医療・医薬・福祉

20周年記念「癒しと安らぎの環境」コンサート2022を開催しました

集中出版株式会社
~病院経営者の羅針盤・月刊『集中』からのお知らせ~

「癒しと安らぎの環境」フォーラムは、優れた「医療・福祉施設」及び「癒しと安らぎの環境」作りを目的とした活動(以下「癒しの活動」)を「癒しと安らぎの環境賞」として顕彰し、広く世に知らせる事によってその質の向上を図る為、2002年、日野原重明先生を名誉会長、岩崎榮先生を会長として活動を開始しました。  医療情報誌 月刊『集中』は、2008年の創刊以来、誌面企画「Art in Hospital」にてこの活動を取り上げ、優れた医療・福祉施設及び癒しの活動を紹介し、顕彰を実施しています。又、『集中』創刊10周年を機に「集中医療大賞」を創設し、社会に多大な貢献を果たした医療従事者の顕彰も同時に行っています。




▲写真左から:林美智子さん(メゾソプラノ)、山岸茂人さん(ピアノ)、佐野成宏さん(テノール)、森麻季さん(ソプラノ)

医療情報誌・月刊『集中』を発行する集中出版株式会社は、毎年「癒しと安らぎの環境」フォーラムを開催し、社会に多大な貢献をされた医療従事者を顕彰する「集中医療大賞」、癒しと安らぎの場を提供する優れた医療施設を顕彰する「癒しと安らぎの環境賞」の表彰を行っています。更に、同フォーラムでは毎年2回、医療従事者の皆様への感謝を込めた「癒しと安らぎの環境」コンサートを開催しています。

2022年は12月17日(土)19時より、サントリーホール大ホールにて「集中医療大賞」「癒しと安らぎの環境賞」の授賞式に続き、テノールの佐野成宏さん、ソプラノの森麻季さん、メゾ・ソプラノの林美智子さんを迎え、クリスマスコンサートを開催しました。この模様は、近日YouTubeの「集中チャンネル」で期間限定配信を行います。

今回の開催からコンサートはチャリティー形式となり、来場者からは温かい募金が寄せられました。当日集まった214,269円は、当フォーラムより日本赤十字社へ全額寄付を致しました。

【演奏曲】
オンブラ マイフ(G.Fヘンデル作曲)/私を泣かせてください(G.Fヘンデル作曲)/シオンの娘よ、大いに喜べ(G.Fヘンデル作曲)/神の御子は(賛美歌)クリスマスメドレー(賛美歌 ああベツレヘムよ~まきびとひつじを)/アヴェ マリア(F.シューベルト作曲)/幼子イエス(P.A.ヨン作曲)/アヴェ マリア(P.マスカーニ作曲)/アヴェ マリア(G.カッチーニ作曲)/星に願いを(L.ハーライン作曲)/アメージング グレイス(賛美歌)/さやかに星は煌めき~オー ホーリー ナイト~(A.アダン作曲)/アンコール 乾杯の歌(G.ヴェルディ作曲)、きよしこの夜(F.X.グルーバー作曲)



YouTubeでの無料配信


「癒しと安らぎの環境」コンサート2022の模様は、YouTube「集中チャンネル」にて近日公開致します(期間限定)。

【集中チャンネル】
https://www.youtube.com/@SHUCHUchannel



「癒しと安らぎの環境」フォーラム2022


【主催】 「癒しと安らぎの環境」フォーラム実行委員会
【共催】 「日本の医療の未来を考える会」/University Of Cambridge Japan Consulting Supervisor
【後援】 (公社)日本看護協会、スロベニア共和国大使館、中華人民共和国大使館、デンマーク王国大使館、ナイジェリア連邦共和国大使館、ハイチ共和国大使館、パラオ共和国大使館、パナマ共和国大使館、マラウイ共和国大使館
【特別協賛】 サントリーホールディングス株式会社
【協賛】IBM Watson Health/MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社/MBM株式会社/株式会社DYM/デル・テクノロジーズ株式会社/株式会社リレーションズ



医療情報誌 月刊『集中』とは


病院経営者・理事長・院長を始め、医師など医療従事者に特化した読者層を誇り、病院の経営戦略や厚生行政、医薬品・医療機器メーカーの動向から国内外の政治や経済、社会・文化の情報まで網羅した総合医療情報誌です。定期購読による直販方式の為、一般の書店ではお求めになれません。

【媒体概要】
媒体名:集中/Medical Confidential
定価:年ぎめ購読料18,000円(税込1冊1,500円)
頁数:60頁
判型:B5判
発行日:毎月末

【定期購読のお申込】
https://www.medical-confidential.com/subscription/




集中出版株式会社について


○医療情報誌『集中』の発行
月刊『集中/Medical Confidential』(2008年4月創刊)を発行。医療従事者・医療関連企業の経営者に有益な情報の提供、及び医療機関等からの情報発信を行う。
その他、
・出版物の企画、制作、コンサルティング
・広告宣伝の企画、広告代理業
・健康および医療情報、経営にに関するコンサルティング
・シンポジウム・セミナーの開催・運営 等

○日英医学交流
2018年、ケンブリッジ大学ジャパンコンサルティングスーパーバイザーを設立し、日英医学交流を開始。
第一弾として2021年11月にケンブリッジ大学を表敬訪問し、COVID-19の研究で多忙を極めるGupta教授を独占取材。Gupta教授は、COVID-19に関する論文を発表し続け、世界で最も引用された論文作成者として、また、エイズ患者を寛解させた「ロンドンペイシェント」の主治医として、一躍、世界的な名医に名を連ねた。2022年10月、Gupta教授を招聘し、衆議院会館国際会議場で新型コロナウイルスについて記念講演会を開催。来日中に日本医学会会長・門田守人先生や副会長・門脇孝先生、国立国際医療研究センター長・大曲貴夫先生らと医学交流を行う。2022年8月にケンブリッジにオフィスを開設。留学支援などを含め幅広く活動を行っている。

University Of Cambridge Japan Consulting Supervisor
日本オフィス:東京都港区赤坂3-3-5ストロング赤坂ビル6F
ケンブリッジオフィス:Suite 219  23 King Street Cambridge CB1 1AH UK
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)