美容・健康 アパレル・ファッション

カプチュール トータルからハリを変える※1 美容液「ル セラム」登場

パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社


1986年に誕生した「カプチュール トータル」シリーズから、ディオール サイエンスの新たな発見に着目して
開発された、肌のハリを変える新美容液「カプチュール トータル ル セラム」が2023年1月1日(日・祝)に
登場します。

生物多様性に恵まれたマダガスカルの固有種で、焦土でも育つことから「永遠の植物」と呼ばれ、類まれな
高い自己再生能力を持つロンゴザ。そんなロンゴザをディオールは30年に渡り研究を続けています。

そのディオール ガーデンでサステナブルに有機栽培されているロンゴザの恵みを肌に届けるため、環境に
配慮したクリーンなマルチ発酵技術を採用。10種類の発酵微生物で10日間発酵させ、発酵ロンゴザ※2 の
力を高めることに成功しました。世界で初めて※2 リポソームを化粧品に応用したディオールは、リポソーム
テクノロジーを進化させたダブル ベクター テクノロジーを採用し、カプセル化された発酵ロンゴザ※3 の力を
肌のすみずみに届け、肌にたくましいハリを与えます。

そして、ヒアルロン酸※4 とポリグリセロール※5 を組み合わせたH.A. ポリフィラーを配合。高分子ヒアルロン酸は肌の表面に留まり、低分子のヒアルロン酸は角層に浸透し、さらにポリグリセロールが肌をうるおいで
満たします。

また、イタリア トスカーナ州にあるディオール ガーデンで栽培されたアイリスの有用成分※6 配合し、健やかで
美しい肌へと導きます。新美容液「カプチュール トータル ル セラム」は98%※7 が自然由来成分で構成され、
マルチ発酵は100%植物由来の環境にやさしい製法を採用しています。


幹細胞に関する研究を20年にわたって積み重ねてきたディオール。肌細胞に占める割合がわずか0.2%しか
ない幹細胞は、年齢を重ねてもその数は変わりません。しかし、その潜在的なエネルギーが50%も減少して
しまうことを発見。その結果、すべての肌細胞の機能が低下し、エイジングサインの出現につながります。

1986年にカプチュール トータルが登場して以来、ディオール先進の研究によって革新的な進化を遂げて
きました。2020年、ディオール サイエンスは、幹細胞の潜在エネルギーが加齢により失われることを発見し、
2022年には、年齢と共に接着力を失っていく、基底膜と幹細胞を接着するタンパク質を強固にすること
により、表皮のハリの再生力が蘇ることを発見しました。

※1 肌にハリを与えること
※2 アフラモムムアングスチホリウム種子エキス、乳酸桿菌培養溶解質、酵母発酵エキス(整肌成分)
※3 ディオール調べ
※4 ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na(保湿成分)
※5 ポリグリセリン-3、ポリグリセリン-6(保湿成分)
※6 イリス根エキス(整肌成分)
※7 自然由来指数98%(水分を含む) ISO16128準拠。残り2%は処方の性能、使い心地、安定性に寄与する成分


「ディオールのカプチュール トータルは、植物の力とテクノロジーの融合を叶える素晴らしい製品だなと
思いますし、そこに魅力を感じています。
そして、私にとって歳を重ねることは、美しいことですし、美しいことであるべきだとも思っています。それを
肯定できる世の中であってほしいし、自分でありたいと思っています。だから、ちょっとでも前向きにさせる
肌の質感だったり、透明感だったり、ツヤ感はキープしたいと思います。カプチュールトータルで毎日の
スキンケアが楽しめます。」
                                ディオール ビューティー アンバサダー
                                              柴咲コウ

               新製品 カプチュール トータル ル セラム
            30mL 14,500円(本体価格) / 15,950円(税込価格)
            50mL 20,500円(本体価格) / 22,550円(税込価格)

                2023年1月1日(日・祝) 発売予定

               @DIORBEAUTY #カプチュールトータル

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)