デジタル製品・家電 美容・健康

CES 2023 Innovation Awards受賞!テクノロジーを掛け合わせた、あたらしい休憩の提案、呼吸するクッション「fufuly」(フフリー)

ユカイ工学株式会社
ふしぎだけど癒やされる、コンセプトモデルをCES2023にて初公開。JT、博報堂、ユカイ工学が、プロダクト化を目指して開発中

「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、数多くのコミュニケーションロボットやIoTプロダクトを企画・開発するユカイ工学株式会社(本社:東京都新宿区、代表:青木 俊介)は、新たな休憩体験を提案する、呼吸するクッション「fufuly」(フフリー)を発表します。また、「fufuly」はCES 2023イノベーションアワードを受賞しました。2023年1月5日(木)~8日(日)に米国ラスベガスにて開催される「CES 2023」にて初公開いたします。









呼吸するクッション「fufuly」とは



呼吸するクッション「fufuly」は、抱きかかえて使う呼吸誘導型のロボットクッションです。

東京大学が行っている呼吸や休憩に関する研究をベースに、まるで呼吸をするように膨らんだり縮んだりするテクノロジーを活用し、JT、博報堂、ユカイ工学が開発、商品化を目指すプロジェクトから生まれました。

多忙な現代人は日常的に身体的・精神的にストレスを抱えています。現代社会を生きる人々にもっと休息や休憩を意識し、促したいとの考えから、ゆったりとした気分に寄り添い、自然と深呼吸をしたくなるようなプロダクトができないかと考えました。

そこで、生物が持つ「呼吸の引き込み現象(*1)」に注目し、クッションの伸縮から、抱えるだけで無意識に呼吸のリズムと深さの両方が同調される仕組みをプログラムに取り入れました。

東京大学の研究(*2)によると、ロボットの動きに合わせて、呼吸のリズムと深さが誘導されることが確認されています。

(*1)動物が呼吸するとき、触れ合っている仲間の呼吸につられるという現象。
(*2)Ban, Yuki & Karasawa, Hiroyuki & Fukui, Rui & Warisawa, S.. (2018). Relaxushion: controlling the rhythm of breathing for relaxation by overwriting somatic sensation. 1-2. 10.1145/3275476.3275492.


呼吸するクッション「fufuly



呼吸するように、
ふくらんだり縮んだりするふしぎなクッション。

そのひみつは、
ふれあっている仲間の呼吸につられる
生き物の性質をもとにした、
Deep Breathing Technologyという技術。

抱えて、ひと休み。
呼吸をふかく、
気持ちも、ゆっくりおだやかに。

ふぅっと。
ひといきしましょう。







fufuly公式サイト:https://fufuly.jp/





使い方

使い方はとっても簡単。スイッチを入れて、抱きかかえるだけ。




テクノロジー

Deep Breathing Technologyは、呼吸の引き込み現象を活用した技術です。まるで生き物が呼吸するように伸縮し、抱えるだけで自然と呼吸のリズムと深さの両方が同調されるので、心を落ち着かせたり、タスクパフォーマンスを上げたりすることが可能になります *。

*Yuki Ban, Hiroyuki Karasawa, Rui Fukui, Shin'ichi Warisawa:Development of a Cushion-Shaped Device to Induce Respiratory Rhythm and Depth for Enhanced Relaxation and Improved Cognition.Frontiers Comput. Sci. 4: 770701 (2022)


デザイン

呼吸や息のような製品コンセプトが伝わるように、息をモチーフにしてデザインしました。また、抱いている際に安心感を得られるように、クッションにくびれを作り、抱えやすくしました。素材も、安らぎを感じるような柔らかいベロア素材を採用しました。


専門家の声




東京大学
大学院新領域創成科学研究科
伴 祐樹 特任講師


緊張をほぐしたり、心を落ち着かせるためには深くゆったりとした呼吸をすることが重要ですが、気がつかないうちに呼吸が浅くなっている人が少なくありません。一般的には、クッションを抱きしめることで心が和むと言われており*、呼吸と合わせて穏やかな時間が過ごせるのではないかと思います。

* Sumioka, H., Nakae, A., Kanai, R., Ishiguro, H. Huggable communication medium decreases cortisol levels. Sci Rep 3, 3034 (2013).


プレスキット

https://drive.google.com/drive/folders/1UgD7AvTYVMxRM102ikQIvfDnOmEN3Bk4

※開発中の製品のため、予告なく変更となる場合がございます。
※発売時期、販売価格は現時点では未定です。(2023年1月時点)


展示会概要

名称:CES(R) 2023
会期:2023年1月5日(木)~ 8日(日)
開催地:アメリカ・ネバタ州ラスベガス
ブース:Venetian Expo - Hall A-C、ブース番号:50026

ユカイ工学出展内容
「fufuly」(初公開)、ライトロボット「LIGHTONY」、
BOCCO emo、甘噛みハムハム、Qoobo、Petit Qoobo

CES 公式サイト:https://www.ces.tech/


ユカイ工学株式会社について

ユカイ工学では、自社製品開発で培ったコミュニケーションデザイン、ロボティクス、IoTを強みとし、企業の製品・サービスの開発を支援させていただいております。コンセプトや製品のデザイン、ハードウェア設計、アプリ・ソフトウェア開発、量産支援、クラウドファンディングに至るまで、インハウスで行っているため、企業の発想を速やかに形にすることが可能です。

法人向けサービスについて
https://www.ux-xu.com/business

主な事業
1.受託による製品・サービス開発、DX支援
2.ロボットプラットフォームを利用したサービス開発
・シニア支援サービス、子育て支援サービス、CX向上等
3.自社製品開発・販売
・あなたに共感する、未来のファミリーロボット「BOCCO emo」
・赤ちゃんのような「甘噛みハムハム」、やみつき体感ロボット 等

企業情報
ユカイ工学株式会社(Yukai Engineering Inc.)
代表取締役:青木俊介
設立日:2007年12月28日
本社:東京都新宿区富久町16-11 武蔵屋スカイビル101
WEB:https://www.ux-xu.com/

Facebook:https://facebook.com/YUKAIEngineering/
Instagram:https://www.instagram.com/yukaiengineering/
Twitter:https://twitter.com/yukaikk
note:https://note.com/ux_xu
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)