美容・健康 医療・医薬・福祉

【ふるさと納税】表情筋トレーニング器具「パタカラ」と鼻呼吸補助器具「HANATAKA」が東京都三鷹市ふるさと納税の返礼品に登録されました!

株式会社パタカラ
マスク生活で表情筋の衰えが気になる方、口呼吸になってしまう方に朗報!!

誰でも自宅で気軽にできるとSNSで話題の「パタカラ」と「HANATAKA」が、ふるさと納税のお礼特典に追加されました!美容だけでなく健康や老後の悩みまで解決◎





日本の人口ピラミッドは高齢化の更なる進行を示しています。青年が老人の介護をする福祉のあり方でなく、各人がそれぞれ老化防止できる器具を使って労働力不足を補う事を暗示しています。
生命活動根本のミトコンドリア活性と身体に指示を下す、脳機能活性化が必須です。老化を防ぐには吸気増量と脳血流の活性化です。その為にパタカラとハナタカを作りました。障害ある高齢者が自律生活維持する為の補助機器具が、ふるさと納税返礼品に採用された理由が納得です。勿論、年齢と無関係にハナタカもパタカラも使えます。ハナタカは呼吸改善に即効性、パタカラは構音・摂食・嚥下機能と対象が広がり、やや遅効性です。即効と遅効の器具併用が使用者の老化防止のモチベーションを継続します。





誰もほんの少しの空気摂取量不足が、疾病やストレス原因だとは思いもよりません。聞いて下さい。呼吸筋は弱い筋肉です。呼気速度を常に速めて気管口径を中から押し広げていないと、睡眠中に脳からの活動指令低下で、気管を取り巻く組織から押し潰され、通り難くなります。常に吸気速度を速めてないと肺迄届きません。脳組織には多量の酸素を含んだ血液が必須です。それなのに、毎晩の僅かな酸素量不足継続はミトコンドリアの活動に異常を来し、更に、絶え絶えの呼吸なら組織全体迄も傷付けます。

TCAサイクルの正常活動の為に酸素摂取増量が必須です。吸気量確保に気道口径保持を保てれば熟睡出来ます。呼気確保の工夫が副産物を生みました。それは鼻軟骨を上方に押し上げていると鼻部付近の表情筋に波及する種々の美容効果です。呼吸は鼻から始まります。呼吸筋の衰えが老化の1丁目1番地。口呼吸は舌弛緩の典型で、子供は歯列不正、大人ならイビキで始まる生活習慣病を止められません。ハナタカより遅効的でも、活性化すべき対象筋群が増えるパタカラは構音・摂食・嚥下機能と生命活動には呼吸に次ぐ大事な機能です。両者の組み合わせは生命維持に大事で、共に甲乙付け難く併用(同時使用不可)で安心です。





生命体は別々の能力を持った者が合体して一になった物です。不足気味の呼吸を補助するハナタカと脳機能を活性化補助するパタカラとの併用は、1つの器官でも多種の機能の協調作用と同様に、1+1=2の効果が、5にも10もの効果として現れます。構音・摂食・嚥下機能を維持すれば誤嚥も防ぎ、自身の身の介護は誰にも迷惑を掛けない事を意味します。

歳を取っても自分の事は自分で実現できると言うのが全ての高齢者の理想です。私の尊敬する元行政の方は「年寄りは自分で建てた家の天井を見ながら亡くなるのが理想です。」と私に教えて下さいました。非常に意義深い言葉と感じました。脳が正常活動出来ていれば、ある程度の思考も意思伝達も出来るからです。容易に意思伝達が可能になると、少数の介護人で沢山の高齢者が満足するお世話ができるからです。普及する事を願って已みません。


株式会社パタカラ
代表取締役
歯学博士 秋広良昭


追記


容易に使えると最良の薬剤となるNO          
はじめに

酸化窒素NOと言う不老不死に繋がる夢の物質があります。普段血管の内皮細胞で普通に作られても、この寿命に当たる半減期が僅か3~6秒と短命です。心疾患で応用されるニトロの様に薬理効果が顕著でも、いつ何時生じるか分からぬ医療現場では保存が短いと不向きです。常にNO製造現場と治療現場が隣接せねばなりません。薬剤の有効性が判明しても応用に難題があります。今、医学界では喘息にターゲットを絞りNOの研究開発努力中です。興味ある事に、ドイツ救急医療専門雑誌に、喘息でのサイトカインストームの挑戦に体外式模型人工肺エクモを考えていた様で、COVID-19もNOで予防・治療できるかどうかと提案がありました。全て、半減期3~6秒の壁に阻まれ上手く行かなかった様です。

内皮細胞が弛緩時にNOが生まれ、血管収縮時、細胞膜を透過して排出されます。スウエーデン医学会では鼻歌を歌うとNO濃度が10%上昇すると、鼻歌を奨励しています。鼻腔全体となると、鼻腔体積から有効性に疑問です。NOの薬理効果は次の様です。1.平滑筋を弛緩、2.ウイルス・細菌の殺菌作用、3.血小板抗凝縮作用、4.細胞若返り作用が知られます。

酸化窒素NOを無尽蔵に供給

血管が膨らむ時にNOは内皮細胞で作られ、血管収縮した時に生まれたNOを放出します。恰も血管が人工呼吸を受けるかの様に、血管への陽圧と陰圧を交互に掛けると、血管膨張と収縮の繰り返し運動でNOは供給製造されて、健康維持へと無尽蔵に供給されております。「圧が逃げないで繰り返し確実に係る」最適地候補は骨で囲まれた副鼻腔です。副鼻腔と鼻腔は自然孔の細長い曲りくねったトンネルで繋がっています。入口と出口で気圧が違えば圧の違いでNO生成に最適です。気圧変化が思考停止状態の私にヒントをくれました。

トンガ海底火山噴火がヒント

昨年、地球各地の広範囲で地震もなしに津波が起きました。トンガ海底火山噴火による気圧変化で生じた衝撃波の塊り大気が通過する際、上下した気圧変化で次々と海面が上下した結果です。地球のダイナミズムが私にNO生成メカニズム解決のヒントをくれました。

呼吸+ハナタカ使用が副鼻腔内毛細血管の膨大・減圧に影響

平均的呼吸圧ならば副鼻腔内の毛細管口径の変化は平気的です。ハナタカで早められた吸気が衝撃波として鼻腔上部の副鼻腔の自然孔上面を通れば、副鼻腔内圧は影響大で萎み、反対に、正常に戻れば毛細血管はNOを作り乍ら血液の陽圧で膨らみます。副鼻腔から排出されたNOは3~6秒で肺胞や口腔迄届きサイトカインストームの消炎繰り返しが可能です。

むすび

1日中、呼吸は無意識で、誰でも酸素吸収の為に動き続けます。ハナタカ使用で酸素摂取増加は1石2鳥です。NO簡易測定器で測定すると健常者がハナタカ使用で50ppb迄増えます。NOの有効性が広がれば季節の変わり目の花粉症や風邪等へのマスクの使用も変わり、地震や台風等での避難所で見られるエコノミークラス症候群も予防できます。高血圧症や脳血管疾患に効果があるので医療費の増加も抑制されるでしょう。

秋広良昭


▼ふるさと納税はこちらから▼
ふるさとチョイス https://www.furusato-tax.jp/city/product/13204
楽天市場ふるさと納税 https://item.rakuten.co.jp/f132047-mitaka/c/0000000010/


▼購入はオンラインショップから▼
パタカラ公式 https://www.patakara.com
Amazon、楽天市場、Yahoo!直営店でも販売しております。


▼使用者の声(アットコスメ)▼
https://www.cosme.net/brand/brand_id/15341/top


▼使用方法動画▼

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)