医療・医薬・福祉 美容・健康

酪酸菌配合の整腸薬「ビオスリー(R)Hi錠」「ビオスリー(R)H」タケダから新登場

武田コンシューマーヘルスケア株式会社
― 一般用整腸薬ブランド「ビオスリー」の一手販売開始 ―

東亜薬品工業株式会社(本社:東京都渋谷区、以下「東亜薬品工業」)および武田コンシューマーヘルスケア株式会社(本社:東京都千代田区、以下「武田コンシューマーヘルスケア」)は、東亜薬品工業が製造販売承認を有する一般用指定医薬部外品「ビオスリーブランド」の武田コンシューマーヘルスケアによる日本国内における一手販売に関する契約を締結し、本年4月1日(月)より販売開始いたします。


ビオスリーは3種の共生する活性菌(糖化菌、乳酸菌、酪酸菌)を配合した整腸薬であり、腸内フローラを改善して腸を整える製品です。一般用としては、医療用として使用されていたビオスリーを薬局でも購入できるようにしてほしいというお客様の声にお応えして、1988年4月に東亜薬品工業よりビオスリーHを発売いたしました。それ以来31年にわたり、多くのお客様にご愛顧いただいているロングセラー商品です。現在、一般用のビオスリーは、のみやすいやや甘みのある小粒の錠剤「ビオスリーHi(ハイ)錠」、3ヵ月の赤ちゃんからおのみいただける散剤「ビオスリーH(エイチ)」があり、その両製品を新たにタケダブランドとして発売いたします。

ビオスリーブランドの新たなキーメッセージは「腸人になろう。酪酸菌で、新しい腸活はじまる。」です。自らも健康に気を使われ、同世代の女性に大きな影響力を持つ、女優の中村アンさんをメッセンジャーに起用し、TVCMや店頭プロモーションを通じて、酪酸菌配合の新しい腸活を提案してまいります。

今回の契約締結に伴い、東亜薬品工業の整腸薬領域における専門知識と武田コンシューマーヘルスケアの企業ブランドや販売力という強みを融合させ、ブランドの価値を最大化してその地位を強固なものにするとともに、健康でありたいと願う、より多くのお客様へ「ビオスリーHi錠」と「ビオスリーH」をお届けしてまいります。


◆製品特徴◆
-3種の共生する活性菌が有用菌を増やし、腸内フローラを改善することで、腸を整えます。
-乳酸菌だけでなく、糖化菌、酪酸菌を加えた3種の活性菌を配合しています。
-3種の活性菌が小腸から大腸まで生きたまま届きます。
-のみやすいやや甘みのある、小粒の錠剤と散剤です。

<ご参考>

製品名
ビオスリーHi錠  指定医薬部外品
ビオスリーH  指定医薬部外品
発売日
2019年4月1日(月)
容量・メーカー希望小売価格(本体価格)
◆ビオスリーHi錠 42錠 980円、180錠 2,280円、270錠 3,180円
◆ビオスリーH 36包 1,380円
効能
整腸(便通を整える)、便秘、軟便、腹部膨満感
用法・用量
◆ビオスリーHi錠
・成人(15歳以上) 1回2錠 1日3回
・5歳以上15歳未満 1回1錠 1日3回
・5歳未満 ×服用しないこと
◆ビオスリーH
・成人(15歳以上) 1回1包 1日3回
・3ヵ月以上15歳未満 1回1/2包 1日3回
・3ヵ月未満 ×服用しないこと
成分
◆ビオスリーHi錠 6錠中
・糖化菌(150mg)
 腸内有用菌である乳酸菌やビフィズス菌を増やします。
・ラクトミン(乳酸菌)(30mg)
 乳酸を産生して腸内フローラを改善するとともに、酪酸菌の増殖を助けます。
・酪酸菌(150mg)
 乳酸菌とともに腸で増え、大腸のエネルギー源として腸の機能維持に必要な酪酸を産生します。
※添加物:ポリビニルアルコール(完全けん化物)、ポビドン、バレイショデンプン、乳糖水和物、ステアリン酸Mg
◆ビオスリーH 3包中
・糖化菌(150mg)
 腸内有用菌である乳酸菌やビフィズス菌を増やします。
・ラクトミン(乳酸菌)(30mg)
 乳酸を産生して腸内フローラを改善するとともに、酪酸菌の増殖を助けます。
・酪酸菌(150mg)
 乳酸菌とともに腸で増え、大腸のエネルギー源として腸の機能維持に必要な酪酸を産生します。
※添加物:ポリビニルアルコール(完全けん化物)、ポビドン、乳糖水和物、バレイショデンプン
その他
製造販売元:東亜薬品工業株式会社
提携:東亜新薬株式会社
販売元:武田コンシューマーヘルスケア株式会社
お客様からのお問い合わせ先
武田コンシューマーヘルスケア株式会社
お客様相談室
0120‐567‐087
※受付時間 9時00分~17時00分(土、日、祝日を除く)


ビオスリーブランドサイトURL https://bio-three.jp
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会