広告・マーケティング 美容・健康

入浴で4割以上が症状緩和、風邪とお風呂のアンケート調査結果

バスリエ
お風呂に関わる企画・開発・販売などを行うバスリエ株式会社(千葉県我孫子市、代表取締役:松永 武「以下、バスリエ」)が行なった、風邪とお風呂に関する調査結果をお知らせします。



風邪をひいてしまったときのお風呂、みなさんはどうしていますか?
お風呂が大好きで毎日入浴している人であれば、たとえ風邪をひいていても入りたい・・・!そう思ってしまうことでしょう。
バスリエでは、風邪のとき、みなさんはお風呂に入っているのか、またどんなことを入浴の判断基準としているのか、風邪とお風呂に関するアンケート調査を行いました。

【コンテンツの内容】
風邪のときは38℃がみんなの入浴判断基準!
入浴で症状悪化は1割、4割以上は良くなったと回答
“お風呂は良い”と思っている人が97%!



風邪のときは38℃がみんなの入浴判断基準!

そもそもみなさん、風邪をひいたときはお風呂はどうしているのでしょうか? まずはそこから見ていきましょう。


2割の人は風邪をひいても“入る”とのことでしたが、6割以上の人は“風邪の具合による”ということでその時々で判断していることが伺えます。では、具体的にどのような点を目安としているのでしょうか。


発熱時の入浴判断基準は38℃!
判断材料としてトップに上がったのは前述の通り“高熱を出しているかどうか“でしたが、では、みなさん何℃くらいを目安としているのでしょうか。

一番割合が高かったのが38℃で、34%の人がこのように回答しています。 確かに38℃以上は一般的にも高熱と言われる数値ですし、判断数値としては適切な値に思えます。ただし、38℃未満でも、人によっては風邪の症状が酷い場合もありますので、単純に体温だけを目安とするのではなく、その他症状などトータルで判断するようにしましょう。


入浴で症状悪化は1割、4割以上は良くなったと回答

どうなった?入浴後の風邪症状


風邪のときの入浴後の症状については、“変わらない”という人が約半数であったものの、“良くなった”という割合が“悪くなった”という人の4倍の割合とのことで、大差がつきました。 では、それぞれ、具体的にどう症状が変わったのかを見てみます。



トップに来たのは“寒気が緩和した”という症状。
お風呂の一番の効果はなんといっても“温浴効果”ですから、やはり多くのかたが実感しているところとなるのでしょう。 2位には“倦怠感が緩和した”と続きますが、こちらは、お風呂に入って全身リラックスしたことにより自律神経が整えられたことが影響するのではと考えられます。そして3位の“鼻づまりが緩和した”。 鼻づまりは鼻の中の湿度を高めることで緩和することができます。従ってお風呂に入り湯気を吸いこむことが、鼻づまり緩和に繋がっていると言えるでしょう。

症状が良くなったとしてトップに来たのは寒気・倦怠感・鼻づまりでしたが、悪化した側の回答を見てみると、こちらは1位の”熱が上がった”に続きこれら3項目が上がっています。 この結果を見てみると、必ずしも入浴することが症状緩和に繋がるわけではなく、そのときの風邪の具合やお風呂の入り方自体でも大きく差が出ると言えるでしょう。

みんなは何に気を付けてる?


トップに上がったのが“長湯しすぎない”。あまり長湯しすぎてしまうと体力消耗してしまうため、風邪のときには普段よりも短めの入浴にするようにしましょう。また、湯温を高くしすぎるのも同様に体力消耗の原因となりますので、39℃前後のぬるま湯に設定しましょう。 2位の水分補給・3位の浴室脱衣所を温めるもとても重要です。 水分補給は入浴前後に行い、脱水症状を起こさないよう気をつけましょう。また、湯冷めでは風邪悪化に繋がりますので、浴室・脱衣所は入浴前に温めておくこともポイントです。

以下ページで風邪のときの詳しい入浴法を記載しておりますので、是非参考にしてみてください。
https://www.bathlier.com/expand/o-recipe/ofuro-recipe/ofuro-recipe4/ofuro_recipe4_19.html#01


“お風呂は良い”と思っている人が97%!

最後に、入浴と免疫機能について、みなさんの考えを聞いてみました。


とても思う/やや思うトータルで97%と、殆どの人が入浴が免疫機能に良い影響を及ぼすと考えています。 あまり思わないが3%、全く思わない人は0%ですが、一方で入浴頻度を聞いてみると、あまり浸からない・シャワーのみという人が約18.5%という結果に。 頭ではお風呂は良いと思っていても、準備や掃除が面倒だったり、光熱費節約と考えてなかなか入りたくない…という方もいるのでしょう。

ここまで、みなさんの風邪発症時の入浴に関する考えを見てきましたが、軽度の風邪症状であれば入浴する人が多く、更に入浴により症状が緩和する傾向にあるということがわかりました。
ただし、自分では軽度と感じていても実は高熱であったり、入り方によっては悪化してしまったりもしますので、 健康なときと全く同じ入り方をするのではなく、入浴前の準備から入浴後までの保温・体温血圧チェックなど十分注意した上で入浴するようにしましょう。

本文はコチラから
https://www.bathlier.com/expand/o-recipe/survey/kaze_chousa.html

アンケートは引き続き行っています。
https://www.bathlier.com/expand/o-recipe/survey/kaze_chousa.html#04

【調査概要】
調査期間:2022年1月~2022年12月
調査主体:バスリエ株式会社
調査手法:インターネット
調査エリア:全国
調査対象:”風邪・熱と入浴”に関心の高い男女200名
有効回答数:200名


会社概要

■会社名 :バスリエ株式会社
■代表者 :代表取締役 松永 武
■設 立 :2008年8月1日
■所在地 :〒270-1176 千葉県我孫子市柴崎台11-7-20 BATHLIER
■TEL :04-7183-3252
■URL :https://www.bathlier.co.jp
■Email: info@bathlier.co.jp
■事業内容:浴用品の企画・製造・販売
■担当:虻川・金坂
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)