医療・医薬・福祉

エスアールエルによる高感度プロテオーム解析「Olink(R) Explore 3072」の受託サービス開始について

H.U.グループホールディングス株式会社
 当社の連結子会社である株式会社エスアールエル(代表取締役社長:東 俊一、本社:東京都新宿区、以下「SRL」)は、このたび、オーリンクプロテオミクス株式会社(CEO:Jon Heimer、本社:スウェーデン)が開発した高感度プロテオーム解析※1「Olink(R) Explore 3072」の研究受託を開始しましたのでお知らせします。


「Olink(R) Explore 3072」は、微量の血漿・血清から約 3,000 種類のヒトタンパク質を迅速に測定することが可能であり、マルチオミクス解析※2のさらなる進展に寄与することが期待されます。

 SRLは、本解析サービス開始により高度で信頼性の高い検査サービスの提供を一層強化すべく、今後も取り組みを続けてまいります。

 本件の詳細については、SRLのプレスリリースをご覧ください。
 https://www.srl-group.co.jp/assets/pdf/news/media/20230110_news.pdf


※1「プロテオーム(proteome)」とはprotein(タンパク質)とome(全体)を組み合わせた造語であり、ゲノムが一個の生物の持つ全ての遺伝情報を指すのに対し、プロテオームは、細胞内で発現している(発現する可能性をもつ)全タンパク質のことを指し、プロテオーム解析(プロテオミクス)とは生物のもつタンパク質の構造や機能を網羅的に解析することを意味する。

※2 マルチオミクスとはMulti(多数の)とOmics(オミクス)を組み合わせた造語であり、オミクスとは生体分子を網羅的に解析することを意味する。オミクスはDNA、RNA、タンパク質、代謝物などが対象となり、それぞれ遺伝子解析(ゲノミクス)、RNA解析(トランスクリプトミクス)、蛋白質解析(プロテオミクス)、代謝物解析(メタボロミクス)と呼ばれる。マルチオミクスは、それらの解析を組み合わせ、複数の分子種を包括的に調べることを意味する。


<注意事項>
・本解析サービスは、研究を目的としたサービスです。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。
・本ニュースリリースを含む当社のニュースリリースに記載されているサービス、医薬品、医療機器の情報は、当社の経営情報の開示を目的とするものであり、それぞれが開発中のものを含むいかなるサービス、医薬品、医療機器の宣伝、広告を目的とするものではありません。

                                                 以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)