美容・健康 スポーツ・アウトドア

日本初の高地トレーニングスタジオ「ハイアルチ」は、低酸素トレーニングを通じて、箱根駅伝、出場選手を応援しています!

ハイアルチ
高地トレーニングと同等の持久力向上の効果が得られる低酸素トレーニングを、より手軽に実施することができる環境をハイアルチは提供。

High Altitude Management株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:坪井玲奈)は、箱根駅伝に出場する城西大学に低酸素ルームを提供。城西大学経営学部教授、同大学男子駅伝部監督の櫛部静二氏と共に、アスリートのパフォーマンス向上に努めます。





■日本初*の高地トレーニングスタジオ「ハイアルチ」について

「ハイアルチ」とは、high altitude(高地状態、ハイアルチテュード)から取った造語。
独自技術により、2,500m級の山と同程度の”高地環境”を再現し、都会で”高地”トレーニング(低酸素トレーニング)を実施できる、日本初の高地トレーニングスタジオ(低酸素ジム)™です。

高地トレーニングは、その効率性の高さから、多くのトップアスリートが採用してきたトレーニング方法です。
しかしながら、高地を求めて海外遠征が必要であったり、室内トレーニングの場合もマスク等高価な機材が必要であることから、一般的にはあまり利用されてきませんでした。

そんな常識を覆し、空間をまるごと高地環境(低酸素状態)にすることで、高地トレーニングを日常の手軽なトレーニングとして提案するのが、日本初の高地トレーニングスタジオ「ハイアルチ」です。

※自社調べ(2022年12月時点、WEB調査にて)



■城西大学の櫛部静二監督と共に、低酸素トレーニングを通じて、アスリートのパフォーマンス向上を

2016年の創業時より、ハイアルチは城西大学の櫛部静二監督とともに、低酸素トレーニングを通じたアスリートのパフォーマンス向上に努めてきました。
また、実際に、城西大学に対して低酸素環境を提供することにより、トレーニングメニューに低酸素トレーニングを組み込み、選手のパフォーマンス向上という実績を着実に積み上げて参りました。
2023年の箱根駅伝では、4代目“山の神”候補として目される山本唯翔選手、斎藤将也選手も、まさに低酸素トレーニングの実践者です。
櫛部監督は、「過去の城西大学OBでオリンピックに出場した選手と比べても引けを取らない選手。2人のどちらを5区に起用するのか『うれしい悩み』」と語ります。(日本テレビ取材にて)

ハイアルチは、長距離選手にとどまらず、サッカー、ラグビー、水泳、バレー、バスケ、ダンスなどの競技に低酸素トレーニングを広め、アスリートのパフォーマンス向上に努めます。

※低酸素ルームの導入の詳細についてはこちら:https://high-alti.jp/corporate/




■アスリートで培ったノウハウを、運動初心者の方の「時短トレーニング」へ

ハイアルチの取組みは、アスリートにとどまりません。
ハイアルチは高地トレーニングをより多くの人に広げていくことを目指し、全国32店舗まで店舗数を広げてきました。(2022年12月時点)

酸素濃度の低い環境下では、その環境にいるだけでカラダに負荷をかけることができます。
そのため、「時短トレーニング」として、短時間で効率よく運動ができることが特長です。

そして、高地トレは、心肺機能や持久力が向上という疲れにくいカラダづくりにとどまらず、細胞の代謝を高めることによって、ダイエットからアンチエイジングまで寄与することがわかってきています。(低酸素環境下での運動効果に関する詳細こちら:https://high-alti.jp/

そのため、運動習慣の少ない一般の生活者を中心とした利用者に支えられて、ハイアルチは高地トレーニングを広めてきました。

「限られた人生を最大限楽しみたい。そのために、効率よく、心身の健康づくりに取り組みたい」そのような想いをお持ちの方へ、挑戦し続けるための心と体の健康づくりを、高地環境(低酸素環境)をプロデュースすることを通じてサポートしていきます。




■ハイアルチの効果を裏付ける理論が、ノーベル医学生理学賞を受賞!

2019年のノーベル医学生理学賞が、細胞が低酸素の状態に適応する「低酸素応答」のメカニズムを解明した3人の研究者に贈られることが決まりました。

生命活動の極めて基本的なプロセスの背後にある構造が明らかになっただけでなく、「低酸素環境」が、貧血やがんなど多くの病気の治療法や治療薬の開発につながる期待がもたれています。

記事はこちら→https://www.asahi.com/articles/ASMB76H5YMB7ULBJ016.html

■ハイアルチのSDGs

ハイアルチは、お客様をはじめとしたステークホルダーとともに、サステナビリティ経営を実現します。




■High Altitude Management Co., Ltd.会社概要

High Altitude Management(ハイアルチテュードマネジメント)は、これまで海外遠征が必要であったり、マスクなど高価な機材が必要であった高地トレーニングを、空間をまるごと高地状態にすることを実現し、より手軽にライフスタイルに取り入れやすい形でご提供しております。「高地トレーニングを、日常にー」これが、私たちのミッションです。
TEL:03-6912-1820
MAIL:info@high-alti.com
公式HP:https://high-alti.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)