医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

スターティアウィル 障がい者雇用促進セミナーレポート Vol.5 《就労移行事業所リンクス 編》

スターティアホールディングス株式会社
スターティアウィル株式会社(本社:千葉県、代表取締役: 西田博)の取締役 飯田和一が、就労移行事業所リンクスより一昨年に続きご用命いただき、講師として登壇。就労を希望されている障がい者の方々にご参加いただきました。採用面接などへの苦手意識をできる限り払拭し、就職を成功へと導くための秘訣を対面でお伝えしたほか、実際に面接の練習もおこないました。    《スターティアウィル株式会社は、スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都、代表取締役:本郷秀之、証券コード:3393)の特例子会社です。》





■障がい者雇用促進セミナー概要
・テーマ:「就活そして就労へ」「面接を成功させるためには」
・日時:2022年10月27日(木)13:00~17:00
    2022年12月19日 (月) 10:00~17:00
・主催:就労移行支援事業所リンクス
    10月27日(木)船橋センター・千葉センター合同
    12月19日(月)柏センター・松戸センター合同
・登壇者:スターティアウィル株式会社 取締役 飯田和一
・開催方法:対面(一部オンライン)
・参加人数     :27名(2回合計)

■講演内容
「就活・そして就労へ」というテーマのもと、飯田からは、障がい者を雇用する一企業の立場で、就活や就労における“障がい者側の心構え”をお伝えしました。特に、障がい者にとって重要な“障がいの受容と発信”や“継続就労”などについて詳しくお話しさせていただいたほか、コミュニケーションへの苦手意識やストレスを強く感じやすい特性により面接を負担に感じる方が多いことから、「採用面接を成功させるためには」という講話に加え、希望者には面接の練習もおこないました。
セミナー終了後には、個別に相談をしたいという参加者のご要望を受け、別室にてお話をお聞きし、具体的なアドバイスをさせていただきました。

・当社ではセミナーを通したバックアップだけではなく、当社における実際の面接でも、結果のみならず面接シートの公開や内容をご本人へフィードバックしています。ヒアリングやアフターフォローにより、今後の就活、継続勤務にも生かせる、有意義な情報の提供、サポートに努めています。


■研修後のアンケートより
アンケートでは以下のようなお声を頂戴しています。

「就活に関する色々な疑問が解消し、今後の活動がやりやすくなったと感じています。」

「講師の飯田さんがご自身の体験も踏まえて、一生懸命に話をして下さり、ありがたかった。」

「最近の障がい者雇用の変化を知らなかったので、大変ためになりました。」

「面接との向き合い方や、自分自身の職歴の話の仕方が今後の役に立ちそうです。」

「質疑応答の時間が十分あり、また、セミナー後に面接の練習もできたので、とても勉強になりました。」

「これからの自身の就労に向けての心構えや、今、身に付けておくべきことは何かを考えさせられました。決められた時間の中で順位付けを見直すきっかけを与えて頂けたように感じます。」


就労移行支援事業所リンクス(千葉県・埼玉県)
就労移行支援事業所リンクスは、障がいをお持ちの方の就職を支援する機関です。
一人ひとりに合った個別の訓練プログラムを組むことで、効率的に就職活動をサポートしています。
リンクスの強みは、個別指導塾の運営で培った《教育ノウハウ》、アプリやWeb開発を行う《IT事業のノウハウ》。これらのノウハウを訓練プログラムに活かすことで、一人ひとりに合った、多岐にわたる分野の訓練を実現します。
・就労移行支援事業所リンクス ホームページ  https://links-service.jp/

スターティアウィルが実践する成功のノウハウ
 スターティアウィルは、精神障がい者の方を中心に雇用し、主に当社グループの委託業務として書類や文書のデータ化やBPO※業務の受託業務をおこなっています。障害種別で比較すると、精神障がい者は体調やメンタルの不安定さから最も離職率が高く、雇用管理が難しいといわれています。 そのような中、スターティアウィルでは独自のマネジメント体制を構築することで、精神障がい者の出勤率を大幅に上げることに成功。定着率も2011年から10年間にわたり、93%という、非常に高い数字を保っています。
さらにスターティアウィルでは、もうひとつの課題となっていた精神障がい者の生産性にも着目。RPAやAI-OCRなどのITツールを活用することで、生産性を飛躍的に向上させました。
 スターティアウィルのこれらの《従業員の高い定着率》と《生産性の高い障がい者雇用》の実績は、各方面から高い評価をいただいています。
※ BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)=業務プロセスの一部を一括して外部専門業者へ委託すること

登壇者プロフィール


スターティアウィル株式会社 取締役 飯田和一 (いいだ わいち)
1961月11月12日東京生まれ。
大学卒業後、教育業界で講師や人事を務め、2008年スターティア株式会社の人事総務に携わる。2010年に高血圧症と不安症で半年休職、復職後、2011年障がい者雇用の責任者を任され、2017年スターティアウィル株式会社設立と共に取締役に就任、障がい者雇用の促進の活動で各方面から高い評価を受ける。

■スターティアウィル株式会社について https://www.startiawill.co.jp/
スターティアウィルはスターティアホールディングスの特例子会社として、2017年7月3日に設立、現在は従業員  12名(精神障がい7名、身体障がい5名(重度2名))で、主にスターティアホールディングスグループのデータ入力業務受託・業務請負を行っています。自社の障がい者雇用だけではなく、企業や就労移行事業所に通所する障がい者向けに、就労に役立つ情報提供をセミナーや座談会を通じてこれまで50回以上おこなっています。今後も、自社の雇用に真摯に取り組むのはもちろんのこと、就労支援機関、就労移行事業所、ハローワークなどと連携を図り、自社のみならず障がい者雇用をより一層推進し、社会に貢献してまいります。

会社名:スターティアウィル株式会社
所在地:千葉県千葉市中央区栄町36-10甲南アセット千葉中央ビル8階
代表:代表取締役社長 西田 博
事業内容:スターティアホールディングスグループのデータ入力業務受託・業務請負、
障がい者雇用のコンサルティング

■スターティアホールディングス株式会社について  https://www.startiaholdings.com/
スターティアホールディングスグループは、デジタルマーケティング(事業会社:クラウドサーカス株式会社)とITインフラ(事業会社:スターティア株式会社、スターティアレイズ株式会社、C-design株式会社、等)を通じ、中小企業のデジタルシフトを進めていきます。「最先端を、人間らしく。」をコーポレートスローガンに、デジタル技術やサービスを、分かりやすく寄り添って提供します。

会社名:スターティアホールディングス株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
代表者:代表取締役社長 兼 グループ最高経営責任者 本郷秀之
設立:1996年2月21日
上場取引所:東京証券取引所 プライム市場(証券コード:3393)
事業内容:グループ会社の経営管理等

◎ニュースリリース、決算情報など、IRに関する新着情報をメールにてお届けいたします。
ご希望の方は、以下のフォームに必要な項目を入力のうえ、送信ボタンをクリックしてください。


IRメール配信新規登録フォーム
https://www.startiaholdings.com/inquiry/deliveryregistration.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)