ネットサービス・アプリ 自然・環境

仙台市民が健康に加え脱炭素の意識向上へ / スマホアプリ「SPOBY脱炭素ウォーク」2023年1月16日スタート

株式会社CUVEYES
株式会社CUVEYES(東京都中央区 代表取締役 夏目恭行、以下「当社」)は、スマートフォンアプリ「SPOBY」の仙台市コミュニティを2023年1月16日(月)よりサービス開始することを発表します。



仙台市民が一丸となり地域の健康と脱炭素を推進します

仙台市民は普段のウォーキングで付与されるポイントや乗り物の代わりに歩行・自転車移動をした際に付与される脱炭素ポイントで協賛企業(大塚食品・菅野食品・セントラルスポーツ・ルネサンス・アキレス・ヤマモリ)の商品を抽選で受け取ることができます。
市民が楽しみながら参加することで、健康活動・脱炭素活動を推進します。アプリには日毎の歩数や脱炭素量を表示できるので、自分の活動量を把握することが可能で、「以前より歩数が増えている」「この移動が脱炭素に繋がった」という気づきを得られ、健康・脱炭素への意識の醸成につながります。

仙台市コミュニティはこちらから
URL:https://spoby.jp/plus/community_area/sendai/index.html
※コミュニティには本日15時より入ることが可能です。

※本事業は仙台ヘルステックコンソーシアム採択事業です。
URL:https://www.sendai-healthtech.com/news/detail---id-19.html


SPOBYについて


「SPOBY」は、本来乗り物に乗って移動すべき距離区間を歩行または自転車で移動したときの二酸化炭素抑制量を計算し可視化する唯一のアプリサービスです。
2022年末に公開された法人版では 従業員の勤務時間における脱炭素量やリモートワーク時の排出抑制量をスコア化し、環境パフォーマンスデータ(スコープ3カテゴリ7)におけるCO2オフセット量の算出を可能とします。
人の活動量増進に繋がるため、「脱炭素」だけでなく「健康」にも寄与するソリューションツールとなります。



組織体の活動量、脱炭素量のデータをタイムリーに可視化


アプリで測定された活動量や二酸化炭素排出抑制量のデータは、タイムリーに集計され、管理画面上に表示されます。それにより、環境負荷改善への目標設定、定期的な見直しが可能となり、環境保全活動に対する質を向上させることに繋げられます。


【サービス概要】
サービス名:SPOBY(スポビー)
アプリ対応機種 :iOS/Android
サービスURL:https://spoby.jp/index.html
E-Mail:info@spoby.jp

【株式会社CUVEYES について】
CUVEYES(キューヴアイズ)は、スマホアプリの力で、SDGsの実現を目指す企業です。
代表者名代表取締役 最高経営責任者 夏目 恭行
本社所在地:東京都中央区日本橋横山町6-14 日本橋 DMビル 5階
事業内容:健康増進・脱炭素推進・地域活性事業
URL:https://cuveyes.com/index.html

【仙台市の健康づくりの取り組み】
仙台市では、「第2期いきいき市民健康プラン」に基づき様々な健康課題解決に向けて取り組んでいます。また、ITを用いたヘルスケア領域の課題解決を通してビジネスの創出を支援する「HealthTech(ヘルステック)推進事業」に取り組んでいます。

【問合せ・取材申込】
仙台市健康福祉局 健康政策課 千葉、飯間、岩上 022-214-3894
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)