医療・医薬・福祉

診療用隔離装置「陰圧クリーンブース」の販売を開始

日立グローバルライフソリューションズ株式会社
日立グローバルライフソリューションズ株式会社(取締役社長:谷口 潤)は、診療用隔離装置「陰圧クリーンブース」の販売を5月より開始いたします。


 当社は従来から、清浄度の高い再生医療施設向けのソリューションを提供しており、ここで培われたクリーン化および室圧制御技術を、この「陰圧クリーンブース」に活用しております。
 この「陰圧クリーンブース」を、新型コロナウイルスの感染拡大防止に取り組む社会全体で広くご活用いただきたいと考え、当該技術に関する知的財産については、社会貢献の観点からも無償でお使いいただくことを検討しております。
 なお、本「陰圧クリーンブース」については、ローツェライフサイエンス株式会社及びSHANGHAI RORZE REMED BIOTECHNOLOGY CO., Ltd.と、共同で開発を進めました。


 新型コロナウイルス感染拡大防止にご尽力されている皆さまに深く感謝申し上げるとともに、当装置が少しでも社会に貢献できますよう取り組んでまいります。


■陰圧クリーンブース イメージ図


■「陰圧クリーンブース」の特長
1. 既設の建物にも設置が容易
陰圧クリーンブースは、病院内はもちろん、臨時の医療施設として利用することが考えられるイベント会場など大規模施設への診療用隔離装置として、設置の簡便性が求められています。部分ごとにモジュール化し組み立てしやすくしており、組み立て所要時間は約4時間、また、解体後の再組み立ても可能です。

2. ブース内へ清浄度の高い空気を導入
ブース内を陰圧にするだけでなく、医療関係者への配慮として天井面からHEPA(High Efficiency Particulate Air)フィルターを介した空気を導入しています。

3. ブース内空気のばく露防止
ブース内の圧力を-5Pa~-15Paに維持しながら(*1)、ブース外へ排気します。ブース内の空気の排気については、HEPAフィルターを二重で装着し、厳密にろ過を実施しています。

(*1) 設置環境により変動する場合が有ります。


4. 海外でも使用可能
海外での電源に対応しています。広く世界での使用が可能となっています。


■ニュースリリース全文はこちら
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2020/05/0521.pdf

■関連ホームページ
https://www.hitachi-gls.co.jp/products/cpc/negative-cleanbooth/

■本件に関するお問い合わせ先
日立グローバルライフソリューションズ株式会社 空調サービスシステムエンジニアリング本部
東日本システムソリューションセンタ CPC事業推進グループ [担当:舟津]
〒135-0016 東京都江東区東陽五丁目29番17号
電話 050-3144-9987(直通)


以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会