その他

【今年29年目 途上国への子どもワクチン支援実績報告】暫定政府から少数民族へのワクチン供給が停止されているミャンマーをはじめ、ラオス、ブータン、バヌアツの4カ国にポリオなどのワクチン及び関連機器を支援

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)
感染症で命を落とす子どもたちを救うため、開発途上国の子どもたちへのワクチン支援活動を行う、「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(以下JCV)は、今年も12月初旬に、総額1億1,606万6,601円分のワクチンや関連機器をミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツの4カ国に贈りました。 昨年起こった、軍事クーデターに揺れるミャンマーでは、暫定政府からのワクチン供給が停止されている少数民族への支援を中心に。その他ラオス、ブータン、バヌアツを合わせた4カ国に対して、継続支援を実施いたしました。JCVによる子どもワクチン支援活動は1994年に始まり、今年で29年目となります。


ブータンでのワクチン接種の様子 (C)UNICEF Bhutan/2022S/Pelden


【2022年の支援内容】





【支援国のワクチン接種状況】

(1)ミャンマー
2021年2月のクーデター以降、市民生活の混乱は収まらず、5歳未満の子どもの5人に1人がワクチンを受けられていないと推測されています。暫定政府からのワクチン供給が停止している少数民族地域の子どもたち約1,000人へBCG(結核)やMR(はしか・風疹)等のワクチンを贈り、同時に地域のワクチン接種体制の構築を支援します。
(2)ラオス
山岳地帯での子どもたちへワクチンを届けるための努力が重ねられていましたが、新型コロナウイルスの影響で定期ワクチン接種体制が手薄になり、課題は山積しています。接種の状況や課題、必要とされている支援内容を直接確かめるため、現地UNICEF事務所と視察訪問の調整を進めています。
(3)ブータン
今年も95%の子どもたちに必要なワクチンを接種することができました。皆さまの支援で贈られたワクチンは都市部や町の子どもたちだけでなく、ヒマラヤ山脈の村々に暮らす遊牧民の子どもたちや山奥の集落の子どもたちにも届けられます。
(4)バヌアツ
83の島からなる南太平洋の小さな国では、ワクチンの運搬が大きな課題です。現地スタッフは全ての子どもにワクチンを届けるために診療所を出て、ボートや徒歩で数多くの集落へ向かいます。場所によっては、泊まりがけで訪問ワクチン接種を行っています。
ワクチン接種を終えたバヌアツの子どもと母親 (C)UNICEF Pacific2022/Olul


【新型コロナウイルスの感染拡大で再認識された感染症の脅威とワクチンの必要性】

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、多くの人々の命を奪い、今も感染拡大が続く中で、経済や医療の発展により、先進国では身近でなくなった感染症の恐ろしさが、あらためて浮き彫りになりました。そして、その感染症の脅威は、途上国においては日常の脅威として、日々、多くの子どもたちの命と笑顔を奪い続けています。
世界中の人々の健康や生命を脅かし、社会全体に深刻な影響を及ぼす感染症に国境はなく、ワクチン接種が抑止力のひとつです。特に、医療が行き届かない国では、感染症を予防するワクチンが、子どもたちの命を守るために大きな効果を発揮しますが、自国でワクチンを賄えない多くの国の子どもたちが、支援を必要としています。

【団体概要】



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)