美容・健康 医療・医薬・福祉

体内年齢の見える化に挑むekei labs、「AXA ベスト・イノベーティブ・ヘルス・スタートアップ」賞を受賞

株式会社ekei labs
日本初となる、血液内バイオマーカーを基に老化率を数値化する「エーケイ・グリトラ」の発売に先駆け、期間限定の5%OFFクーポンも配布中。

株式会社ekei labs(東京都渋谷区 代表:カルニ・ビラル 以下「エーケイ・ラボ」)は、12月8日 (木)に在日フランス商工会議所が開催した「Meet & Connect 22」で「AXA ベスト・イノベーティブ・ヘルス・スタートアップ」賞を受賞しました。




エーケイ・ラボのサービスを導入することで、ユーザーは自宅での体内年齢(生物学的年齢)の測定と、老化率を抑えるアドバイスを受けられようになり、長寿戦略を構築することができます。

同社は2023年1月に、日本初となる体内年齢測定キット、およびライフスタイル分析プラットフォームをリリース予定。この製品は、糖鎖というバイオマーカーを分析することにより、ユーザーの老化に関するインサイトを提供するもので、キングス・カレッジ・ロンドンにて25万人以上のデータを基に開発された技術を用いています。

健康寿命への関心が年々高まるなか、従来の老化率測定と異なる新しいアプローチ、そして健康的老化の民主化に対しての取り組みが評価され、受賞にいたりました。

■ アクサ生命 執行役員 デジタル&マーケティング本部長 金井 美加 氏 コメント
「アクサでは個々人の健康寿命への意識向上と日々の取り組みが社会に欠かせないと考えています。様々な生活習慣の改善プログラムやアプリがある中でも、エーケイ・ラボの着眼点に注目、期待しています。」




■ エーケイ・ラボ CEO カルニ・ビラル氏 コメント
「弊社が独自で開発しているバイオマーカーとライフスタイル分析に基づいた長寿アプローチに対しては、今後も期待が高まると信じており、この受賞はそういった期待と、エーケイ・ラボの今までの努力を実証するものであります。この受賞を励みに、我々は日本、そして世界のヘルシーエイジングの民主化に向けて、引き続き取り組んでいきたいです。」

■ 「Meet & Connect 22」とは
日本とフランスの2ヶ国から選出されたスタートアップ企業が、独自のサービスやソリューションを紹介する在日フランス商工会議所主催のイベントで、2017以降、毎年日本で開催されています。2022年度は合計17のスタートアップが参加し、登壇、ピッチを行いました。




■ 株式会社ekei labs(エーケイ・ラボ)について
エーケイ・ラボは渋谷区が主催するスタートアップ支援プログラム「SHIBUYA STARTUP SUPPORT」を通し、2022年7月に設立されたヘルステック・スタートアップです。最先端の研究・技術とAIを融合し、「老化」に対する知識を深めることと、ヘルシーエイジングの民主化の実現化を目指す。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)