教育・資格・人材 食品・飲料

大田区・世田谷区で圧倒的人気を誇る子ども向け体操・ダンス教室を運営するキッズモブ株式会社/キッズプロテイン【Pia coco】販売開始!

キッズモブ株式会社
キッズプロテイン【Pia coco】の魅力を大公開!

キッズモブ株式会社は世田谷区、大田区に体操教室LUNA STUDIOを4店舗展開し、地元の子どもたちに圧倒的人気を誇っています。現在は体操教室だけに止まらず、ダンス教室やヨガ、さらには子ども向けプロテイン事業など、新事業を展開。 今回はキッズプロテイン「Pia coco」をご紹介します!



子どもに必要な栄養素をギュッと詰め込んだキッズプロテイン【Pia coco】

子どもの成長に欠かせない運動。
キッズモブ株式会社では、体操・ダンスを通じて楽しく身体を動かしながら技を習得したり、子どもたちのコニュニケーション力を向上させるプログラムを展開しています。
そして運動とセットで欠かせないもの。それは食事です。
お子様が習い事の前に、手軽に質の高い栄養が摂れるものを作りたいと、キッズプロテイン事業を展開することになりました。

弊社、独自開発のキッズプロテインは、子どもの成長に必要な栄養素が補えて、運動中の水分補給にプラスして欲しい成長サポート飲料です。
大切な子どもの成長を願い、カラダにやさしい安心な素材のみでつくりました。
さらに子どもの一日に不足しがちな野菜・果実成分を配合しました。

元気いっぱい運動出来る丈夫なカラダ作りの第一歩に。

▼CAMPFIREにて先行販売
https://camp-fire.jp/projects/view/583192?utm_campaign=cp_po_share_mypage_projects_show




開発の想い

【子どもの元気と家族の思いを】

をコンセプトに【Pia coco】というキッズプロテインのブランドを立ち上げました。

私たちが日々、体操教室・ダンス教室でお子様、そして親御さんと関わる中で感じていること。
それは「子どもの健康」は全ての親御さんの願いだということです。

子どもは大人のように毎日の食事を自己管理することはできません。
だからこそ、少しでも栄養価が高く、子どもたちの健やかな成長を促す食事を摂らせてあげたいと、日々子どもたちの食について考え、悩むことも多いのではないかと思います。
毎日3食の食事で、必要なだけの栄養が完璧に摂れることが理想だと思う方もいらっしゃると思いますが、家事に仕事に忙しない日々の中で、なかなか難しいのが現実。さらには、子どものうちは苦手な食べ物があることも少なくなく、なかなか思うように食べてくれないというような悩みを抱える方もいらっしゃると思います。

そこで「子どもが喜ぶ美味しさで、栄養価が高いキッズプロテインを作ることで、子どもとその家族にとっても、明るく豊かな毎日の手助けがしたい。子どもの笑顔をもっと増やす商品を作りたい。」そんな想いを持って商品開発を行いました。

子どもの笑顔が増えれば、家族も幸せになる。
その幸せはまた家庭を明るくし、子どもの笑顔へとつながる。
このキッズプロテインを通じて、もっと明るく豊かな日々を送っていただけることを願っています。




子どもに必要なタンパク質と野菜フルーツの栄養

■子どもの成長に欠かせないタンパク質
カラダを作る材料となるタンパク質は、成長期の子どもたちにも大切な栄養素です。
毎日元気に過ごしていくためには、食事をしっかりと食べ、カラダを必要な栄養素で満たすことが大切です。
丈夫なカラダ作りには、タンパク質が重要になります。
カラダに必要な栄養素の量は、年齢や性別、カラダの大きさ、活動量などによって差があります。しかし、成長期の子どもと大人に必要なタンパク質量は同じくらいです。
例えば、6歳~7歳男子の場合、タンパク質の推奨量は1日に「35g」ですが、10歳~11歳になると「50g」まで一気にアップします。(タンパク質の摂取量は年齢や体重、日常における運動量などの個人差はあります)。



■日々の食事で補い切れない野菜・フルーツの栄養
子ども(3歳児~12歳)は1食あたり90g以上の野菜やフルーツを摂取した方が良いと言われています。
では90gの野菜・フルーツとはどの程度の量になるでしょうか。
おおよそですが、トマト半玉、玉ねぎ半玉、みかん1個、キウイ1個ほどになります。
子どものうちは野菜やフルーツなど苦手な食べ物があることも少なくなく、なかなか思うように食べてくれないというような悩みを抱える方もいらっしゃると思います。
タンパク質同様大人と比べるとカラダが小さい子どもは、1回の食事で食べられる量が限られる場合もありますし、食が細い子どもの場合は、間食で補うというのも一つの方法です。




商品の特徴

1.1食で8g以上のたんぱく質が摂取できる
たんぱく質は、健康的な子どもの成長期には不可欠な栄養素の1つです。たんぱく質が不足してしまうと筋肉が衰えてしまい、運動する能力が低下してしまう事になる可能性もあります。その他にも、免疫力低下による体調不良や怪我をしやすい、疲労骨折などもたんぱく質不足が原因によるものです。
とはいえ、大人と比べると身体が小さい子どもは、1回の食事で食べられる量が限られていて、また食が細い子どもの場合は、たんぱく質を十分に摂取することができません。


2.野菜11種類×フルーツ11種類の栄養素が含まれている
野菜やフルーツには豊富な栄養素が含まれているが、なかなか子どもが食べてくれずに悩み混んでいる親御様への、商品です。
子ども(3歳児~12歳)は1食あたり90g以上の野菜やフルーツを摂取した方が良いと言われています。
Pia cocoは1回で野菜やフルーツを100g以上摂取したのと同等の栄養が含まれています。


【野菜11種類 】
トマト、にんじん、茶葉、ブロッコリー、きゃべつ、玉ねぎ、にんにく、オリーブ、小麦麦芽、きゅうり、アスパラガス
【フルーツ11種類】
ぶどう(白&赤)、グレープフルーツ、オレンジ、ビルベリー、パパイヤ、パイナップル、いちご、りんご、アプリコット、さくらんぼ、ブラックカラント


3.子どもが1日に必要な半分の11種のビタミン+カルシウム+マグネシウムを摂取することができる
更に食事・間食だけでは不足しがちな栄養素を理想的に補えるよう設計しています。
豊富なカルシウム、そのカルシウムの働きを助けるビタミンD、鉄分やビタミンB群といった栄養素まで幅広く配合されております。
特にカルシウムはお子様の成長のために豊富に配合。成長期のカラダづくりに役立ちます。



4.プロテインの味は子どもが好んで飲んでもらえるように独自開発
従来、当たり前のように使われていたや砂糖を一切使わず、天然のいちごと天然の野菜とフルーツのみで味付けをしました。また、いちごパウダーは2種類を組み合わせることでいちごの深みをより一層表現。これにより、毎日飲める優しい味わいに仕上がっています。
また、事前に子どもがいる家庭に50名に試飲アンケート調査もしており、試食者の9割が「Pia cocoは美味しい」と感じてもらっています。更に試食者の9割は「再度、Pia cocoを子どもに飲ませてあげたい」と多く方から良い声を貰っています。




安心・安全への取り組み

■安心の国内工場生産
信頼の国内工場で生産しています。
お子様が口にするものですので、良質で安全な品質にこだわりました。

■徹底した細菌検査
お子様に安心してお召し上がりいただけるように、徹底した細菌検査に努め、基準をクリアした商品のみ出荷いたします。




当社について

「子どもたちの笑顔で家族の時間を豊かにする」を理念に、子ども向け事業を展開しております。子どもの成長に欠かせない運動をサポートするために体操教室から始め、ダンス教室、キッズプロテインの自社開発及び販売まで行っています。

会社名   : キッズモブ株式会社
設立    : 2020年5月1日
代表取締役 : 金森 啓斗
資本金   : 1,500万円
所在地   : 東京都大田区南千束1-15-5
事業内容  : 子ども向け体操教室/ダンス教室事業・D2Cブランド事業
従業員数  : 40名(パート・アルバイト含む)
会社HP   : https://www.kids-mob.com
LUNA事業 : https://lunastudio.jp

お問い合わせ
担当 : 阿部 聡
Mail : satoru@kids-mob.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)