美容・健康 ホテル・レジャー

「旅するルルルン」シリーズよりハンドクリームが初登場!雄大な大地で生き生きと育ったオーガニックハーブを配合した『北海道ルルルン ハンドクリーム(はちみつの香り) 』誕生

Dr.ルルルン株式会社
12月23日(金)より北海道内のお土産屋さんにて順次発売開始

Dr.ルルルン株式会社(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:新岡 辰徳)は、シリーズ累計16億枚※1突破、フェイスマスクブランドNo.1※2のルルルンより、地域限定「旅するルルルン」シリーズ初となる北海道限定のハンドクリームを発売いたします。2022年12月23日(金)より、北海道内のお土産屋にて順次お取り扱いを開始いたします。 ■公式ページ:https://lululun.com/lp?u=tabisuru_hokkaido-handcream


※1 2011年7月~2022年1月の累計販売枚数(当社調べ)
※2 富士経済「化粧品マーケティング要覧 2022 No.1」パック市場・ブランドシェア 2021年販売実績ベ




「旅するルルルン」シリーズ初のハンドケアアイテムが誕生




「旅するルルルン」は、2013年6月に「沖縄のプレミアムルルルン」を発売し、現在では国内全27種類を展開している地域限定フェイスマスクシリーズ。
その地域でしか出会えない素材=美容のヒミツを見つけ、フェイスマスクを開発しました。美しい肌を保つためにはハンドケアも大切と考え、この度シリーズ初となる ‟ハンドクリーム” が仲間入り。北の大地より、寒さに負けないうるおいヴェールをお届けします。




「肌を手入れする」というように、手はスキンケアをするうえで欠かせないパーツです。北海道の雄大な大地で生き生きと育ったオーガニックハーブを配合したハンドクリームが、手荒れを防ぎ、ふっくら柔らかな手でごきげんなスキンケアタイムへと導きます。ハーブに寄り添うミツバチをイメージしたはちみつの香りつきで、寒さや乾燥などで荒れがちなお肌をやさしくいたわります。



手荒れを防いでうるおう、北海道ハーブのハンドクリーム





北海道ルルルン ハンドクリーム(はちみつの香り)
【価格】880円(税込)
【内容量】30g
【発売日】2022年12月23日(金)
【お取り扱い】北海道内のお土産屋にて順次発売



北海道の恵みをふんだんに受けて育ったオーガニックハーブ4種類を整肌成分として配合




1.北海道産ラベンダー花エキス
夏の北海道を彩る代表的な風景として、人々に愛されているラベンダー畑。
そんな北海道産ラベンダーが、手肌にみずみずしいうるおいを与え
手荒れをやさしくケアします。




2.北海道産カミツレ花エキス
愛らしい見た目とは裏腹に、踏まれてもたくましく育つ生命力をもつ
カミツレ(カモミール)。
北海道で摘まれたカミツレの花が手荒れを防いで、しっとりと柔らかな手肌へ導きます。




3.北海道産ローズマリー葉エキス
歴史上で最も古いハーブの一つとも言われているローズマリー。
北海道のきびしい寒さを乗り越える力を持ったローズマリーは、
ふっくらとしたハリのある手肌へと整え、いきいきとした印象を演出します。




4.北海道産トウキ根エキス
北海道で生まれたホッカイトウキの根からエキスを抽出。
古くから和漢としても親しまれてきたトウキにはビタミンEが豊富に含まれ、
暗くくすみがち※な手肌に透明感を与えます。
※ 古い角質による


乾燥した空気の中でも、うるおいを保てるように2種類の高保湿成分を配合




1.はちみつ
ビタミン、ミネラル、アミノ酸など多様な栄養素を豊富に含み、
「人類最古の甘味料」と言われ1万年以上前から食されていたはちみつ。
やさしい香りと、うるおいヴェールで手肌を包みます。




2.ヒアルロン酸Nα
環境条件に合わせて機能する優れた成膜性、保湿性を持つヒアルロン酸。
低湿度環境では吸湿量が高く、手肌をしっとりと保湿します。



フェイスマスクブランドNo.1※1、コスメアワード241冠受賞※2『ルルルン』



フェイスマスクブランド『ルルルン』は、2011年に“毎日使いのフェイスマスク”を提案し、大容量タイプのフェイスマスクを展開してまいりました。毎日のスキンケアで、あなたの毎日を特別なものに。お手入れのたびにお肌がうるおい、毎日嬉しい気持ちになれる、そんな存在であり続けたいと思っています。

※1 富士経済「化粧品マーケティング要覧 2022 No.1」パック市場・ブランドシェア 2021年販売実績ベース
※2 2015年上半期~2022年上半期のシリーズ累計受賞数(当社調べ)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)