美容・健康 医療・医薬・福祉

世界初・早期すい臓がん検査「N-NOSE(R) plus すい臓」本年1月から、いよいよ本格始動

株式会社HIROTSUバイオサイエンス
新サービス先行予約開始から、お申込みが続々!!

株式会社HIROTSUバイオサイエンス(本社:東京都千代田区、代表者:広津崇亮、以下当社)が、線虫がん検査「N-NOSE(R)」の次世代型 “がん種特定検査” の第1号検査として世界で初めて開発した 早期すい臓がん検査「N-NOSE plus すい臓」は、本年より実検査をスタートします。 約1カ月の先行予約期間だけで予想を上回るお申込みをいただき、すい臓がん早期発見に対するお客様の想いを真摯に受け止めております。当社は「がんが怖くなくなる未来」をつくるため、引き続き研究開発に励み、高精度な検査の提供を通して多くの皆様に安心をお届けします。


当社は、がんの一次スクリーニング検査「N-NOSE(R)」の次世代型 “がん種特定” 検査の第1号検査である「N-NOSE(R) plus すい臓」の開発に成功し、本年より実検査を開始いたします。

「すい臓がん」は、がんのなかで最も発見や治療が困難とされ、医学界からも「早期すい臓がんの検査法ができたら革命的」と言われていました。当社は、生物の優れた能力を使う発想とバイオテクノロジーの融合によって実現させた当検査を、一例でも多くの方の命を救うために役立ててまいります。





「N-NOSE plus すい臓」概要

検査開始(検査キット発送):2023年1月4日(水)~
販売サイト:https://lp.n-nose.com/suizou/
検査料金:定価7万円(税込)※3カ月以内にN-NOSE(R)を受験された方は定価5万円(税込)

【参考】「N-NOSE」について

嗅覚に非常に優れた線虫C. elegansが、人の尿中に含まれるがん特有の匂いを高精度に検知することを利用した、がんの一次スクリーニング検査。尿を提出するだけで、簡便・安価・高精度・全身網羅的に早期がんを調べることが可能です。2020年1月の実用化以降、30万人以上が検査を受けており、法人での導入企業は1000社を超えました。(※2022年12月時点)


「N-NOSE plus すい臓」について

N-NOSEの次世代型 “がん種特定検査” 。当検査には、線虫C. elegansに遺伝子操作を加えて作製した、すい臓がんの匂いにのみ特異的な反応を示す “特殊線虫” を用います。この “特殊線虫” は、すい臓がんとその他のがんを嗅ぎ分ける高い判別能を持ち、非侵襲な手法で早期すい臓がんの検知が可能となりました。


【HIROTSUバイオサイエンスについて】

会社名:株式会社HIROTSUバイオサイエンス
所在地:東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート
代表者名:代表取締役 広津 崇亮
設立年月:2016年8月
主な事業内容:線虫および線虫嗅覚センサーを利用したがん検査の研究・開発・販売
コーポレートサイト:https://hbio.jp
N-NOSE(R)サービスサイト:https://lp.n-nose.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)