ネットサービス・アプリ 美容・健康

乾燥肌の人が解決したい悩み1位は「肌荒れ」、美容液購入者の約4割が症状を改善

ナイル株式会社
~「最後の商品」がわかるコスメ・化粧品の美容情報メディアLASELAによる調査~

ナイル株式会社(本社:東京都品川区、 代表取締役社長:高橋飛翔、 以下ナイル)が運営する美容情報サイト「LASELA」は、 2022年7月4日から10月30日の期間中、1,251名を対象に美容の悩みと商品購入に関するアンケート調査を実施いたしました。


■調査結果概要
20代~40代で乾燥肌の女性のうち、「美容液」を購入した人は46.5%でした。美容液で解決したい悩みは「肌荒れ」が最も多く25.2%で、美容液購入者の37.5%が症状を解決できたと回答。また、美容液が解決策にならなかった人の48.0%が「化粧水」で肌荒れを解決できたことが分かりました。
https://nyle.co.jp/lasela/articles/30027072911

乾燥肌で「美容液」を購入した人は46.5%
乾燥肌の人が美容液で解決したい悩み1位は「肌荒れ」
肌荒れ対策のために美容液を購入した37.5%が症状を改善
美容液で解決にならなかった乾燥肌の48.0%が「化粧水」で解決


■調査背景
今回の調査では、美容の悩みを抱える20代~40代の女性1,251人のうち、肌質が乾燥肌の人を対象に、肌の悩みや購入した美容商品と効果、使用感などに関する結果を公開致します。

■調査概要
調査対象:全国の20代~40代女性 1,251人
調査機関:自社調べ
調査方法:インターネット調査
調査期間: 2022年7月4日~10月30日
有効回答数:1,251人(内訳:20~29歳:550人/30~39歳:491人/40~49歳:210人)

■乾燥肌で「美容液」を購入した人は46.5%
20代~40代の女性1,251人のうち肌質が乾燥肌の342人に、肌の悩みを解決するため過去購入した美容商品を調査したところ、「美容液」の購入割合は46.5%でした。乾燥肌の約2人に1人が症状改善のために「美容液」を試した経験があるようです。

■乾燥肌の人が美容液で解決したい悩み1位は「肌荒れ」
乾燥肌の美容液購入者が解決したい悩みは、「肌荒れ」が最も多く25.2%、続いて「ニキビ」が22.0%でした。
肌荒れは乾燥した肌に生じやすいため、乾燥肌の人が抱える悩みとして割合が高くなっていると考えられます。

■肌荒れ対策のために美容液を購入した37.5%が症状を改善
肌荒れ対策で美容液を購入した人へ、解決できたのかをたずねてみると、全体の37.5%が「できた」と回答。美容液を使って乾燥をピンポイントでケアすることで、約4割の人が症状の改善を実感する結果となりました。

美容液で肌荒れを解決できた人のコメント (一部抜粋)


気になるところに部分的に塗るだけなのが楽
高濃度なのに全く刺激がなく、肌実感が早い。肌荒れで血色もなくなった暗い肌が、ワントーンアップ
乾燥肌が和らぎ、それに加えて肌にハリが出ました。赤みも当初より気にならなくなりました。
継続して使っていたら化粧ノリもよくなり、乾燥肌なので化粧水と乳液だけでは潤いが補えていなかったのだと痛感しました


■美容液で解決できなかった乾燥肌の48.0%が「化粧水」で解決
「美容液」が肌荒れの解決策にならなかった人に、解決できた商品を調べた結果、48.0%が「化粧水」で肌荒れを改善したことが分かりました。2位以下には「乳液(20.0%)」、「スキンケアクリーム(16.0%)」が選ばれています。

美容液で肌荒れを解決できなかった人のコメント (一部抜粋)


肌荒れは少し鎮静化したものの、1番気にしていた角栓のごわつきを治すほどではなかった
悩んでた皮剥けは改善できませんでした
最初の印象は良かったのに、使い続けるうちにニキビができて結局肌に合わなかった
もう少ししっとり潤うタイプの美容液を求めていたので、乾燥向けではないように感じた
日常のスキンケアには満足ですが、一時的なトラブルには改善されませんでした

化粧水で肌荒れを解決できた人のコメント (一部抜粋)


赤みやかゆみが収まっただけでなく、かさつきもなくなり、乾燥肌が改善された
肌荒れ中でも刺激が少なく、しっかり保湿してくれる
使い始めて2週間ほどで皮剥けがおさまりした
いつもは乾燥して赤くなっていたが、しっとりと化粧水が染み込みもちもちとした綺麗な肌になっていった
肌のバリア機能を保つ為のセラミドが豊富に配合されている。アレルギー時期に肌が強くなり乾燥しにくくなった


■美容液の効果と乾燥肌向け美容液の選び方【専門家監修】
美容液とは、美容に効果的な成分をギュッと濃縮して配合した製品のこと。多くの肌悩みにピンポイントでアプローチできる美容液は、化粧品の中でも特にすぐれたスキンケア効果が期待できるアイテムです。

美容液の効果を実感するまでの期間には個人差がありますが、使用を始めて数日程度ではあまり効果を感じられないことがほとんど。その理由は、肌の細胞の入れ替わり(ターンオーバー)に時間がかかるからです。 ターンオーバーにかかる期間は、28日間といわれています。美容液の効果をしっかりと実感するには、ターンオーバーの周期である約1か月を目安に使用を続けるのがおすすめです。

カサつきや突っ張り感が気になる乾燥肌の人は、肌のうるおいをチャージ&キープしてくれるような美容液を取り入れましょう。 具体的なおすすめ成分としては、保湿力に優れる「セラミド」「アミノ酸」や、肌の水分保持機能の改善に効果が認められている有効成分「ライスパワーNo.11」などが挙げられます。

<保湿におすすめの成分>
・セラミド
・アミノ酸(セリン、グリシンなど)
・ライスパワーNo.11
・ヒアルロン酸
・コラーゲン

【専門家監修】肌質や年齢にあわせた美容液の選び方、悩み別アイテムをご紹介
美容液 https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_essence/
乾燥肌向け美容液 https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_essence/skin_dry/
セラミド配合美容液 https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_essence/component_ceramide/
ビタミンC配合美容液 https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_essence/component_vitaminC/
プラセンタ美容液 https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_essence/component_placenta/
プチプラ美容液 https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_essence/feature_putipura/
デバコス美容液  https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_essence/feature_depakosu/
ニキビケア美容液 https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skin_acne/skincare_essence/
毛穴ケア美容液 https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skin_pores/skincare_essence/
乾燥肌向け化粧水 https://nyle.co.jp/lasela/productlist/skincare_skinlotion/skin_dry/


美容の悩みを解決できた「最後の商品」がわかるコスメ・化粧品の美容情報メディア「LASELA」では、美容の悩みに関する調査を今後も行ってまいります。

【LASELAについて】

「LASELA(ラセラ)」は、口コミで高評価な商品は数多くある中で、私にとって「最後の商品」になる美容商品、サービスと効率的に出会えるメディアです。すべての女性を美容の悩みから解放し、「なりたい私になれる」世界を作ることをミッションに、2022年春リリース。
https://nyle.co.jp/lasela/


【ナイル株式会社について】
2007年創業。「幸せを、後世に。」をミッションに掲げ、デジタルノウハウを強みに、マーケティングDX事業と自動車産業DX事業を展開する。
住所: 東京都品川区東五反田1丁目24-2 JRE東五反田一丁目ビル7F
設立: 2007年1月15日
代表者: 代表取締役社長 高橋 飛翔
資本金:3,674,556,838円(資本準備金等含む)
事業内容: マーケティングDX事業、自動車産業DX事業
URL: https://nyle.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
ナイル株式会社 マーケティングDX事業 メディアテクノロジー事業部(担当:中村)
TEL:03-6409-6805
E-mail:lasela-media@nyle.co.jp

【本データの利用について】
1 データはご自由にご使用可能です。情報の出典元として、「LASELA」の名前を明記してください。
2 出典元として、以下のURLへのリンクを設置してください。
  https://nyle.co.jp/lasela/articles/30027072911
3 調査結果データについて、加工・改変は許可いたしません。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)