ネットサービス・アプリ 美容・健康

デジタル認知行動療法アプリ Awarefy は、「ぐっすり眠れるスキルが身につく」30日間プログラムをリリース

株式会社Awarefy
認知行動療法の中の「うまく眠れない悩みに対するアプローチ」に基づいて作成

デジタル認知行動療法アプリAwarefy(アウェアファイ)は、「ぐっすり眠れるスキルが身につく」プログラムをリリースしました。毎日30分以内のセッションを進めることで、眠れる生活習慣を身につけることができます。



■ プログラム開発の背景(※1)
日本人を対象にした調査によれば、5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」「何らかの不眠がある」と回答しており、多くの人が睡眠に関して課題感を抱えています。
また、うまく眠れない状態が生じる原因として「ストレス」や「生活リズムの乱れ」が挙げられますが、これらは多忙な現代人にとって切っても切り離せない要素であり、誰もが睡眠に関して悩む可能性があるといえます。

加えて、慢性的に眠れない状態が続く人は、「交感神経の緊張」「糖質コルチコイド(血糖を上昇させる)の過剰分泌」「睡眠時間の短縮」「うつ状態による活動性の低下」など多くの生活習慣病リスクを抱えています。

以上のように、睡眠の悩みは誰にとっても身近なものであり、かつ様々な心身の不調の入り口であることから、誰でも手軽にセルフケアに取り組めるアプリを目指すAwarefyとして、本プログラムを開発するに至りました。

※1:厚生労働省「e-ヘルスネット」より https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/


■「ぐっすり眠れるスキルが身につく」プログラムとは
本プログラムは、認知行動療法の中の「うまく眠れない悩みに対するアプローチ」をベースに開発しています。

Awarefy は2020年のリリースから一貫して、認知行動療法を実践できる各種機能の開発を行って参りました。そのため睡眠習慣の改善においても、Awarefyの機能を活用しながら、認知行動療法的アプローチを提供することが可能です。

<こんな方におすすめ>
・布団に入っても眠れなくて困っている
・なかなか寝付けない日々が続いている
・途中で目が覚めて寝付けないことが多い

※本プログラムは、治療や心理療法を提供する等、疾病の診断、治療、予防を目的とするものではありません。通院中のかた、カウンセリングを継続中のかた、治療中のかた、服薬中のかたは、あらかじめ主治医や心理士などの専門家の許可を得た上で、ご自身の責任においてご利用ください。


<プログラムの3つの特徴>

1ヶ月の実践で「うまく眠れない悩み」にアプローチし、眠れる生活習慣を獲得していきます。

本プログラムは眠れない悩みに対する認知行動療法をベースに作成しており、3つの視点からアプローチしていきます。

日々のセッションを進めていくことで、睡眠に関するあらゆる知識を学ぶことができます。


■ 1/12 開催 特典付きリリース記念イベントのお知らせ


今回のプログラムリリースを記念して、プログラムの開発の心理学的背景や、実際の使い方をレクチャーするイベントを行います。

また、ご参加いただき、1ヶ月のプログラムを完遂した方にはアマゾンギフト券2,000円をプレゼントいたします。この機会にぜひご参加ください。


イベント詳細と申込はこちら:https://program2301.peatix.com/



■ デジタル認知行動療法アプリ「Awarefy(アウェアファイ)」とは


Awarefy は 「心をケアするスキルが身につく」デジタル認知行動療法(※2)アプリです。

誰にでも起こりうる「心の不調」に備えるためのセルフケアを、日常の中で手軽に実践できます。

自己理解を深める感情や調子のグラフ化、ネガティブ思考をやわらげるマインドフルネス瞑想、ストレス対処のコーピングリストなど、さまざまな機能を提供しています。

※2:認知行動療法とは、生活の中で起きている困りごとに対して、主に考えや行動に働きかけることで、問題解決を目指す心理療法です。

ストアURL

https://awarefyapp.onelink.me/rTTt/lrh2rebw


Awarefy Webサイト

https://awarefy.app/?utm_campaign=program_release_2301



■ 株式会社Awarefyについて


株式会社 Awarefy は、「心の健康を支えるデジタル・メンタル・プラットフォームを実現する」をミッションに、デジタル認知行動療法アプリ「Awarefy」 の企画・開発・運営を行っています。
今後、Awarefy を通じてユーザーに価値を提供するべく、アプリの機能拡充にとどまらず、さまざまな事業展開を行ってまいります。

*Webメディア「ニューロマインド」では、臨床心理士や医学博士といった専門家による、学術的なインタビュー記事も多数掲載しています。(テーマ例:社交不安症、不眠、PTSD、HSP、ASD、依存症 など)


脳と心のメンタルウェルネス・マガジン「ニューロマインド」:https://neuromind.jp/


*Webメディア「みんなのうつ病体験記 - みんうつ」では、うつ病をはじめとした心の病から寛解・回復した方の体験談を集め、掲載しています。

みんなのうつ病体験記「みんうつ」:https://minutsu.com/



■ 本件に対するお問い合わせ先
株式会社Awarefy 田中
Email:support@awarefy.app
URL:https://awarefy.app/
企業URL :https://awarefy.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)