスの解決の一筋になるという使命感を持って取り組んでいます。


【ご要望に応える商品バリエーション・技術力】

こうした新しい形状の商品化を共に取り組んでくださるパートナー企業を求めています。
オリジナルの形状、食感、配合、味付けなど他にはない大豆ミートを世の中に届けたい、などのご要望にお応えすることができます。
もちろん、大豆ミート以外にも、大豆チップス、大豆麺、さらにはペットフードまで開発しています。代替肉だけではなく、健康食全般からお菓子まで、大豆の特徴を生かした食品開発のご相談にお応えします。


【会社概要】



会社名:株式会社エヌ・ディ・シー
所在地:岐阜県各務原市鵜沼伊木山1491番地の13
代表者:市川 吉徳
設立:2000年5月
URL:https://www.v-ndc.com/
事業内容:
・大豆の新しい形状食品の研究開発
・大豆ミート、大豆スナック、大豆麺の製造販売
・さんざしエキス、さんざし飲料の販売

【商品に関するお問い合わせ先】
《株式会社エヌ・ディ・シー》
e-mail: info@v-ndc.com

【本プレスリリースに関する報道関係者様からのお問い合わせ先】
《コッチラボ株式会社 マーケティング部 担当:森垣、梅本》
TEL:0774-94-6431(平日10:00~17:00)
e-mail:contact@cocci.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)