流通 医療・医薬・福祉

介護・福祉・医療従事者の副業を支援する杖の卸・仕入れサイト「商助市場」BtoBオンラインサービス開始

株式会社ゴールドクローバー
~高齢化社会に取り組む事業者・従事者をSDGs、持続可能性ある商助と杖で共に支えたい~

株式会社ゴールドクローバー(本社:滋賀県大津市、代表取締役:林 知史)は、ECシステムで社会福祉事業者・従事者のBtoB営業を支援する杖の卸販売サイト「商助市場」をリリースしました。同社がサービスを提供する、杖の専門店「近江一文字」のパワーステッキ2Gをはじめ高機能杖を小ロット、1個から仕入れ可能です。





■商助とは
「商助」は、國松善次元滋賀県知事が発案されたとされる概念(滋賀県高齢者福祉計画・介護保険事業支援計画2009より)
これまで、「自助・互助・共助・公助」という4助のカタチで助け合いは構築されてきましたが、
超高齢化社会で、膨れ上がる社会保障費と削減のせめぎ合いと自助が求められる現代において、持続可能な助け合いとしての構築は難しく、5つ目の、商いで高齢化社会に貢献する「商助」が唯一、持続可能性が高い助け合いになると考えます。


■商助市場で解決したい社会問題


医療、介護に携わる人や事業所の収入環境改善を応援したい
杖利用者に本当に必要なのは単なる棒じゃないことを知ってほしい
利用者の見て試したい要望に対応できる拠点を増やしたい



■医療・介護・福祉事業の赤字問題
高齢化社会やコロナ禍で直接最前線で支える医療従事者や介護福祉に携わる事業者の業務は
厳しくなる一方で厳しい条件下での労働でありながら、一般労働者の平均給与額より安い介護職。

厚生労働省の「介護労働の現状」によると、介護職員の約4割は非正規職員と言われ、
介護事業所の約4割は赤字、平成26年、診療報酬改定や消費税増税の影響に伴い、全国で77.8%の病院が赤字と言われています。

世間一般では副業解禁と言われ、副業で所得を増やせる人もおられますが、業務が過酷な社会福祉従事者は副業をする時間の余裕がありませんし、事業所としても国や自治体からの給付金、介護報酬のみに依存すると社会保障費が削減され続ける中、事業の持続可能性が低く、物販収益など他の収益源を持つことを模索されてる方が増えています。




■医療・介護・福祉事業者にも物販事業を手軽に導入できる
今回、介護・福祉・医療従事者・事業者を支援するオンラインサービス「商助市場」は、普段接する高齢者などが必要とする杖の中でも、クラウドファウンディングで杖ジャンル日本一記録の、米国の医師が開発したパワーステッキ2Gをはじめ、日本で当社しか販売権利がない高機能杖を、事業者価格で小ロット、1個から仕入れしていただける会員登録制のクローズドマーケットです。(一般消費者には仕入れ値は公開されない)


■立ち上げの想い
滋賀県守山市に実店舗を構える当社運営の杖専門店近江一文字に来店されるお客様には、近隣の医療施設のお医者様や介護従事者などから
「あそこに杖のお店があるので買った方がいいよ」
とお勧めされて買い求められる方がおられます。

このように日頃から医療関係者から勧めていただいておりますが、この場合、ご紹介いただいた方に収益は入りません。
ですが、商品を業者価格で仕入れていただき、直接お勧め販売された場合は医療、介護事業者自身で仕入れ価格と販売価格の差額収入を得ていただけますし、休日や勤務後の副業で時間を奪われることもなく、事業所としても多額の投資を必要とせず、物販部門も手軽に立ち上げられますし、利用者さんの立場としても、身体の痛みの中、わざわざ別日に店舗に出向く必要もなく、必要な杖を即、手にしていただけます。

また、当社としても日頃から出来るだけ、身体に合った杖を試してから使ってほしい。と考えておりますので、
通販だけでなく、医療・介護・福祉の事業所や従事者さんから直接ご提案いただけることで、日本中の本当に当店の杖を必要とする方に現物を見て触れて納得の上でご利用いただける拠点が出来ることで、近江商人の三方良し、高齢者×医療・介護従事者×弊社の高齢化社会に商いで貢献する「商助」になる活動として広めたく考えています。



■利用者の悩みに寄り添った高機能杖を知ってほしい
医療や福祉の現場で、安価な杖や月100円からのレンタルもありますが、「ただの棒」のような杖が多く、
使うと握る手が痛くなったり、歩きにくかったり、逆に滑って転倒事故につながるという2次被害が起こっています。

近江一文字では、日本でもまだ数少ない杖の専門店として実店舗でお客様の生の声を聞いていますので、この杖に関する環境をなんとか変えたい、もっと利用者の体の悩みに寄り添う杖を提供したい、と考え、同じ想いでアメリカの医師が開発したパワーステッキ2Gをはじめ、国内外から、様々な機能性杖を取り扱っており、ご好評をいただいておりますが、滋賀県守山市に1店舗しかないため、全国から「実物を見てみたい」「近くに取り扱い店は無いのですか?」という声が多く寄せられています。

日本全国に出店したいという想いはありますが、細々と運営する小さな小さな会社ですので、ご要望通りにお店を増やすことはとても難しいのです。
そこで、全国の医療や介護・福祉に携わる方に窓口となっていただき、収益源として活用していただくことで、多くの本当に必要とする方にお届けできると考えました。



■杖の仕入れサイト「商助市場」について

・商助市場問い合わせLINEに登録
自動返信で商助市場のURLが届きますので、遠方からの人員リソースのかかる面倒な商談や電話も不要です。
登録料無料。

・ログイン権利と卸価格を付与
登録内容を当社で確認し、ログインする権利を付与し、仕入れ値をご確認いただけます。

・通販感覚でBtoB取引
通常のBtoB取引では煩わしい、電話やFAX、郵送等で何度もやり取り確認が必要ですが
お客様に説明する資料、説明書や見積書のダウンロードなどもスマートフォンやパソコンから24時間ご利用可能。
会員サイトでは、1個から必要な個数を仕入れていただけますので、過度な在庫を抱えていただく必要はありません。

・一般消費者さんは登録できません


■商助市場関連URL

・登録、問い合わせLINE
https://lin.ee/L1Dkz6e

・商助市場URL
https://oumiitimonji.i11.bcart.jp/

・お問い合わせメール:
info@goldclover.co.jp

・株式会社ゴールドクローバー
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)