暮らし

《tama》『ボナペティ』は2023年も“価格ロック”にチャレンジ

マーケティングパートナー株式会社
猫の健康維持のため、品質はそのままに、できる限り価格の維持を継続

プレミアムキャットフード専門店・通販「たまのおねだり(tama)」(運営:マーケティングパートナー株式会社、本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:権田真司、Tel:03-6772-8194、https://www.tamaone.jp/)は、tamaブランドオリジナルのドライフード『ボナペティ』全ラインナップ(計6品目)に関して、品質はそのままに、2023年も価格ロックを継続いたします。 ※2023年6月以降も継続するかどうか、あらためて検討します。 ※tamaオリジナル商品9品目に関しては、2023年2月28日(火)14時に価格改定をおこないます。詳しくは、リンク先ページをご覧ください。(https://www.tamaone.jp/ext/magazine/2023/01/information-tama20230110.html)






猫の健康維持のために“価格ロック”にチャレンジ

2022年、tamaはオリジナル製品、20品目の価格ロックにチャレンジしました。
原材料や物流費の世界的な高騰、為替の影響などで生活に関わる様々な商品の値上げが続く中、tamaオリジナル商品の使命として、猫の健康維持のためにコストの上昇をそのまま価格に上乗せするのではなく、少なくともできるだけ価格を維持していくことが大切なことだと考えたからす。
tamaを運営する会社のグループには、物流や輸入を生業とする会社があり、そのシナジーの強さを隅々まで生かし、細かいところまで見直し工夫を凝らすことで、中間マージンや流通コストを可能な限り制御しています。
その結果として、2023年も継続して、“価格ロック”にチャレンジしていくことを決定しました。





室内で暮らす猫の健康に徹底的にこだわって開発した『tama ボナペティ』シリーズ

『たまのおねだり(tama)』は、世界中から厳選したキャットフードを販売する、プレミアムキャットフード専門店です。猫の健康情報に真摯に取り組み、科学的・栄養学的な根拠のある情報や知識を元に、コラムなども掲載し、発信しています。そんな私たちが開発した『tama ボナペティ』は、猫と暮らすスタッフ一人一人が「私たちと一緒に暮らす猫がいつまでも元気でいてくれるように。」と願い、室内で暮らす猫の健康に徹底的にこだわって開発しました。





プレミアムキャットフード専門店・通販「たまのおねだり(tama)」

プレミアムキャットフード専門店・通販「たまのおねだり(tama)」は、プレミアムドッグフードのセレクトショップの先駆けである「POCHI」(1998年に誕生)に続いて、2009年にPOCHIサイトの「猫フロア」として誕生し、2014年、新たに愛猫のためのプレミアムキャットフード専門店としてサイトをオープンしました。
「tama」は、猫のために“猫本来の食生活を探求する”というコンセプトのもと、わたしたち猫好きが猫から「おねだり」されるような商品をセレクトしています。これからも、猫がおいしく食べてずっと健康でいられることを願い、猫のことを大切に想う人たちと共に学び、成長しながらより良いサービスと品揃えを目指しています。


tamaが考える「あたりまえのこと」

「tama」では、2019年から総合栄養食のオリジナルキャットフードも展開しています。

猫の健康のために、tamaが考える「あたりまえのこと」。

小さな体への影響を考えると、化学的な保存料や着色料はもちろん、遺伝子組み換え食品も不使用。そして、動物副産物ミールはもちろん、『tama ボナペティ』シリーズでは、ミートミールも使用していません。また、国際基準の品質管理認証ISO9001、ヨーロッパ基準の品質管理認証GMP+B8を取得工場で製造しています。


ウェブサイト

・『ボナペティ』は2023年も価格ロックにチャレンジ 紹介ページ
https://www.tamaone.jp/ext/magazine/2023/01/pricelock202301.html
・プレミアムキャットフード専門店・通販「たまのおねだり」公式サイト
https://www.tamaone.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)