医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

在宅医療・介護の人材不足を根本解決する株式会社ゼストが「お役立ちコラム」を新規オープン

株式会社ゼスト
在宅医療・介護業界をより活性化させるべく、ステーションやクリニック経営におけるお役立ち情報をお届けします

在宅医療・介護のスケジュール調整を自動化する『ZEST』を展開する株式会社ゼスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:一色淳之介)は、2022年12月にプロダクトサイト内の新たなコンテンツとして、在宅医療・介護の経営に役立つ情報を取り纏めた「お役立ちコラム」を新規にオープンいたしましたのでお知らせいたします。



『ZEST』プロダクトサイトURL:https://zest.jp/

ゼストが当社製品『ZEST』をご利用いただいた在宅医療・介護事業者へのインタビュー等を通じて得た「経営・サービスの品質向上」「人材採用」等多様な知見を「お役立ち情報」として取り纏めた新規サイトをオープンいたしました。あわせて既存のプロダクトサイトの全面リニューアル、ならびに『ZEST』導入事例のお客様インタビューコンテンツの拡充をいたしました。


成功事業所が実践する知見を纏めた「お役立ちコラム」コンテンツ



ゼストでは、『ZEST』を導入するお客様へのインタビューを多く行う中で、『ZEST』導入だけに留まらない経営上での先進的な考え方・知見を多くお伺いできました。訪問看護ステーションは新規開業が多い一方、廃業率は約5.8%であり、他業種と比べて高い割合(全職種の廃業率は平均3.4%)で廃業しているのも事実です。また、事業所ごとの横の連携も乏しく、経営に関する知見やノウハウを蓄積しにくいとのお声をよくいただきます。このような状況に寄与すべく、今回、多くの事業所様の協力を得て、「お役立ち情報コンテンツ」を作成・発信することとなりました。





『ZEST』導入事例のお客様インタビューコンテンツ

ゼストでは、在宅医療・介護事業者による訪問スケジュール作成の負担やそのような間接業務による残業発生等の課題認識がある一方、ITツール導入時のハードル、費用対効果ならびに電子カルテやレセプトシステム等との連携等、さまざまな理由が導入ハードルになっていることを把握しています。そのため、それら懸念を払拭するため、実際に『ZEST』を導入しているお客様の声をもとに配信することとしました。





ゼストの想い

「在宅医療・介護」領域の人材不足は、2025年問題含めて長らく問題視されながらも課題の解決策がなかなか生まれず、いまだかつて根本的な解決がなされてこなかった社会課題です。ゼストは在宅医療・介護業界の人材不足を根本から解決すべく、訪問スケジュールの調整を自動化するクラウドサービス『ZEST』の提供を軸に、さまざまな角度から同業界の問題にアプローチをおこなっております。スケジュールの自動化を通じて得た経営上重要なノウハウをオープンにしていくことにより、2025年問題をはじめとした課題に向き合い、在宅医療・介護業界に貢献していきたいと考えております。


『ZEST』とは

『ZEST』は、今まで紙やエクセルで対応していた在宅医療・介護のスケジュール調整を自動化します。「最短ルート」で「訪問すべきスタッフ」を「訪問すべき時間」に割り当てることで業務効率化を実現し、在宅医療・介護の人材不足を根本解決するクラウドサービスです。


会社概要

会社名:株式会社ゼスト
代表取締役会長:伊藤由起子
代表取締役社長:一色淳之介
所在地:
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目1番6号日比谷パークフロント19階
業務内容:在宅医療・介護の訪問スケジュール最適化による経営改善クラウドサービス『ZEST』の運営
HP:https://zest.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)