美容・健康

【1000%達成】シェイカー不要!プロテインがポケットに入れて持ち運べる「Protein Pocket」Makuake(マクアケ)にて残数わずか【〆切まで1週間】

株式会社3Re
「Protein Pocket」はプロテインの持ち運びに特化。シェイカーやマイボトル、ペットボトルに直接プロテインを入れられる。デザートやドリンクに振りかけることも可能。手軽に摂取できるようサポート。

株式会社3Re(スリー)(代表取締役:長谷川 奨太)は、プロテインの持ち運びに特化した「Protein Pocket」を大手クラウドファウンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて1000%を超えるヒット商品になってます。


【Makuakeプロジェクト概要】


プロジェクト名:健康習慣の第一歩に。プロテインを持ち運ぶボトル「Protein Pocket」
スケジュール:年内12月30日(金)18:00 プロジェクト終了
プロジェクトURL:https://www.makuake.com/project/protein-pocket/


【職場やお出かけ先など、どこにでもプロテインを持ち運べるProtein Pocket】


プロテインを日常的に摂取することが健康習慣の第一歩になると考え、自分で健康管理ができるセルフケアの一環としてProtein Pocketを開発しました。

【Protein Pocketの特徴】


持ち運びに特化したポケットサイズ
飲むだけじゃない、いろいろなスタイルで楽しみながらプロテインを摂取
プロテイン以外も持ち運べるマルチボトル
上下の蓋が外れて衛生的
プロテインの栄養価を損なわずに持ち運べる
耐久性の高い素材トライタンを使用


1. 持ち運びに特化したポケットサイズ


1回分の摂取目安である30gのプロテインが入り、尚且つ持ち運びに特化したポケットサイズ。
プロテインをスマートに持ち運べます。

使い方説明


ボトルの底の蓋を開けてプロテインを入れます。
ボトルの上の蓋を開けて、取り出してください。

注ぎ口をペットボトルに直接装着*するだけで外出先でも手軽にプロテインが飲めます。
*ペットボトル等の注ぎ口は乾いた状態が推奨

2. 飲むだけじゃない、いろいろなスタイルで楽しみながらプロテインを摂取



溶かして飲むだけでなくデザートやドリンクに振りかけて、好きなタイミングで楽しみながらプロテインを小分けにして摂取することも可能です。

3. プロテイン以外も持ち運べるマルチボトル



サプリメントやスーパーフードを持ち運ぶ際にも最適なマルチボトル。大容量の袋からボトルに入れることで、小分けにするための小袋が不要になるなど、環境にも配慮しています。

4. 上下の蓋が外れて衛生的


画像上下の蓋が外れるので衛生的。ボトルの底が洗いにくいという従来の悩みを解決しました。食洗機対応・漂白剤も使用可能なので、毎日のお手入れも楽です。

5. プロテインの栄養価を損なわずに持ち運べる

プロテインは溶かした状態で時間が経つと栄養価が損なわれてしまいます。良質なタンパク質を効率よく摂るためにはプロテインを粉末の状態で持ち運ぶのが最適です。

6. 耐久性の高い素材トライタンを使用


画像トライタンには人体に影響する可能性が指摘される化学物質が含まれていません。そのため赤ちゃんの哺乳瓶や医療器具、スポーツ用品等に使用されている素材です。樹脂なので軽く、かつ衝撃に強いという特徴があります。ガラスのような透明感で耐久性にも優れており、持ち運びに最適です。

【開発ストーリー】

以前からプロテインのシェイカーボトルに対して、

・大きくてかさばる
・洗うのがめんどう
・洗練されたデザインのものが少ない

といった不便さを感じていました。

プロテインは健康補助食品として広く普及していますが、依然として「プロテイン=筋トレする人が飲むもの」という認識が根強くあることも事実。プロテインをより普及させるためには使いやすくて快適なボトルが必要だと感じたことが、開発のきっかけとなりました。

約140種類以上のプロテインで検証


プロテインは種類によって重さや質感が異なります。そこで約140種類以上のプロテインを集めて実際に検証を行い、最適な形状、サイズを追求しました。

【Protein Pocketが実現すること】


健康習慣の第一歩になる。
新しいプロテインの楽しみ方を提案。
環境にやさしく。
外出時、緊急時の栄養補給にも。


・健康習慣の第一歩になる。


プロテインの敷居を低くすることで、不足しがちな栄養素を手軽に摂取できるようになります。そしてプロテイン=筋トレする人が飲むものだというイメージを、プロテイン=健康習慣というイメージに変えていきます。

・新しいプロテインの楽しみ方を提案。



デザートやドリンクに振りかけるなど、無理なく少しずつプロテインを摂取できるようサポートします。

・環境にやさしく。


プロテインをボトルに入れて小分けにすることで、不要なごみを減らし、環境に配慮します。

・外出時、緊急時の栄養補給にも。


旅行中、アウトドアなど、どこでも手軽に必要な栄養素を摂取できます。緊急避難時などの栄養が確保しにくい場面においても活用していただけます。

【実行者紹介】


株式会社3Re (スリー)代表取締役の長谷川 奨太と申します。トレーナージム&鍼灸整骨院にて勤務後、大阪を中心とした出張型トレーナー「トータルフィットネスサポート3Re:」を開始しました。2022年に法人化し「株式会社3Re」を設立、現在は専門学校の非常勤講師やセルフ美容鍼のセミナー実施などの活動も積極的に行なっています。3Reでは健康への一番の要素を「自己管理」と考えています。そのためトレーナーは付きっきりにならず、あくまでもサポートするのが使命だと感じています。今回、自分で健康管理ができるセルフケアの一環としてProtein Pocketを開発しました。みなさまの健康習慣の第一歩になれば幸いです。

株式会社3Re
問い合わせ先メール:info@3re-jp.com
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/narawa_official/
公式ライン:https://lin.ee/xgsVnyQ
Makuake URL:https://www.makuake.com/project/protein-pocket/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)