医療・医薬・福祉

2023年 年頭所感

PSS


新たなウイルス発生が伝えられた2020年年頭から3ヶ年が経ちました。COVID-19の蔓延は世界に信じ難いダメージを与え、社会や企業を大きく変えました。企業にはそれぞれの事業対策や社会への貢献が求められました。

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社(以下、PSS)は免疫や遺伝子システムの開発ベンチャー企業として、ウイルス感染を正確に行うPCR技術を搭載した検査システム(geneLEAD)の製造や普及に取り組み、ヨーロッパの企業との連携により、1,000台を超える装置を世界の病院へ導入することに成功し、各方面から有難いご評価を頂きました。

2023年はPSS社員、グループ一同、今後とも気を緩めず、新型コロナウイルス感染症蔓延の不幸を「転禍為福」として、一途に開発してまいりましたバイオ遺伝子解析システムのさらなる活用を目指し、臨床医療の分野での展開を拡大していく所存です。

多くの病院からのご要望は多様で切実です。新たな各種感染症対策はもとより、がんの変異を見極める体内遺伝子分野等でのPCRシステムの応用は非常に大きな課題でありPSSの本来の目標です。

決して安易な道ではありませんが、総力を挙げて、事業価値、実績の向上に努めます。
何卒宜しく相変わらずのご支援を賜りますようお願い申し上げますと共に、皆様のご健康をお祈り申し上げます。

2023年1月5日
プレシジョン・システム・サイエンス株式会社
田島 秀二
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)