医療・医薬・福祉

日本ストライカー 次世代ナビゲーションシステム「Q Guidanceプラットフォーム」2023年1月、脊椎疾患分野を皮切りに販売開始

日本ストライカー株式会社
日本ストライカー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:水澤 聡)は、このたび薬事承認を受けた次世代型の手術用ナビゲーションシステム「Q Guidance(キューガイダンス)プラットフォーム」を、2023年1月から、脊椎疾患分野を皮切りに販売開始いたします。


日本ストライカーでは、Enabling Technologies(イネーブリングテクノロジー)(*1)構想のもと、術中イメージングからナビゲーション、ロボティクスまで、広範な外科手術をサポートする技術システムを包括的に提供することを目指し、多様な医療機器の開発を進めています。手術用ナビゲーションシステムとは、手術中に術野内の手術器具やインプラントの位置を検出し3次元的に把握するための医療機器ならびに専用アプリケーションの総称であり、血管や神経の損傷を防ぐことや、計画通りにインプラントを設置することが期待されます。「Q Guidanceプラットフォーム」では、疾患領域ごとに対応するアプリケーションが用意され、このたび承認適用となった脊椎疾患領域では「Spine Guidance Software」のもとで手術が行われます。脊椎手術における位置情報の検出には光学式センサーカメラを使用し、従前から弊社のナビゲーションシステムに搭載してきたアクティブ型に加えて、執刀医が持つトラッカーの軽量化が期待できるパッシブ型の両型に対応(*2)し、汎用性が高まりました。また、2台のコンピューターシステムによって多くの視覚情報をスピーディに処理し、32インチのタッチモニターを標準装備することで、操作性も向上しています。



日本ストライカーは、2022年4月に、手術室内で使用できる可動式CT装置「AiroモバイルCT」を発売し、画像診断装置事業に参入しました。術中に撮影したCT撮影データは、前述の「Spine Guidance Software」と自動的に同期され、「Q Guidanceプラットフォーム」が検出する患者さんの解剖学的特徴と位置合わせを行います。この位置情報がモニタ上に3D表示されることで、微細な計画が求められる脊椎手術において、執刀医に充実した画像情報と高度なコンピュータ支援を提供し、複雑な臨床上の決定に貢献します。このように「AiroモバイルCT」に続き「Q Guidanceプラットフォーム」が製品ポートフォリオに加わることで、術中イメージングからナビゲーションまでシームレスなソリューションを提供し、医療現場におけるワークフローを最適化します。


日本ストライカーは、今後「Q Guidanceプラットフォーム」の拡張性を活かし、より多くの患者さんへ質の高い医療を提供していきます。


*1:一般的には実現技術と訳されますが、弊社ではテクノロジーの力によって術中支援(イメージングからナビゲーション、ロボティクス)をシームレスに提供し、臨床成績の向上を目指す包括的な取り組みを意味します。

*2:執刀医の手元にある専用機器(トラッカー)から照射した赤外線を検出して位置情報を測定する「アクティブ型」と、カメラから照射する赤外線をトラッカーで反射させることで位置情報を測定する「パッシブ型」の、双方の光学トラッキング技術を併用する機能を指します。


販売名:Q GUIDANCEプラットフォームストライカー

医療機器認証番号:304AFBZX00101000


販売名:AiroモバイルCT

医療機器認証番号:304AFBZX00025000


■日本ストライカー株式会社について
整形外科、外科、脳神経外科、脳血管内科、耳鼻咽喉科、口腔外科、救急医療等、様々な診療科目で革新的な製品とサービスを提供するストライカーコーポレーション(本社:米国ミシガン州)の日本法人です。ストライカーは世界をリードする医療機器企業の一つでありお客様である医療従事者の皆様とともに、世界75カ国を超える国々で、年間1億人以上の患者さんへの治療に貢献しています。詳しくはwww.stryker.com/jpをご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)