医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

テレビを使ったオンライン診療サービス「J:COMオンライン診療」オンライン服薬指導機能の提供開始のお知らせ

株式会社トモズ
株式会社トモズ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:徳廣英之)は、JCOM株式会社(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩木 陽一)が、遠隔医療サービス「J:COMオンライン診療」のオンライン服薬指導機能として2023年1月10日(火)より「おくすり受け取りサービス」の提供を開始することを受け、同機能の提供薬局の一社として、168店舗にてサービス提供を開始します。



「J:COMオンライン診療」は、ご家庭で普段から利用されているテレビに、J:COMが開発したアプリを搭載したSTB(CATVチューナー機器)を接続し、医療機関向けの国内主要オンライン診療システムを提供する株式会社MICINのオンライン診療サービス「curon(クロン)」を経由して診療が受けられるサービスで、テレビ画面上で、医療機関の診察予約から問診、WEBカメラを通じて診察などが受けられ、その後、薬局からオンライン服薬指導を受けることにより、ご希望に応じて処方薬をご自宅まで郵送することが可能となります。

<おくすり受け取りサービスの利用イメージ>

※処方薬の受け取りは配送、薬局での受け取り、どちらか選択可能

当社では「医療の一端を担う小売業としてお客様の健康で豊かな生活に役立つ、かかりつけ薬局を目指す」の企業理念の下、患者様の生活様式に寄り添った処方薬のご提供を目指し、J:COMが提供するテレビ画面を通じた新しいオンライン服薬指導の取組みに提供事業者の一社として参画することとしました。

今後もお客様、患者様のニーズに合わせたサービスの開発・提供に努めてまいります。

【About トモズ】
首都圏を中心に展開する調剤併設を基本としたドラッグストアです。
お客様の健康で豊かな生活に役立つ『かかりつけ薬局』を目指します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)