美容・健康

20代~70代の男女が健康を自分で守る方法を学ぶヘルスコーチ養成講座 健康編「毒素からの影響」開催しました!

株式会社POSSIM
株式会社POSSIM(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:高野五輪夫)は、一般社団法人ヘルスエキスパート協会(以下、HEA)の事業拡大に伴って設立され、2022年8月で2年目を迎えました。 POSSIMは「人の生まれ持った可能性を100%引き出せる場所を創る」をミッションとし、予防医学を啓蒙しています。 その活動の一つである、ヘルスコーチ養成講座「ヘルスコーチユニバーシティ(以下、HCU)」は4年目に突入。今期で第7期となりました。 メイン講座である健康講座が、12月11日、17日にオンラインにて開催。 ヘルスコーチとして活躍しようとする会員が全国、世界から集まりました。 最先端の予防医学をもとに毒素を把握し、毒素の蓄積がどのような身体への影響をもたらすか、毒素による症状の根本原因、どのようにして毒素を避けるのかを学ばれました。


【参加した会員様からの声】
Tさん(40代/男性/パート・アルバイト)「より毒素について勉強になりました。」「考え方、支援の仕方というものが、少しイメージできました。」

Yさん(20代/男性/会社員)「実際に自分がヘルスコーチングをしている場面を想像してできたので、いいケーススタディでした!」

Yさん(50代/女性/会社員)「事例を元にアプローチのしかたを学べ、分かりやすかったです。勉強不足を感じました。」

と、ヘルスコーチとして、初めての健康講座への理解を深めようという成長意欲の高い講座となりました。



【HCU第7期 健康編「毒素からの影響」詳細】
開催日:2022年12月11日(日)、12月18日(日)4時間
テーマ:「毒素からの影響」
講座内容:健康講座「毒素からの影響」知識講座、ケーススタディ、Q&A
登壇講師:Dr.CC
開催方法:オンライン(zoom)
対象者:HCU第7期会員様
・「健康になりながら稼ぐヘルスコーチ」になるための最新情報は、LINE登録ください
https://liff.line.me/1656465090-JN15QwOl/landing?follow=%40433pgmsd&lp=wtZiAW&liff_id=1656465090-JN15QwOl

【ヘルスコーチとは】
予防医学の観点から人の健康をサポートするコーチのこと。食事、運動、睡眠、思考、生活習慣など、その人のトータルバランスを聞き取りながら、心身の不調やパフォーマンスの向上に寄り添います。

【事務局スタッフから一言】
ヘルスコーチは目の前の健康で悩んでいる人を健康と幸せに導くことができる最高のビジネスです!
最新の予防医学を学び、実践することで、健康に対する大きな自信を手に入れることができます。
講師はもちろん、事務局スタッフも6か月間、皆様の健康とビジネスを全力でサポートさせていただきます。何かございましたら、いつでも連絡をください。これから一緒に成長できるのを楽しみにしています。

【家族の健康を自分で守る】
新型コロナウイルス感染症、東京都の感染者数は2022年10月初旬には平均2万人ほどだったものが冬に向けて増え、21日、都内では新たに2万1186人確認したと発表された。

その影響は、もちろん家庭に及び、お父さんお母さんが仕事を休むほかなくなるご家庭のために小学校休業等対応助成金・支援金の対象期間が2022年3月末までに延長されました。しかし、子供のちょっとした体調不良でも仕事を休むしかない、このご時世では休むと職場の人への罪悪感や他の家族の体調不良に繋がらないかと心配する気持ちは助成金では拭えません。

POSSIMのHCUでは、その心配になる気持ちを軽減する正しい健康知識が学べます。なぜ体調不良になるのか、ダラダラと不調が長引くのはなぜかをその人の根本原因がわかるようになり、「とにかく病院に頼るしかない」「お医者さんに助けてもらうしかない」「薬を飲めばいい」と言った、人に頼るしかないから「家族の健康は自分で守る」という意識に変えていける講座内容になっています。

【株式会社POSSIM理念】
生まれ持った可能性を100%引き出したい人が訪れる場所を創造する。
「治す」から「予防」、「補う」から「自立」の促進剤になる。
治すから「予防」、補うから「自立」の社会を。

【法人概要】
法人名:株式会社POSSIM
代表取締役CEO:高野 五輪夫
TEL:03-4595-0147
URL:https://possim.co.jp/
広報担当:生畑目 星南
メール:media@possim.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)