広告・マーケティング ビジネス・コンサルティング

『 1/18(水)  シニアが「ついやってしまう習慣」は?|ヴァリューズ×リクシス共催 』セミナー開催のお知らせ

株式会社リクシス
株式会社リクシス(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木裕子、以下リクシス)は、株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下ヴァリューズ)と標題の通り無料オンラインセミナーを開催致します。 シニア向け市場開拓を推進されている企業経営者様・事業責任者様、今後拡大することは分かっているのに、市場開拓のスピードがなかなか上がらない、ターゲットが見えない、ニーズがいまひとつ見えてこない、とお感じの方に、ご覧いただきたい内容です。 ぜひこの機会にご参加ください。




少子高齢化が進み、4人に1人が高齢者となった日本市場において、シニアの消費ニーズをどう捉えるかが重要になっています。

今回のセミナーでは、まずリクシスの調査結果から、シニアが「いま」習慣的にしていること、ついやってしまうことを読み解き、消費者としてのシニアの特徴をご紹介します。

後半はヴァリューズ様から、直近の数年のシニアのスマホ利用に着目して、「ゲーム」「VOD」「コミック」といった、従来シニアが行わないと思われていた消費がどのように変化しているかから、「これからのシニア」についての展望をお知らせします。

■このような方におすすめです

・シニア向けのマーケティングに関わっている方
・シニアのウェブ行動について理解を深めたい方

【セミナー内容】

・シニアの生活実態や習慣、ついやってしまうような習慣
・シニアのウェブサービス利用のここ数年の変化

【開催日時】
2023年1月18日(水)14:00~15:00

【視聴方法】
Zoomウェビナーを利用いたします。
詳細はお申し込み後、開始までにご連絡いたします。

【受講料】無料

【参加対象】シニアマーケティング担当者 ※同業他社様はお断りする可能性がございます。

-------------------------------------------------------------------

お申込みは下記リンクからお願いたします。
https://www.valuesccg.com/seminar/20221227-5471/

-------------------------------------------------------------------


【注意事項】
※ 競合他社様のご参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。
※ 講師は、断りなく急遽変更になる場合がございます。


【共同主催】株式会社ヴァリューズ、株式会社リクシス

【講師紹介】
木場 猛
株式会社リクシス CCO(Chief Care Officer)

介護福祉士。東京大学文学部卒業。2001年の在学中から現在まで20年近く、現場の介護職として在宅介護に携わる。2018年株式会社リクシスに参画。介護を続ける中で学んだことは、雨が降ったら傘をさすように困った時には当たり前に支えがある社会づくりの必要性。

竹久 真也氏
株式会社ヴァリューズ ソリューション局 マネジャー/マーケティングコンサルタント

東京大学を卒業後、2014年にヴァリューズに入社。日用品メーカー、求人メディア、マンションデベロッパー、自動車メディアをはじめ、多様な業界についてのマーケティングリサーチを経験。課題の発見、調査案の策定、分析の実施から施策の改善提案まで幅広いコンサルティング業務を担いつつ、社内の技術向上の取り組みにも携わる。


【株式会社リクシスについて】
「超高齢化時代に、『すべての人の物語』が輝く世界を。」をビジョンに掲げ、仕事と介護の両立支援クラウド「LCAT」の提供、企業のシニア市場進出、シニア市場での事業創造を支援しています。
詳細は https://www.lyxis.com/ をご覧ください。


【株式会社ヴァリューズについて】
株式会社ヴァリューズは、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、新たな市場価値の創造をサポートする、事業成長支援企業です。250万人規模の一般インターネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を活用したサービス提供のほか、経営課題のコンサルティングから、課題解決、販売促進の支援まで、独自のノウハウとソリューションで多くの企業を支援しています。
詳細は https://www.valuesccg.com/ をご覧ください。


お問い合わせ先:
シニアビジネス創造支援事業:research@lyxis.com
シニアビジネス創造支援事業について:https://www.lyxis.com/service/#research
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)