教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

東京医療保健大学大学院看護学研究科高度実践看護コース主催『NPフォーラム2022』を開催

学校法人青葉学園
有識者、修了生などによる講演、シンポジウム、パネルディスカッションを実施


 学校法人 青葉学園が運営する東京医療保健大学 (本部:東京都品川区、理事長:田村哲夫、学長:亀山周二、以下本学) は、大学院看護学研究科高度実践看護コース主催で『NPフォーラム2022』を2022年11月23日(水・祝)に開催いたしました。

 本学大学院看護学研究科高度実践看護コース(平成22年度開設)では、200名を超える修了生を医療業界に輩出しております。設立10年という節目の年に行われた本フォーラムでは、有識者及び本学教員による6つの講演と修了生12名によるシンポジウム・パネルディスカッションなど活発な議論が繰り広げられ、NP活動の成果を振り返り、修了生のさらなるモチベーション向上を図ることができました。
 本学からは東が丘看護学部 浦中桂一准教授が登壇し、NP主導のケアと臨床研修医主導のケアにおける救急搬送患者の二次救急外来滞在時間の比較に関する研究結果の報告がなされました。また、本コースの1期生である筑井 菜々子様からは、2022 AANPNational Conferenceに日本のアンバサダーとして招待された経験をもとに、米国のNP事情や日本におけるNPへの期待について情報提供とご意見を賜りました。
 続いて、修了生5名が登壇したシンポジウムでは、「NPとして構築したエビデンス10年の軌跡」をテーマに、様々な臨床現場で活躍するNPのリアルな声と具体的な事例が紹介されました。
 最後のパネルディスカッションでは、「臨床で活用した7つのNPの能力」についての修了生7名からの発表を受けて、その実践能力をどのように看護師に展開するかについて意見交換が行われました。
 当日は、本コースの修了生を中心に110名の方にご参加を賜りました。参加者様のアンケートでは、「研究に対する刺激を受けモチベーションアップに繋がった」「エビデンスを積み上げた研究成果に刺激を受けた」等、約94%以上の方から「大いに知見を得た」とのご意見を頂戴しました。これらのご意見を踏まえながら、東京医療保健大学ならびに東京医療保健大学大学院は、今後も、研究及び活動の成果を社会に積極的に発信すると共に、今後活躍が期待されるNPの発展に繋がる活動を継続してまいります。

■診療看護師(NP)とは
診療看護師(以下NP)は、日本NP教育大学院協議会(以下、協議会)が認めるNP教育課程(大学院修士課程)を修了し、協議会が実施するNP資格認定試験に合格した者で、保健師助産師看護師法が定める特定行為を実施でき、医学的視点と看護学的視点を持ち合わせた高度実践看護師です。救急患者、周術期患者、ハイリスクな状況にある患者を対象に、医師と連携協働し、「チーム医療」のキーパーソンとして、安全・安心な医療をタイムリーかつ効果的に提供できる能力が期待されています。本学大学院はクリティカル領域で活躍するNPの養成に取り組んでおり、21の特定行為区分すべてを実施できるNPの育成を目指しています。

■プログラム
特別講演1 9:10~9:40 座長 : 亀山周二 学長
先進医療を担い、最前線で移植医療を実践し第一線の外科医として医療者に望むこと
國土 典宏
先生 国立研究開発法人国立国際医療研究センター理事長 医道審議会 保助看分科会委員 特定行為・研修部会委員長

基調講演 9:40~10:10 座長:大島久二
看護の大学化を推進し将来の日本社会の変革を目指して-看護の専門職養成への期待-
田村 聡明先生 学校法人青葉学園 副理事長 学校法人渋谷教育学園幕張中学校・高等学校校長

教育講演1 10:10~10:50 座長:山西文子
NPとして診療報酬制度に響く活動によるモデルとはどうあるべきか
吉川 久美子
先生 公益社団法人日本看護協会 常任理事 看保連監事

教育講演2 11:00~11:40 座長:大島久二
今改めて研究によるエビデンス確立の意味と重要性
山本 則子
先生 東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻高齢者在宅長期ケア看護学/緩和ケア看護学分野 教授

研究講演 11:40~12:00 座長:山西文子
診療看護師の活躍の実態を研究結果から読み解く
浦中 桂一
先生 東京医療保健大学東が丘看護学部 准教授

特別講演2 12:00~12:20 座長:浦中桂一
AANPのアンバサダーとしての役割-2022AANPNational Conferenceを通して-
筑井 菜々子
NP(1期生) 地域医療振興協会-Nursing Designated Care研修センター

シンポジウム 13:00~14:30           
座長:浦中桂ー 東京医療保健大学東が丘看護学部 准教授
   忠雅之 東京医療保健大学東が丘看護学部 講師
THCU修了生が診療看護師(NP)として構築したエビデンス10年の軌跡

パネルディスカッション 14:30~16:00      
座長:浦中桂ー 東京医療保健大学東が丘看護学部 准教授
   忠雅之 東京医療保健大学東が丘看護学部 講師
臨床で活用した7つのNPの能力



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)