その他 美容・健康

1月8日、全心連ウクライナ「心のケア」交流センターが「関西ウクライナ避難民のための日本の年始と心のケア」を実施

一般社団法人全国心理業連合会
 日本で唯一の心理カウンセラーの業界団体である一般社団法人全国心理業連合会(東京都渋谷区、代表理事:浮世 満理子、以下「全心連」)が運営する全心連ウクライナ「心のケア」交流センターは、ウクライナ避難民が1人で年末年始を孤独に過ごすことのないよう、2023年1月8日、「関西ウクライナ避難民のための日本の年始と心のケア」を、日本財団のウクライナ避難民支援助成プログラムの支援を受け実施することになりましたのでお知らせします。



■背景・目的
 東京・渋谷の全心連ウクライナ「心のケア」交流センターでは、ウクライナから避難されてきた方々が日本で初めての年末年始を迎えるにあたり、誰一人取り残されないためにも、2022年12月30日から2023年1月3日まで、「ウクライナ避難民のための日本の年末年始と心のケア」を実施しました。期間中、65名のウクライナの方々が参加され、特に1人で避難されてきている方々からは、「家族のような時間を過ごすことができてよかった」という声を聴くことができました。孤独・孤立状況から来る自殺念慮への対策の意味でも、本来、家族とあたたかい時間を過ごす時期に、交流できる機会を持つことの効果を実感しております。
 孤独感を抱え、人と人とのつながりを求めている方が多い関西地域でも、安心し、心が休まる時間を過ごせるような取り組みが必要です。そこで、「関西ウクライナ避難民のための日本の年始と心のケア」を実施することになりました。2022年10月8日に実施した、「梅田スカイビル 空中庭園展望台での心の休日&ランチ交流会」と同様、食事や歌を通したウクライナの方々同士の交流と「梅田スカイビル 空中庭園展望台」の散策に加え、日本の年始を感じられるような機会を設けます。個別での心のケアが必要な場合には、「話を聴くプロ*(全心連公認プロフェッショナル心理カウンセラー)」がサポートします。
2022年12月30日~1月3日「ウクライナ避難民のための日本の年末年始と心のケア」の様子


■1月8日、「関西ウクライナ避難民のための日本の年始と心のケア」について
 当日は、梅田スカイビル商店街「レトロ食堂街 滝見小路」のお店を借りて開催します。ウクライナから避難されてきた方々には、ウクライナ料理や好きな料理を持ち寄っていただきます。食材費等は、全心連ウクライナ「心のケア」交流センターがサポートします。
 日本のお正月料理も持ち寄りなどで用意し、ウクライナの家庭料理と日本のお正月料理を楽しみながら交流を深めます。日本のお正月についてのクイズを行ったり、成人式を迎えるウクライナの方がおられた場合はお祝いをするなど、日本文化を理解するための試みも行います。交流会の最後は、ウクライナの伝統的な歌を聴いたり歌ったりすることで、一体感を高めます。
 その後、「レトロ食堂街 滝見小路」にある神社にお参りし、「梅田スカイビル 空中庭園展望台」を散策し、リフレッシュして2023年の新たなスタートをサポートします。

主催:一般社団法人全国心理業連合会
後援:一般社団法人プロフェッショナル心理カウンセラー協会
助成:公益財団法人日本財団
協賛:梅田スカイビル 空中庭園展望台
協力:株式会社アイディアヒューマンサポートサービス

実施日:2023年1月8日(日)12:00~16:00
場所:梅田スカイビル(大阪市北区大淀中1-1-88)
 12:00~ CAFFÈ PIAZZA DEL POPOLO(梅田スカイビル B1)での食事交流会
 14:30~ 神社でのお参りと、梅田スカイビル 空中庭園展望台にご招待
担当:在日ウクライナ人スタッフ、ウクライナ人・日本人ボランティア、話を聴くプロ(全心連公認プロフェッショナル心理カウンセラー)

※感染対策には十分、配慮をして行います(検温、アルコール消毒、換気など)。ご来場の方はマスク着用をお願いしています。

■全心連ウクライナ「心のケア」交流センターについて
全心連ウクライナ「心のケア」交流センター
 一般社団法人全国心理業連合会が運営する、日本の親子とウクライナの親子が気軽に交流でき、「話を聴くプロ」が心のケアも行える場所として、2022年5月2日に東京・渋谷、2022年5月13日に大阪・梅田にウクライナ交流センターが開設されました。ウクライナ避難民の方々が心の安らぎを得られる、安心できる場を設けることを目的とし、日本での困りごと相談・情報提供、日本の子どもたちとウクライナの子どもたちの交流、「話を聴くプロ」による心のケア・リラクセーションサポートを、一般社団法人プロフェッショナル心理カウンセラー協会後援、株式会社アイディアヒューマンサポートサービス協力のもと行っています。2022年8月1日より、名称を「ウクライナ「心のケア」交流センター」に変更し、心のケアメニューを拡充しています。

全心連ウクライナ「心のケア」交流センター ひまわり
URL:https://www.mhea.or.jp/ukraine-himawaricenter/
<東京・渋谷>
 開設日時:365日オープン(火曜・金曜10時から16時、土曜12時から15時には、在日ウクライナスタッフが常駐しています)
 場所:アイディアヒューマンサポートサービス ココロゴトSalon内
 https://www.idear.co.jp/school/school-info/?id=486#access
 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-9-10 KDC渋谷ビル1階
 050-3612-7559
 ukraine@mhea.or.jp
<大阪・梅田>
 開設日時:不定期
 場所:アイディアヒューマンサポートサービス 大阪梅田サロン内
 https://www.idear.co.jp/school/school-info/?id=490#access
 〒530-0057 大阪府大阪市北区曽根崎1-4-5 エステムプラザ梅田202号

■「話を聴くプロ*」とは?
話を聴くプロ(プロフェッショナル心理カウンセラー)
 「話を聴くプロ」とは、全心連が公認する心理カウンセラーの全国統一認定資格「プロフェッショナル心理カウンセラー」の有資格者のことです。現場で役立つプロの心理カウンセラーは、相談者の心の声を丁寧にお聴きし、寄り添い、受け止め、対話を通して心のサポートを行っていきます。相談者を知識で判断することではなく、相談者を受容し、まず、すべてを聴くことが大切であることから、プロフェッショナル心理カウンセラーの愛称として、「話を聴くプロ」という名前をつけました。
 プロフェッショナル心理カウンセラーは各団体で認定を出す心理カウンセラー資格とは違い、プロの心理カウンセラーとして必要な要素を検討し、社会人が心の専門家をめざすことを応援する資格として構築されました。心理学の知識や各種スキル、現場実習実績に加え、社会経験や倫理観、カウンセラー自身の自己成長といったものが総合的に判断されて取得することができます。

■団体概要
一般社団法人全国心理業連合会(全心連)
一般社団法人全国心理業連合会
 心理業の健全な発展と誰もが安心して心のケアサービスを受けられる文化の創造をめざして2010年12月16日に発足した心理カウンセラーの業界団体です。産業・災害対策・福祉等幅広い分野の第一線で活躍している心理カウンセラーや、心理カウンセリング、メンタルトレーニングサービスを提供する企業・団体によって運営され、統一認定資格の制度構築、不適切な基準や表現を行っていると思われる企業への是正勧告等を行っています。
 また、2011年からは、東日本大震災の震災ケアのために「TeamJapan300」というボランティアプロジェクトを立ち上げ、2022年3月まで、被災地において自治体への協力のもと、被災者に対する心のケアボランティア活動を継続して行いました。

<活動内容>
◇全国統一認定資格「プロフェッショナル心理カウンセラー上級・一般」、「ストレスチェックコンサルタント」の制度構築と運営
◇不適切な基準や表現を行っている企業/団体への是正勧告
◇被災地支援等ボランティアプロジェクト

団体名:一般社団法人全国心理業連合会
代表理事:浮世 満理子
所在地:東京都渋谷区渋谷1丁目11番3号3階
URL:https://www.mhea.or.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)