企業向けシステム・通信・機器 その他

【EIC2022TOKYO】体力テストデジタル集計システム『ALPHA』、教員と企業が連携し、教育発展を目指すイベントに参加!

Pestalozzi Technology株式会社
一人一台タブレット活用により子どもの運動意欲の向上へ

令和2年度からデジタル体力テスト集計システム『ALPHA』を展開しているPestalozzi Technology株式会社(東京都、代表取締役:井上友綱)は、子どもの健康や運動意欲を高める環境づくりに尽力し、更なる教育の発展を目指しています。





Pestalozzi Technology株式会社は、2022年5月27日に開催された授業イノベーションコンテスト『EIC2022TOKYO』キックオフイベントに参加いたしました。イベントでは、全国各地から企業や大学、先生方が今後の更なる教育の発展を目指し、EICの概要説明、教育現場に精通したゲストを招きケーススタディの紹介などパネルトークを実施しました。また、企業によるピッチタイムを行い、教員と企業のマッチングへと繋げる場となりました。

『EIC2022TOKYO』とは?
『EIC2022TOKYO』は「Educational Innovation Contest」の略称で、「教員×企業が協働して開発した授業実践」を、広く全国へ発信するための2023年に初開催されるコンテスト型イベントです。このイベントでは、教員は課題解決的な学びや革新的な授業を知ることができ、企業は製品開発や質の向上化を図ることが目指しています。また、学校や地域社会全体を巻き込むことで学校教育の仕組み自体を変えなくても、先生方の意識を開拓し企業、世界とつながる革新的な授業を行うことを目標としています。数年後、このプロジェクトにより全国4万3千人の教員を育成し、企業や社会の誰もが授業に関われるような教育現場の実現のために邁進しています。

『EIC2022TOKYO』キックオフイベントに参加され、現在体力テストデジタル集計システム『ALPHA』を導入している新潟県村上市立村上小学校で6年生の担任をしている小野先生は『ALPHA』の導入や今後の活用方法などについて次のような感想を述べておられます。

*ALPHA導入学校の利用シーン

『ALPHA』を導入しようと思ったきっかけ
これまで本校で行ってきた体力テストのやり方や結果の扱い方はマンネリ化している部分があり、子どもたちには何も返ってきていないという思いがありました。子どもたちが実際に自分の結果を見つめて、体力を向上できるようなものがないかなと思っていた時に『ALPHA』に辿り着きました。

子どもたちの反応
夏休みごろに子どもたちに感じたことや分かったことを聞くアンケートを取りました。その回答の一部に「自分の体力テストの結果が分かりやすく書いてあって良かった」、「紙で見るよりわかりやすかった」、「総合評価が一番評価の高いAじゃなくて悔しかった」などの感想があり、結果が分かりやすく表されているのが大きいなと思いました。あと、少し子どもたちに難しい質問をしたのですが、「今後の体育の授業で『ALPHA』を使っていくとしたらどんなことに役立てそうですか?」と質問をしてみたところ「前の自分と比較してどれだけ成長できたか考えながら練習の仕方を考える」、「目標を目安で立てられる」というような声があり、子どもたちの授業の取り組み方が少し変わるのかなと感じました。

『ALPHA』を導入して良かった点
子どもたちが前年度の自分の結果と今年度の結果を比較して、昨年度よりもどの数値が上がったとか、逆に下がったとか変化を見て、次はこれを頑張ってみようかなというような運動意欲が高まった点です。そして、自分の体力のことについて深く考えるようになったというところが非常に『ALPHA』を導入して良かったなと思います。

『ALPHA』の今後の活用
保護者を巻き込みたいという思いがあります。『ALPHA』によって、すぐ手軽に体力テストの結果を持ち帰ることができるので、体力アップのために一緒に運動するとか、自分で体力のことについて分析して、生活習慣を見直し、健康的な生活習慣になるようにしたいなと思っています。


『ALPHA』とは?
『ALPHA』はPC、タブレットなど端末を問わず体力テスト計測・集計・分析することができるシステムです。現在の体力テストは児童が紙に記録を記入しそのデータを集計するというアナログな測定方法が行われています。しかし、『ALPHA』を活用することでデジタルで簡単に測定・集計や分析が可能になります。

先生紹介
新潟県村上市立村上小学校 教諭 小野浩由

1979年8月生まれ
新潟大学教育学部保健体育科卒業、新潟大学大学院教育学研究科修了。
公立小学校に3校勤務した後、新潟大学附属新潟小学校に4年間勤務。
2021年から現職。小学校教諭16年目。
2020年から体育ICT研究会に所属し、技能と認知の見える化部会の部長を務めている。
現在は「ALPHAとメディアポートフォリオを活用した家庭と連携する体力向上の取組」「体育における協働的なe-Assessmentツールの開発と効果に関する研究」に取り組んでいる。


Pestalozzi Technologyホームページ:https://pestalozzi-tech.com/alpha/
Pestalozzi Technology株式会社は、今年度体力テストの集計にて約60万人分のデータの集計を担当。各学校で体力テストデジタル集計システム『ALPHA』のほか、教育委員会での体力テスト集計、管理システムの開発も行っています。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
Pestalozzi Technology株式会社 担当:小笠原
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-22-3 早稲田大学インキュベーションセンター07室
TEL:03-6228-0493
MAIL:info@pestalozzi-tech.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)