美容・健康 アパレル・ファッション

第101回全国高校サッカー選手権大会山口県代表の高川学園高等学校男子サッカー部 ベネクスリカバリーウェアの導入が決定!

株式会社ベネクス
移動中・競技後に着用、休養によるパフォーマンスUPをサポート

休養時専用の「リカバリーウェア」を開発、製造、販売する株式会社ベネクス(所在地:神奈川県厚木市、代表取締役:中村 太一、以下、当社)が2022年12月20日に発売した『Recovery Jersey』シリーズが、山口県代表として全国高等学校サッカー選手権大会に4年連続28回目出場の高川学園高等学校男子サッカー部で導入されることが決定しました。 ベネクスは商品を通して、選手の皆さまの休養をサポートします。






全国高校サッカー選手権出場校にてベネクスリカバリーウェアが採用!休養面から選手の活躍を応援

山口県代表として全国高等学校サッカー選手権大会に出場する高川学園高等学校の男子サッカー部。強豪校として年々グレードアップする同校男子サッカー部を日々熱く指導されている江本監督は、2022年も県代表を勝ち取り全国で上位を狙うには、日々の練習に加え、休養の質の向上によるトータルパフォーマンス向上が重要と考え、選手にも伝えられてきました。そこで当社は、2022年9月に、約170名の選手の皆さまに向けて休養セミナーを開催し、パフォーマンスと休養の関係の重要性を伝える機会をいただきました。

当社は、年代問わず「休養」はパフォーマンス向上のために大切なものの1つであると考えています。練習や試合をした後、疲労ケアをしっかりと行ない、次の活力につなげるために「休養」を取る。このサイクルを若いころから実践し習慣化することで、将来も、より長くサッカーやスポーツを楽しめる体づくりをして欲しいと願っています。
この当社の思いと、高川学園男子サッカー部の休養に対する考え方や積極的に取り組もうとしている姿勢がマッチし、今回ベネクスリカバリーウェアを導入いただくことになりました。ベネクスリカバリーウェアは、休養の質を効率的に高めるため、試合遠征などの移動時間やリラックスタイム、就寝時などで活用いただきます。

当社は今後も、未来のトップアスリートたちが、競技人生をより長く楽しめる環境づくりのサポートを、休養という面から支援してまいります。


高川学園高等学校男子サッカー部監督:江本孝 様 コメント

本校サッカー部では、パフォーマンス向上のためには、練習の積み重ねだけではなくしっかりと心身を休めることも非常に大切であると考えています。9月の休養セミナー後、選手たちの休養に対する姿勢も変わってきており、より上を目指すためには、日々の身体のケアは勿論のこと、しっかり休養をとり、隙間時間も効果的に活用したいと考えています。今回、ベネクスリカバリーウェアを導入することによって、限られた時間のなかでも着るだけで効率的に休養を取り入れられ、コンディションづくりがより効果的に実現できると期待しています。そしてこのことによって、選手たちが最高のパフォーマンスを発揮し、持っている力を出し切り活躍することを願っています。


株式会社ベネクス 休養士・休養インストラクター:真弓佳伸 コメント

高川学園高等学校男子サッカー部様に運動後の休養時や移動時の休養アイテムとして、ベネクスリカバリーウェアを採用いただき、皆様の質の高い休養環境づくりに貢献できますこと大変嬉しく感謝申し上げます。
選手の皆様は、江本監督はじめスタッフの皆様の指導やサポートのもと、常の学業や日々の練習などの限られた時間をフルに活用しつつ、チームとして高い目標に向かって取り組まれており、江本監督の、より高いパフォーマンスを発揮するには日々の練習に加え、質の高い休養環境づくりが不可欠、との考えに基づき、トレーニング環境の面だけでなく身体ケアの面にも重点を置かれています。そこで今回私たちの商品が、緊張が続く試合前や、移動時、日々の練習後の休養に貢献することで、皆様が最高のパフォーマンスを発揮し、晴れの舞台で大いに活躍されることを、全社をあげて祈念しております。


【導入商品概要】(一例)



◆商品名: リカバリージャージ ジップアップ ジャケット メンズ
◆価格: 17,600円(税込)
◆カラー: 杢グレー、ブラック
◆組成: ポリエステル100%
◆サイズ: M/L/XL/XXL
◆商品ページURL: https://store.venex-j.co.jp/products/detail/1719
◆特徴: 当社独自開発の特殊繊維「PHT※」を使用したリカバリーウェアの上質な休養時間をサポートする機能性をそのまま活かし、1.ほどよい肉感を持たせながらも軽い素材を使用しているため着ていてらくちん。2.ふっくらとやわらかなストレッチ性を実現しているので動きやすく、3.段ボール構造でモチっとした感触が特徴です。「ずっと包まれていたい」サラッとした肌触りのリカバリーウェアが、移動時間も快適に休養をサポートします。


※:PHT(Platinum Harmonized Technology)は、当社独自の先端テクノロジーを駆使し、ナノプラチナなどの鉱物を繊維1本1本に練り込んで開発した特殊繊維です。「PHT」を使用し、「人間が本来持っている自己回復力を最大限に発揮させること」を目的につくられた「リカバリーウェア」は、休養時の体を優しく包み込み、心身の“休養”をサポートします。


【高川学園高等学校男子サッカー部について】https://tgfc.jp/

1946年に創部されたサッカー部は、一人一人がチームのためにハードワークをし、ドリブルとパスを組み合わせた、幅68mを使った攻撃的なサッカーを追求しています。また、近年度からは“部署活動”を設けています。プレーヤーとして活動するだけでなく、一人ひとりがチームの一員としての自覚を持ちながら活動することで、責任感などを養わせ、将来社会で活躍する人材を育成することにも力を注いでいます。





【ベネクスについて】

健康のための3大要素「運動」「栄養」「休養」の中で、パフォーマンスを向上させるために必要な「休養」に着目。休養時専用の「リカバリーウェア」の開発、製造、販売を行っています。創業は「床ずれ予防マットレス」を開発、販売する介護用品メーカーとしてスタート。現在は、ケアという発想に基づいたリカバリーに関わる商品開発を行っています。
「人間が本来持っている自己回復力を最大限に発揮させること」をコンセプトに、東海大学、神奈川県、当社との産学公連携事業により誕生した「リカバリーウェア」は、エビデンス(科学的根拠)の取得や安全性を重視した開発を行い、「休養時専用ウェア」として2010年2月の発売以降、疲労回復や安眠のサポートを目的として日本代表選手らスポーツ関係者はじめ多くの方に愛用されています。現在は、豊富な商品展開を行い、全国の主要百貨店やオンラインショップで販売。これまでにシリーズ累計145万着(2022年9月末時点)の販売実績を記録するヒット商品となっています。
「ベネクスリカバリーウェア」は、2013年にドイツで行われた世界最大のスポーツ用品見本市「ISPO」で日本企業初の金賞を受賞。また、2018年9月には、「休養時専用ウェア」として、県民の未病改善の促進及び未病産業の市場拡大に向け、未病の見える化や未病の改善に貢献できる信頼性のある優れた商品・サービスを認定する神奈川県の「ME-BYO BRAND(未病ブランド)」にも認定されました。その翌年2019年には、日本健康医療学会から健康医療に役立っている製品を開発、生産、販売する会社、団体等に向けて贈られる「第7回 健康医療アワード」を受賞しています。

〈「ベネクスリカバリーウェア」の評価〉
スポーツ:2013年「ISPO」金賞受賞
社会:2018年「ME-BYO BRAND(未病ブランド)」認定
健康:2019年 「健康医療アワード」受賞

■「リカバリーウェア」を支える2つのメカニズム


1. 特殊繊維「PHT(Platinum Harmonized Technology)」
当社独自の先端テクノロジーを駆使し、ナノプラチナなどの鉱物(特許取得名称:DPV576)を繊維1本1本に練りこんで開発したポリエステルの「PHT」繊維。この「PHT」を使用して作った「リカバリーウェア」は、休養時の体を優しく包み込み、体力が回復しやすい環境を整え、心身の“休養”をサポートします。

2. 休養時の着心地のよさを追求した仕様とデザイン
体を締め付けないノンコンプレッションデザインでゆったりとした着心地を実現。素材や縫製、カッティングにもこだわり、睡眠中、家でのリラックス時やスポーツ直後、移動中など、あらゆる休養シーンにおいて、ゆったりとした着心地で体に余計なストレスを感じさせない心地よさを追及しています。

【株式会社ベネクス 概要】
法人名: 株式会社ベネクス
代表: 代表取締役 中村 太一
所在地: 〒243-0018 神奈川県厚木市中町4-4-13 浅岡ビル4階
電話: 046-200-9288
設立: 2005年9月30日
事業内容: 休養・睡眠時専用「リカバリーウェア」の開発、製造、販売
ホームページ:https://www.venex-j.co.jp/


本リリースに関するお問合せ
株式会社ベネクス コミュニケーション・プロデュース部
担当者:豊島(携帯:080-7975-5579)/下山(携帯:080-7296-9553)
TEL:046-200-9288 FAX:046-200-9368
e-mail:commprodept@venex-j.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)