医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

【長野高専】「Card to Speech」AT機器開発体験ワークショップ開催!

独立行政法人国立高等専門学校機構
支援技術(AT)に関する機器の開発体験ワークショップを令和5年2月18日(土) 県立長野図書館にて開催

独立行政法人国立高等専門学校機構 長野工業高等専門学校(長野県長野市 校長:江崎尚和 以下「長野高専」)は、カードをかざすと発話する「Card to Speech※1」を製作する「支援技術(AT)に関する機器の開発体験ワークショップ」を、県立長野図書館3階 信州・学び創造ラボ にて開催致します。



目的・概要

 本イベントは、支援技術(AT)に関わる人財育成を目的とし、長野高専が参画するGEAR(ギア)5.0※2プロジェクトの一環として、当事者・支援者・関係者が集まる協働の場作りを推進します。地域の関係者と連携して、ATに関するワークショップを開催し、様々なニーズの解決策につながる支援機器の製作を行います。
 今回は、カードをかざすと発話する機器「Card to Speechの製作」がテーマとなっています。

ワークショップ製作の様子



開催概要

イベント名 :AT機器開発体験ワークショップ ~「Card to Speechの製作」~
開催日時  :令和5年2月18日(土) 13:00-16:00
会場名   :県立長野図書館3階 信州・学び創造ラボ(長野県長野市若里1丁目1−4)
所在地URL : https://www.knowledge.pref.nagano.lg.jp/info/access.html
参加者   :支援技術(AT)に関わる当事者・支援者・関係者など
人 数   :先着10組(1組あたり最大2名まで)
製作物   :「Card to Speech」(参加費無料)
持ち物   :特になし
主 催   :長野工業高等専門学校
協 力   :長野県教育委員会、長野県社会福祉協議会


申し込み方法



 右のQRコードまたは下記のURLからお申込みフォームにアクセスして必要事項をご記入くだい。      
 ※申込期限【令和5年2月2日(木)】
 ※先着順のため定員(10組)になり次第締め切らせていただきます。
 ※リンクが開けない場合は、こちらのメール宛てにご連絡ください(⇒gear_v@nagano-nct.ac.jp)。

お申し込みフォーム:https://forms.gle/FpAYExufLTceduQY8


※1 Card to Speech
 Card to Speech は、予めカードに話したい言葉を記録しておき、利用者がそのカードを機器にかざすと、カードに記録されている言葉を利用者の代わりにしゃべってくれる機器です。
 この機器は、「人前で話すのが苦手な人」や「発話することが難しい人」などに使ってもらいたいという思いか制作されました。
 カードに記録できる言葉は、およそ20文字までになります。

・Card to Speech – YouTube
 ⇒ https://youtu.be/zupcnwio8c0


※2 GEAR5.0プロジェクト
 GEAR 5.0は、国立高専機構及び国立高専が「Society5.0未来技術人財」育成事業の一環として令和2年度から取り組んでいる事業です。令和5年1月現在、「マテリアル」「介護・医工」「防災・減災・防疫」「農林水産」「エネルギー・環境分野」の5分野が対象となっています。このうち「介護・医工」分野では「持続可能な地域医療・福祉を支えるeAT-HUB(イーエーティ・ハブ)構想※3とAT技術者育成による共生社会の実現」をテーマに、熊本高専を中核拠点校、長野高専を拠点校とした事業が令和2年度から行われています。


プロジェクトHP
 ⇒ https://www.nagano-nct.ac.jp/research/gear5/

GEAR5.0プロジェクトについて
 ⇒ https://www.kosen-k.go.jp/Portals/0/gakumu/Society50_KOSEN_GEAR5.0.pdf


※3 eAT-HUB構想
 支援技術(AT)の対象を心身機能の障がいに留めず、障がい者を取り巻く環境や社会にも広げることで、共生社会の形成を支援する構想。GEAR5.0プロジェクトの拠点校を設置し、全国高専のネットワークを通じて実現を目指す。


長野工業高等専門学校について

 長野工業高等専門学校は、深く専門の学理、技術を教授し、職業に必要な能力を育成することを目的として、昭和38年(1963年)4月に開校しました。卒業生は9,000名を超え、理工系の早期一貫教育を行う高等教育機関として産業界等から高い評価を得て今日まで発展してきました。また、近年では複数の工学分野を融合させて問題解決する場面も多く、分野横断的に工学を学ぶ必要性が高いため、そのニーズに応えるべく令和4年(2022年)に従来の5学科が「工学科」の1学科に再編されました。

【学校概要】

学校名:独立行政法人国立高等専門学校機構 長野工業高等専門学校
所在地:長野県長野市徳間716
校長名:江崎尚和
設立:1963年
URL:https://www.nagano-nct.ac.jp/
事業内容:高等専門学校・高等教育機関


【本リリースに関するお問い合わせ先】
独立行政法人国立高等専門学校機構 長野工業高等専門学校
総務課研究協力・産学連携係
TEL:026-295-7134 

(お申し込みに関すること)
TEL:026-295-7577
Email:kenkyu@nagano-nct.ac.jp


~2022年度、高等専門学校制度は創設60周年を迎えます~
https://www.kosen-k.go.jp/Portals/0/60th/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)