美容・健康 広告・マーケティング

韓国で300万本以上売れた、白髪が染まる世界初のシャンプーMODAMODA(モダモダ)がついに日本上陸!

株式会社ティーエイ
2023年1月より公式サイトおよび各種モールにて販売開始



株式会社ティーエイ(東京都目黒区、代表取締役:小関匠)は、2023年1月より”白髪が染まる世界初のシャンプーMODAMODA(モダモダ)”の販売を開始致します。

今までの白髪染めの概念を覆す、韓国で累計販売300万本※以上のメガヒット商品です。

本商品は、ポリフェノール研究・開発(R&D)を通じて作り出した「世界初の染色効果シャンプー」※です。

バナナが空気中に長く触れると茶色から黒色に変わる原理から着想を得て、独自成分ブラックC5を開発。染色剤ではなくシャンプーだけを使用しているにもかかわらず、白髪が黒褐色に変わります。

公式サイト:https://modamoda.co.jp/
楽天販売サイト:https://item.rakuten.co.jp/mediamart/modamoda_300g/
※2021年8月~2022年5月初めまでのメーカー出庫基準
※KAISTとの共同開発により開発した褐変現象を利用した成分「BLACK C5」を利用した染色シャンプーとして、2022年1月時点で世界初の商品(自社調査)



MODAMODA(モダモダ)の商品特徴





韓国科学技術の宝庫、「KAIST」と7年かけて独自開発した植物由来着色成分「ブラックC5」を配合し、白髪を4週間で自然な黒髪へ染め上げます。

バナナやリンゴが空気中の酸素に反応して徐々に黒くなっていく原理からヒントを得て、褐色変化の仕組みから発見した成分を、より白髪染めシャンプーに適応させました。

肌に優しい弱酸性のノンシリコンシャンプーで、刺激となる成分は使用せずにお作りしています。

また、植物由来の成分※を使用しており、すぐに洗い流していただくと色が残らないため、一般的な白髪染めシャンプーでトラブルとなりやすい頭皮やお肌、浴槽などへの着色もありません。


特殊なアルミパウチ容器を使用



バナナに含まれるポリフェノール酵素が空気中の酸素と出会って茶褐色から黒くなる現象をもとに開発した成分のため、酸素を遮断する(酸化を防ぐ)ための専用アルミパウチを採用しております。

また、特殊開発した専用のポンプを採用することで、ご使用時にも酸素が混入しないつくりとなっております。


使用方法

髪と頭皮を十分に濡らしたあと、濡らした手に適量のシャンプーをお取り頂き、マッサージするようにシャンプーを行います。

その後、ショートヘアであれば約2分、ロングヘアであれば5分程度泡立てたままお待ちいただき、きれいな水で十分に洗い流します。

使用後は十分に乾かしてください。


商品概要



商品名:MODAMODA(モダモダ)
販売方法:オンラインショップにて販売
広告文責:株式会社ティーエイ
輸入/製造販売元:株式会社洋光
原産地:韓国
商品区分:化粧品
価格:
100ml ¥3,980→キャンペーン価格¥1,580(税込み)
300ml ¥6,980→キャンペーン価格¥3,980(税込み)

公式サイト:https://modamoda.co.jp/
楽天販売サイト:https://item.rakuten.co.jp/mediamart/modamoda_300g/
公式SNS:https://www.instagram.com/modamoda_japan/


含有成分

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、スルホコハク酸ラウレス2Na、グリセリン、ココイルイセチオン酸Na、ラウリルヒドロキシスルタイン、BG、ラウリルグルコシド、1,2-ヘキサンジオール、ゴマ種子エキス、クロミグワ果実エキス、トリュフエキス、ニゲラサチバ種子エキス、プルヌスセロチナ果実エキス、マグワ樹皮エキス、ナイアシンアミド、チャ葉エキス、没食子酸、PEI-10、カラメル、サリチル酸、クエン酸、タンニン酸、カフェイン、セイヨウハッカ油、塩化Na、PPG-3カプリリルエーテル、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、パンテノール、1,2,4-トリヒドロキシベンゼン, ポリクオタニウム-10、エチルヘキシルグリセリン、カプリリルグリコール、メントール


会社概要

社名:株式会社ティーエイ
所在地:東京都目黒区上目黒1-11-1 OAKBLDGII


本件に関するお問い合わせ

株式会社ティーエイ
電話番号:03-6416-0850
メールアドレス:modamoada@tainc.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)