広告・マーケティング

【40代・50代調査】人生100年時代、仕事は「働ける限り続ける」=「44%」、老後の生活が楽しみ「14%」だけでした!

株式会社Q.E.D.パートナーズ
老後

株式会社Q.E.D.パートナーズは、40代~50代200人に「老後」をテーマにしたアンケートを実施しました。 老後の不安・老後の生活を楽しみに感じるか?など、今の40~50代の男女が抱える老後問題について調査したので紹介します。


記事元URL:https://qedsupport.com/chat/rougo-money/

調査方法:インターネットのクラウドサービスによる選択式および記述式
対象者:200人
調査時期:2022年12月15日
有効回答数:200
調査期間:自社調査


■アンケート回答者の性別



質問1 老後に向けた不安は何ですか?


健康面
金銭面
その他



老後の不安としてイメージするのは「金銭面」が多くなっています。
老後2000万円問題が少し前に話題となりましたが、老後について具体的にイメージする人も増えてくる年齢だと思います。最近は物価高もあるため、ますます金銭的な不安が多くなっている人が多いのかもしれません。

それぞれ回答理由について自由記述方式でお願いしているので紹介します。

☑️老後は「金銭面」が不安と回答した人の意見


このまま年金時給の日まで生活費を稼げるのか、不安で仕方ありません。
貯金が老後資金2000万になるには程遠いから
夫はお金がありますが私は貯金もないので不安です。
貯金がたくさんあるわけではないので、年金だけで生活していけるか不安です。
“生活費の上昇です。エネルギー価格も心配ですね。”
どれぐらいかかるのか、今のところ判然としない。
貯蓄が少ないから
主人が退職後はどうなっていくのか、やっていけるのか考えると不安になります。
現在の給料でやっていけるか不安。退職後の生活費が不安。
貯蓄が少ないです。
老後の資金が足りない
健康を損なう事により生活ができなくなるのではないか。そうなると金銭を稼ぐこともできなくなり生きていけなくなる。
貯蓄がほぼ無い状態だから
収入は減るし貯金は貯まらないし、子どもの学費が所得制限かかって支援金が貰えないから
高齢出産で、今の生活でいっぱいで老後の貯蓄が出来ないことです。
子供の教育費も溜まってないのに、老後の資金なんて全然貯められなくて不安しかないから
お金がたまらないから足りるか不安です。
ほぼすべてで値上げがあり、年齢的にも年収も思うようにあがらなくなり、若いころのようになんでもできなくなってきたので、お金をためていく方法に限界が生まれ、うまく資金を回すのが難しくなってきた。両親のためにも資産を使うようになるので、自分たちは耐えられないような気がする。
仕事がこの先もあるか不安があるというのがあるからです。
収入貯蓄の少なさ
物価高や年金問題など不安しかない。
年金の見積額に愕然としている
老後、年金がもらえるか分からないし、今、貯蓄もできる状態ではない。
もらえる可能性の年金や貯蓄からすると、金銭的に生活の質を随分下げなければならないと思うので。
収入が少ない
世帯収入が少ないのでとても貯金は無理そうです…。世代的にも見捨てられた氷河期世代なので既に終わっています。
年金を貰える額が、年々、減っているので、老後、年金で暮らしていけるのか。
年金では生活できないと思うから
貯蓄がないので現状と同様の生活ができるか不安


☑️老後は「健康面」が不安と回答した人の意見


元気なら何でもできるけど、病気になったら不安。
“今でも体力が落ちているのを実感しているのに、歩くことが大変になったり、大きな入院するほどの病気でなかったとしても、体調が悪くなって日常生活に支障をきたし不安な毎日が続いたら怖いなと思います。
お金の不安がないわけではないが、元気で健康だったら、それが一番だと思っています。”
健康面が良くないと金銭があっても楽しめないので健康が一番不安な所です。
目や胃腸など健康診断を受けるたびに異常個所が増えているので
“体力の衰え今までと同じことをするにも時間がかかる”
単純に長生きしたいのではなく、健康的に長生きしたいから。老後にお金と時間があっても健康がなければやりたいことが出来ないから。
自分が認知症になってしまったらどうなるか見当もつかないから。
年々記憶力が悪くなってきて、体よりも脳の衰えを身に染みて感じているので、痴呆になるのではないかと心配
健康面は自分で気を付けていてもないが起こるかわからないし、若い時と比べると肉体的な衰えを感じる部分もあるから
体力がなくなったと感じるから


☑️「その他」が不安と回答した人の意見


自分の持っている持ち物が多いです。これらが遺品となって処分に困るであろう未来を考えますが、何か対策をすぐにうてるわけもないので、引っ掛かりを感じています。
退屈な生活を送っていないかどうか不安にあります。
今までと同じような生活ができるか
昔に比べて近くの人の気配を感じなくなった
親の介護がきつくて不安しかない。祖母が89歳まで生きたこともあり、あと15年も親を介護し続けないといけないと思うと気が重い。


次に、老後に充実した時間を過ごすため「必要と思うもの」は何か聞いていました。


質問2 充実した老後を過ごすために以下の中で最も重要だと思うのはどれですか?


最良なパートナー(夫または妻)
お金
仲間



40代~50代200人が思う「老後に必要なもの」は「お金=57%」で最多でした。
「最良なパートナー」と回答した人も33%いました。

質問3 人生100年時代と言われていますが、何歳まで働くつもりでいますか?


1日も早く引退したい
60歳まで
65歳まで
70歳まで
75歳まで
働ける限り続ける





1日も早く引退したい・・・22%
60歳まで・・・6.5%
65歳まで・・・17%
70歳まで・・・9%
75歳まで・・・2%
働ける限り続ける・・・44%


「働ける限り続ける」が44%で最多でした。
人生100年時代と言われるようになっていますが、老後は悠々自適に生活するイメージは持っていないようで、体が丈夫な限りいつまでも仕事を続ける考えの人が半数近くいることがわかりました。

いっぽうで、「1日も早く引退したい」が22%で次に選ばれています。
お金の問題が解決できるなら、なるべく早く引退したいと考えている40代・50代が多いのかもしれません。


質問4 老後を考えた時、以下のどちらの印象が強いですか?


老後の生活が楽しみ
老後の生活に不安がある



この質問には85%の人が「不安がある」と回答しました。
現役生活の仕事を終えたら老後をゆっくり楽しむイメージは持っていないようです。
むしろ、不安要素が多く、老後について明るいイメージを持ってる人は少ないのかもしれません。

この質問にも回答理由について自由記述方式で意見をお願いしたので、一部を紹介します。

☑️「老後の生活が楽しみ」と回答した人の意見


今のような忙しさから開放され、心も金銭面も豊かに暮らせているとは思っています。
今よりゆっくりと過ごせるような気がする
体力の衰えは想像つきませんので、今まで通り動けるようトレーニングします
我儘で毒でしかない親から解放されたら自分のやりたいことをやると決めています。不安よりも期待しかないです。
ゆっくりと友達と旅行したりご飯に何時でも行けるから
金銭的な不安はありますが、新居で穏やかに暮らせることが想像できるためです。
旅行に行くなど、やりたいことをたくさんしたいです。
今とは違う楽しみがありそうだから。
あれこれ思い悩むことが無くなると思うので。
年とともに知識と経験が増えていくことに関して楽しみです。
今まで通り運動する習慣を続けて健康でいることにより毎日の休みを満喫し人生を謳歌したいです。
お金の心配がある一方(なんとかなると考え)子供の手が離れて老後は夫婦二人でキャンピングカーでいろんなこと楽しみたいと夢があるからです。
周りに老後を楽しんでいる人が多いから
子育てが終われば、自由に旅行に行ったりできるから。
“不安もすごくあります。ただ夫婦で自由な時間がいっぱいできたら、時間の速度がゆっくりになり、旅行に行ったりできて楽しいかなと思います。”
老後は健康でいろいろなところに旅行を嫁としたいと思っています。
不安を感じながら生きるよりも楽しみながら生きたい。知識がないことが不安につながる。知識をつけて対策をすれば不安はなくなるか減少する。それをしているから不安よりも楽しいの方が多い。


不安な面もあるけど、現実を受け入れて「自由な時間を楽しむ」といった考えの方が多い印象です。

☑️「老後の生活に不安がある」と回答した人の意見



歳を取れば目や耳も衰え、何かを読むことも聞くことも難しくなる。筋力の衰えや関節の痛みなどで運動量も減り、それが更に体力の衰えにも繋がる。あらゆる病気も増えるので医療費もかかる。
貯蓄がほぼ無く、子供もこれからお金がかかってくると思うとますます不安になる
貯蓄がなく、生活していけるか不安です。
お金があれば老後は楽しみだし不安もないけど、頼りは公的サービスだけで老後一人でやっていけるのか不安です。
どんどん健康じゃなくなるし、体力もなくなるし、お金も必要になるから不安しかないと思う
病気のことやお金のことを考えると不安でしかないから。
やはり資金面が一番だろうと思う。年金も崩壊しかけているので期待はできないし、投資をするにも投資資金にも限界があるので、老後も安泰とはいかなそう。
金銭面、健康面の両方から不安
金銭的にも健康的にも、今より良くなっている事はなさそう。
金銭が圧倒的に余裕がない
年金の支払い期間が延びて、受取る金額が充分ではないと思うので。
結婚はしましたが、子供が居ないので…色々な面で不安はあります。
健康面でも経済面でも環境面でも、不安しかないからです。
老後に向けた不安は何ですか?の質問で、答えたように、金銭面が不安です。
経済的な余裕がないのが不安で楽しめない
自分たちだけでなく、実家の金銭面にも不安があるからです。
今でもギリギリの生活をしているのに収入が減るから
夫婦とも国民年金なので、生活していくのが大変そう。
金銭的な余裕がない中で長生きした場合、子供達や周囲に迷惑をかけるのではないかと思うからです。
年金が多く貰えず、貯蓄も多くない私の場合、老後は楽しめる訳も無いので不安しかないですね。
健康面、お金の事など不安になることが多い。老後のための備えのことを考えるだけで疲れる。
経済的にも、社会情勢的にも、その他諸々(コロナ禍やロシアのウクライナ侵攻等)でも、不安要素が多過ぎるからです。
60才から年金を受けようと考えてますが、かなり割安となります。プラス近くでのパートをしようと思いますが、時給が安い地域ですので、預金は減る一方です。
老後を楽しく過ごすためにも、お金と健康が何よりも重要と考えるから
老後安心して快適に過ごせるようなお金があるのかどうか不安です。
少子高齢化がますます加速し、年金納付年齢が伸び、受給年齢がどんどん遠ざかっていく不安があります。
老後に対する金銭的な貯えが十分でないから。
資金や健康状態がどうなっているかわからないので
金銭面もそうですし病気のリスクも大きくなるので不安が大きいです。
金銭的に余裕が無いので楽しめなさそう。
貯蓄ができるか、仕事ができるかと思う
金銭面で不安がある
今は元気だが病気は怖いし、金銭面でも不安があるから。
金銭面で不安です。
健康であれば良いのですが、健康状態が悪い場合は仕事などをするのも難しいと感じるため。
資金面で老後に不安があります。
税金が上がっている割には収入が増えず社会保障もどんどん削られている現状なので、現役時代と変わらず働き続けないと普通の生活を送ることさえ難しくなってくるのではと感じているから。
経済面、健康面にも不安があるから
収入は減るが、支出は変わらないか、もしくは増えると思うから。
楽しみよりもこれからの健康や経済状態に関しての不安が勝るので
健康なうちはいいが、健康でなくなった時、どうなるのか考えると怖い。
退職金制度が無いのでどれだけ貯蓄が有れば良いのか不安がある
年金だけでは思うような生活ができない
年金がちゃんと支払われるか心配です。
独身で子供もいないので、老後の面倒を見てくれる人がいない。経済的にも高齢者施設に入るだけの貯蓄がない。
妻と二人でずっと一緒にいるのは苦痛でしか無いので、できるだけ家から離れるように働きたい。
働けなくなった時にお金をどうやりくりしていけば良いか不安だから
お金と健康の問題があるので不安しかないです。
生活していくための十分なお金が足りないため。
金銭面でも健康面でも心配しかない。自分の親の介護の問題も出てくるので、周りの先輩の話を聞いていると、大変な部分しかないようで今から不安。自分や夫が病気で働けなくなったらと考えると怖い。老後の生活が楽しみと感じるのは、生活に余裕のある人だけ。
コロナ禍、景気悪化などで老後がどうなるのか予測できないためです。
年金が受け取れるのかどうかわかりません。
年金は当てにならないので、いかに自分で貯蓄できるかを考えると不安になるため。
万が一お金が無ければ夫とどうにか頑張るとして、寝たきりになったりして娘夫婦に迷惑をかけたりしないか不安
健康面金銭面のどちらにも不安要素があるため。
金銭的不安が1番不安に思います。
今よりさらに日本の景気も悪くなっていそうでいつまで仕事があるのか、年金はちゃんと貰えるのかなど金銭面がふあん。
金銭に余裕がなければいいパートナーと楽しく過ごしていけないと思うので。
今の日本は不安なので、将来自分の仕事や収入がどうなっているか分からないから。
年金も減る一方だと思いますし、貯金が2000万も貯められないので、ちゃんと生活できるか不安
自分がどのくらい健康な状態で生きていけるのか想像がつかないので不安です。
やはり、働かなくても年金だけで生活できるかが不安でたまりません。年金をしっかりと貰えるかもわからない時代ですし…。
いつまでも日本が豊かだと思えず、年金や生活保護にも頼れるかどうかわからないから。日本が他国に荒らされそうな気もするから。
生活資金が何歳までもつのか解らない
個人的には楽しく過ごせる自信はありますが、どちらかというと社会情勢の方に不安を感じます。
体力の衰えと収入の減少により、今よりさらに不自由な生活になる可能性が高いと考えると大変不安です。
今後歳を重ねるに連れ、今の健康な状態をどれだけ維持できるのか、どれだけ金銭的に不自由のない暮らしを営めるのか、想像するとどうしても楽しみよりも不安のほうが募ってしまいます。
仕事自体は金銭の他、生活のメリハリの意味も含めてできる限り働きたいが、景気も悪く増税もはじまりそうで働いても働いても苦しい老後になるのでは。
老後資金が不足しています。
金銭的な問題がほとんどですが、私には障害を持つ子供がいるので親亡き後の我が子を思うと長生きしたくなくてもせざるを得ないと考えています。
年金だけでは生活ができないのが一番の不安です。生活保護を受けなければいけなくなります。
病気にならないか不安
体力がなくなっているし、今までの様にはいかないと思う。
独身のままだったら、自分が何かあった時に頼れる人がいないから。
近所の高齢者を見ると、暇を持て余しダラダラと過ごしています。同じような人生になってしまうのかと考えると不安です。
楽しく暮らすには、健康が一番でそうでないと意味がない。
コロナや環境問題、戦争など想像していなかったような出来事がこれからも起こりそうだから
やはり健康面が不安なので。
これまでも不安の中だったし根拠のない楽観よりは慎重でいいと思うから
経済的に余裕はなく、元気に働きたいのに働けるか不安。
老後を迎えた時の世の中の経済状況

老後をお金に困ることなく生活するための貯蓄がないと感じていて、金銭的な不安を挙げている人が多いです。
また、お金だけでなく健康面の不安も挙げる人が多い印象受けました。

■チャットガイド
https://qedsupport.com/chat/
チャットを使ったサポートスタッフ求人(https://qedsupport.com/chat/job/)も募集しています。チャットレディ(https://qedsupport.com/chat/all/)に関する情報なども提供しています。40代・50代の男性向けアラフィフ婚活(https://qedsupport.com/kokusai/50dai/)では、アラフィフ男性向けに効果的な婚活方法のご提案を実施しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)