スポーツ・アウトドア 美容・健康

科学的根拠に基づいたランニング・トレーニングをオンラインで!レベルに合わせたトレーニングプログラムを1ヶ月あたり1,000円で受講可能

STRIDE PERFORMANCE CENTER
数々のプロスポーツ選手を指導し第一線で活躍するコーチや元実業団ランナーで今もウルトラマラソン優勝など選手としても活躍するコーチが指導

STRIDE PERFORMANCE CENTER(本社:東京都多摩市 代表:福地 孝 https://stridepc.jp )は6月からランナー向けのオンラインコーチングプログラムを提供するサービスを本格始動。






STRIDE PERFORMANCE CENTER(以下 SPC)のサービス概要


科学的根拠とスポーツ現場の実践で得た経験に基づくランニング・トレーニングを提供するプログラム。
ピリオダイゼーションと呼ばれる期分けされたプログラムは、時期によってトレーニングの内容とボリュームを変えることで、計画的に無理なくパフォーマンスアップを実現することが出来る。
どんなに素晴らしいランニング・トレーニング・プログラムを作っても、怪我をして中断してしまうとトレーニングの効果を得ることは不可能。当然ながらランニング・トレーニング・プログラムは怪我をしないで継続して行なうことが前提で組まれる。その前提条件を満たすためには、怪我のしにくいローインパクトなランニングフォームを獲得する事がとても重要な要素になる。
また、正しいランニングフォームを長時間維持して走り続けるためには、身体の「安定性」と、それぞれの関節の「自由度」、そして安定した自由な動作の中で発揮できる「パワー」が必要になる。



SPCの特徴


科学的根拠に基づいた「ランニング・プログラム」と、洗練された「パフォーマンス・トレーニング・プログラム」を同時に提供する。これにより「怪我しにくいランニング・フォーム」を体得していただき、計画的な「ランニング・トレーニング・プログラム」を安心して遂行出来る事が最大の特徴である。
プログラム参加者がランニングを生涯スポーツとしてライフスタイルに取り入れて、パフォーマンスアップだけでなく、長期的な健康増進に役立つプログラムとなっている。





SPCの考え


水泳や、サッカーなどと違い、ランニングを「コーチから学ぶ」と言う事は、未だ一般に広まっているとは感じにくい。しかしながら、ランニング障害の発生頻度は他のスポーツに比べて高く、それに対する明確なアドバイスや、改善方法などを得られる場所、情報源などは存在するが、それを包括的なサービスとして提供できるものは少ない。
「ランニング」は「誰でも出来るスポーツ」ではあるが、上記の通り、現状では「誰でも怪我なく出来るスポーツ」では無い。
正しいフォームを学び、計画的にトレーニングを行なうことで、「誰でも怪我なく出来るスポーツ」に出来るのはないだろうか?




SPCについてのオンライン説明会をYoutube liveで実施


本格始動を前にどなたでも視聴できるYoutube liveでの説明会を開催します。(無料)

◎5月17日(日曜日) 13:00 ~ 13:30
ーSPC紹介セミナー “SPCコンセプトとプログラム概要”
ー矢田夕子講師 & 福地孝講師
配信リンク(Youtube live) > https://youtu.be/Sd3Gnjmgt1Y

◎5月22日(金曜日) 19:00 ~ 19:30
ーSPC紹介セミナー “プログラム概要ーパフォーマンストレーニング”
ー阿部勝彦講師 & 矢田夕子講師
配信リンク(Youtube live) > https://youtu.be/hUHRq6Paqw0

◎5月26日(火曜日) 19:00 ~ 19:30
ーSPC紹介セミナー “Basicコース & Premiumコース”
ー矢田夕子講師 & 福地孝講師
配信リンク(Youtube live) > https://youtu.be/xLJgwzcx4YM

◎5月29日(金曜日) 19:00 ~ 19:30
ーSPC紹介セミナー “SPCメンバー特典”
ー矢田夕子講師 & 福地孝講師
配信リンク(Youtube live) > https://youtu.be/5myUJgFg7AE

■優先エントリー予約受付中
https://stridepc.jp/pr/entry.html

■STRIDE PERFORMANCE CENTERについて詳しくは
https://stridepc.jp/





企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)