出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

法研)高齢者の転倒、認知症、尿失禁リスクにつながる「iNPH(特発性正常圧水頭症)」の患者、家族向け書籍を発刊

株式会社法研
三大兆候を知って、適切な診断、治療を。原因がiNPHなら、歩行障害、認知症、尿失禁を治療で改善できる

高齢者がたびたび転んだり、歩きにくそうにしていても「年だから…」とあきらめてしまいがちですが、原因が特発性正常圧水頭症なら適切な治療で回復する可能性があります。身近な人の気づきがキーポイント。


特発性正常圧水頭症とは、なんらかの原因で脳脊髄液(髄液)がたまりすぎ脳が圧迫される病気です。歩行障害、頻尿、認知症を主な症状とし、正しい診断を受け、適切な対処をすると症状が改善されます。アルツハイマー型認知症などと合併している場合でも、特発性正常圧水頭症を治療し転倒しやすさや尿失禁などの症状が改善されることで、介護負担が減ったり、生活の質が高まったりします。
しかし、歩きにくい、トイレが近い、ぼーっとするなどが症状の病気はほかにもあり、高齢者がこのような状態になっても特発性正常圧水頭症だと気づかないこともよくあります。
よくわかるiNPH(特発性正常圧水頭症)

本書は特発性正常圧水頭症にはやく気づき、適切な治療を受けるための病気の基礎知識や、診断のための検査方法、治療法、シャント術後の過ごし方などを、ケーススタディもまじえながら詳しくわかりやすく解説します。

『よくわかるiNPH(特発性正常圧水頭症)』
鮫島直之 著
A5判 176ページ 2色刷り
定価 1760円(税込み)
ISBN978-4-86513-929-7 C0077

病気がわかるきっかけは人それぞれ。
いろいろな方のケースを紹介。
ケーススタディを紹介

豊富なイラスト、図でわかりやすい。
図解でよくわかる


もくじ

第1章 なぜ起こる?どうやって気づく?
歩行障害、認知障害、排尿障害が三大症状/歩行障害は小股・すり足・がに股が特徴的/認知障害は無関心・意欲低下が目立つ/排尿障害はトイレが近くなり間に合わなくなる/水頭症の原因は髄液が増えすぎること ほか
第2章 水頭症かな?と思ったら
脳神経外科でくわしく調べてもらう/歩行テストや認知機能テストを受ける/画像検査で脳を調べる ほか
第3章 手術で症状が改善する
シャント術で髄液の流れをよくする/1~2時間程度の手術で治療できる/手術にはリスクがあることも知っておこう ほか
第4章 治療に向けて転倒を防ぐ
入院する前に低下した筋力を高める/転倒しにくい環境をつくる ほか
第5章 治療後は活動的な生活を
基本的に元どおりの生活に戻るのが目標/退院後も定期的に検診を受ける ほか

著者

鮫島直之(さめじま・なおゆき)
東京共済病院 脳神経外科部長
1995年山梨大学医学部卒業。虎の門病院レジデントから虎の門病院脳神経外科を経て東京共済病院脳神経外科。2018年より現職。日本正常圧水頭症学会理事、脳神経外科専門医・指導医、脳卒中学会専門医・指導医、脳神経外傷学会指導医、認知症学会専門医・指導医、日本転倒予防学会理事。「特発性正常圧水頭症診療ガイドライン第3版」システマティックレビューを担当。

体裁・価格等

A5判 176ページ 2色刷り
定価 1760円(税込み)

詳細ホームページ
https://www.sociohealth.co.jp/book/detail/30200929.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)