美容・健康 スポーツ・アウトドア

ついに本日開催!RIZIN VS Bellatorの行われる『RIZIN.40』を支える飲料水が目指すアスリートの健康

オーブス株式会社
何が違う?水だけのスポーツドリンク

2022年も残りわずか。新年を迎える前の大晦日、フジテレビ系にて放送されるビックイベントがあることをご存知でしょうか? 毎年大晦日の恒例となっている『RIZIN』ですが、今年のRIZINは一味違います。 今年のRIZINは、MMAの強豪ひしめく格闘技団体『Bellator』を迎え、RIZINのスーパースターとAJ・マッキー選手など世界のスーパースターの対抗戦が行われるんです。 そしてそんなRIZINやBellatorの選手たちを支える飲料水『FROM ATHLETES(フロムアスリーツ)』を提供するオーブス株式会社は、多くのアスリート支援を行う中、格闘技などハードな運動を行うスポーツほど、飲料水選びが重要になると考えているんです。





「FROM ATHLETES」は、なぜRIZIN.40への協賛を決めたのか

40年以上、水を研究するオーブス株式会社は、運動する人の体を支える水だけのスポーツドリンクFROM ATHLETES」を開発いたしました。

最近話題になり始めている「活性酸素」は、がんや糖尿病などの生活習慣病、さらには、シワやシミの原因にもなると言われている体の酸化の原因となるものですが、実はその活性酸素は、運動をすることでも発生してしまうことがわかっています。

そこで、日本体育大学杉田正明教授との共同研究により、酸化に抗う力「抗酸化性」のデータが出ている「FROM ATHLETES」は、ハードな試合を強いられる格闘家の方々を、水分補給の観点からサポートできればと思い、前回の「メイウェザーVS朝倉未来戦」の行われた「超RIZIN」に続き、大晦日に行われる「RIZIN.40」の公式飲料水として協賛をさせていただくことになりました。




新感覚・水だけのスポーツドリンク「FROM ATHLETES」とは

「FROM ATHLETES」は、水の聖地・長野県白馬村に研究所を持ち、40年以上に渡って水の研究を行ってきたオーブス株式会社と日本体育大学杉田正明教授との共同研究によって完成した、保水力を高めることで体の酸化を防ぐ「水だけのスポーツドリンク」です。

日本体育大学での血液検査の実験では、FROM ATHLETESを飲んだグループの方が、一般的な飲料水を飲んだグループよりも「酸化ストレスが下がり」「抗酸化力が上がる」ということが判明、さらにその後に行われた運動パフォーマンス中の実験においては「運動継続時間の向上」「血中乳酸濃度の低下」のデータも確認されました。

これらのデータから分かるように、アスリートの方々だけではなく、中高年の方々の水分補給や、美しさを求める女性の方々の潤い補給にも、最適な飲料水です。





体液と同じph値の飲料水で抗酸化性が出る「保水性抗酸化水」

FROM ATHLETESの特徴は、なんといっても「体液と同じ弱アルカリ性の水」で抗酸化性のデータが出ているという点になります。

一般的に抗酸化力がある食べ物、飲み物は「強いアルカリ性」のものが多くなっています。
例えば飲料水でいうとph値5.8~8.6が基準として定められていますが、抗酸化性を謳う飲料水はph値8.6よりも高い、強いアルカリ性の飲料水が多くなっています。

しかし、強いアルカリ性の水を飲むと、胃酸が中和され、消化不良や腸内の菌のバランスが崩れてしまうなど、トラブルの原因になってしまう可能性もあります。

水だけのスポーツドリンク「FROM ATHLETES」は、体に水をしっかりと保持することで抗酸化を実現。ph値7.2~7.6で体液と同じ弱アルカリ性の飲料水です。

体液と同じ弱アルカリ性だからこそ、お腹にもやさしく水分補給しやすくなっており、運動をする全ての人の抗酸化ライフをサポートする“水だけのスポーツドリンク”としてご愛好をいただいております。

もし宜しければ、弊社HPにて詳しく製品のご説明をしておりますので、ご覧ください。
新感覚の「水だけのスポーツドリンク」をお試しください。


【製品情報】
・FROM ATHELTES 1L 486円/本(税込)


・FROM ATHLETES 550ml 324円/本(税込)



オーブス株式会社HP:https://orbs-i.co.jp/
FROM ATHLETES公式サイト:https://colorme-repeat.jp/8/f515a120/fromathletes
お問い合わせ:https://orbs-i.co.jp/contact/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)