その他 美容・健康

12月25日、全心連ウクライナ「心のケア」交流センターがウクライナ避難民のための「Job Festa Shibuya & Ukraine×Japanクリスマス」を開催

一般社団法人全国心理業連合会
 日本で唯一の心理カウンセラーの業界団体である一般社団法人全国心理業連合会(東京都渋谷区、代表理事:浮世 満理子、以下「全心連」)が運営する全心連ウクライナ「心のケア」交流センターは、日本財団のウクライナ避難民支援助成プログラムの支援を受け、2022年12月25日に「Job Festa Shibuya & Ukraine×Japanクリスマス」を開催することになりましたのでお知らせします。



■背景・目的
 全心連では2022年5月より全心連ウクライナ「心のケア」交流センターを発足し、ウクライナから避難されてきた方の心の居場所づくりとして、安心できる場を設け、個別カウンセリングや生活支援などを行って参りました。日本での就業に関する相談が多数寄せられるようになったことを受け、2022年9月30日に「Job Festa Shibuya」を開催し、約100名のウクライナの方が参加されました。「日本でのキャリアデザインを描き、日本での仕事に希望を持てるようにすること」をテーマとし、トークライブや、仕事で役立つIT研修、企業による就業説明等を実施しました。
 日本での避難生活が長期化する中で、2022年12月15日に発表された日本財団によるウクライナ避難民への最新アンケート結果によると、ウクライナ避難民の4人に1人が日本に定住意向があり、ウクライナの状況が落ち着くまで滞在したいと回答した方とあわせると65.5%の避難民が長期での日本滞在を希望していることがわかりました。生活のための仕事という側面だけではなく、人としての尊厳を持ちながら、日本でキャリアを積むことに幸せを感じることができるように、在日ウクライナ大使館の後援をいただき、2回目となる「Job Festa Shibuya」を企画することにいたしました。
 また、当日はクリスマスということもあり、「Ukraine×Japanクリスマス」も開催します。家族と離れ1人で避難してきている方やティーンエイジャーに対し、仕事で役立つスキルを学ぶことに加え、日本で初めてのクリスマスを1人で孤独に過ごすことのないよう、ウクライナ避難民、在日ウクライナ人、日本人ボランティア、「話を聴くプロ*(全心連公認プロフェッショナル心理カウンセラー)」と連携して実施します。
2022年9月30日Job Festa Shibuya
■12月25日、「Job Festa Shibuya & Ukraine×Japanクリスマス」について
 「Job Festa Shibuya」は全心連ウクライナ「心のケア」交流センターで実施し、より実践的な研修を行います。業種・職種を想定し、仕事で使う日本語のフレーズをロールプレイ形式で学んでいく日本語セミナーと、メタバース作成体験を行います。また、人材紹介会社等とのお仕事相談やキャリアカウンセリングも実施します。
 「Ukraine×Japanクリスマス」は渋谷三丁目町会共催により、渋谷ストリーム前 稲荷橋広場にてウクライナの特設ステージとチャリティーバザーを開催し、日本の方々にウクライナを知っていただく機会を設けます。最後に、全心連ウクライナ「心のケア」交流センターにて、ウクライナ避難民によるウクライナの家庭料理を提供しながらの交流会を行い、ウクライナの方々、日本人の方々とのつながりをつくります。パソコン設置、フリーWi-FiやZoomアカウント貸し出しを無料提供し、ウクライナ本国の家族や知人たちとオンラインでつながることができるような環境を整えます。

主催:一般社団法人全国心理業連合会
共催:渋谷三丁目町会
後援:在日ウクライナ大使館、一般社団法人プロフェッショナル心理カウンセラー協会
助成:公益財団法人日本財団
協力:渋谷ストリーム、株式会社アイディアヒューマンサポートサービス

実施日:2022年12月25日(日)
内容および場所:
Job Festa Shibuya/全心連ウクライナ「心のケア」交流センター
 13:00-17:00 お仕事相談会
 14:00-15:00 研修1 仕事で役立つ日本語セミナー
 15:00-17:00 研修2 仕事で役立つメタバース体験

Ukraine×Japanクリスマス/渋谷ストリーム前 稲荷橋広場
 13:00-17:00 チャリティーバザー
 13:00 ステージ1 ウクライナのクリスマスの始まり
 14:00 ステージ2 日本とウクライナのきずな
 15:00 ステージ3 ウクライナと国際交流
 16:00 ステージ4 ウクライナの平和に願いを込めて

17:00-19:00 交流会/全心連ウクライナ「心のケア」交流センター

担当:ウクライナ避難民、在日ウクライナ人・日本人ボランティア、話を聴くプロ(全心連公認プロフェッショナル心理カウンセラー)

※時間・プログラム等、天候等により変更の可能性があります。
※感染対策には十分、配慮をして行います(検温、アルコール消毒、換気など)。ご来場の方はマスク着用をお願いしています。

■全心連ウクライナ「心のケア」交流センターについて
全心連ウクライナ「心のケア」交流センター
 一般社団法人全国心理業連合会が運営する、日本の親子とウクライナの親子が気軽に交流でき、「話を聴くプロ」が心のケアも行える場所として、2022年5月2日に東京・渋谷、2022年5月13日に大阪・梅田にウクライナ交流センターが開設されました。ウクライナ避難民の方々が心の安らぎを得られる、安心できる場を設けることを目的とし、日本での困りごと相談・情報提供、日本の子どもたちとウクライナの子どもたちの交流、「話を聴くプロ」による心のケア・リラクセーションサポートを、一般社団法人プロフェッショナル心理カウンセラー協会後援、株式会社アイディアヒューマンサポートサービス協力のもと行っています。2022年8月1日より、名称を「ウクライナ「心のケア」交流センター」に変更し、心のケアメニューを拡充しています。

全心連ウクライナ「心のケア」交流センター ひまわり
URL:https://www.mhea.or.jp/ukraine-himawaricenter/
<東京・渋谷>
 開設日時:365日オープン(火曜・金曜10時から16時、土曜12時から15時には、在日ウクライナスタッフが常駐しています)
 場所:アイディアヒューマンサポートサービス ココロゴトSalon内
 https://www.idear.co.jp/school/school-info/?id=486#access
 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-9-10 KDC渋谷ビル1階
 050-3612-7559
 ukraine@mhea.or.jp
<大阪・梅田>
 開設日時:不定期
 場所:アイディアヒューマンサポートサービス 大阪梅田サロン内
 https://www.idear.co.jp/school/school-info/?id=490#access
 〒530-0057 大阪府大阪市北区曽根崎1-4-5 エステムプラザ梅田202号

■「話を聴くプロ*」とは?
話を聴くプロ(プロフェッショナル心理カウンセラー)
 「話を聴くプロ」とは、全心連が公認する心理カウンセラーの全国統一認定資格「プロフェッショナル心理カウンセラー」の有資格者のことです。現場で役立つプロの心理カウンセラーは、相談者の心の声を丁寧にお聴きし、寄り添い、受け止め、対話を通して心のサポートを行っていきます。相談者を知識で判断することではなく、相談者を受容し、まず、すべてを聴くことが大切であることから、プロフェッショナル心理カウンセラーの愛称として、「話を聴くプロ」という名前をつけました。
 プロフェッショナル心理カウンセラーは各団体で認定を出す心理カウンセラー資格とは違い、プロの心理カウンセラーとして必要な要素を検討し、社会人が心の専門家をめざすことを応援する資格として構築されました。心理学の知識や各種スキル、現場実習実績に加え、社会経験や倫理観、カウンセラー自身の自己成長といったものが総合的に判断されて取得することができます。

■団体概要
一般社団法人全国心理業連合会(全心連)
一般社団法人全国心理業連合会
 心理業の健全な発展と誰もが安心して心のケアサービスを受けられる文化の創造をめざして2010年12月16日に発足した心理カウンセラーの業界団体です。産業・災害対策・福祉等幅広い分野の第一線で活躍している心理カウンセラーや、心理カウンセリング、メンタルトレーニングサービスを提供する企業・団体によって運営され、統一認定資格の制度構築、不適切な基準や表現を行っていると思われる企業への是正勧告等を行っています。
 また、2011年からは、東日本大震災の震災ケアのために「TeamJapan300」というボランティアプロジェクトを立ち上げ、2022年3月まで、被災地において自治体への協力のもと、被災者に対する心のケアボランティア活動を継続して行いました。

<活動内容>
◇全国統一認定資格「プロフェッショナル心理カウンセラー上級・一般」、「ストレスチェックコンサルタント」の制度構築と運営
◇不適切な基準や表現を行っている企業/団体への是正勧告
◇被災地支援等ボランティアプロジェクト

団体名:一般社団法人全国心理業連合会
代表理事:浮世 満理子
所在地:東京都渋谷区渋谷1丁目11番3号3階
URL:https://www.mhea.or.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)