医療・医薬・福祉 美容・健康

Femtech(フェムテック)コミュニティイベント「Femtech Fes!」始動から4ヶ月で累計参加者数が1,000人を突破

fermata株式会社
~女性のウェルネス課題に対する興味関心の高まり示す~

生物学的女性のウェルネス課題の解決・支援事業を行うfermata株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:中村寛子、以下fermata)は、女性が自分の体に向き合うきっかけ作りの場として提供するコミュニティイベント「Femtech Fes!(フェムテックフェス)」の参加者が、2020年1月の始動から4ヶ月で累計1,000人を突破したことをお知らせします。


Femtech Fes!は、月経や妊娠出産、セクシャルウェルネスなど生物学的女性特有の悩みや不安と向き合い、解決するきっかけを提供するコミュニティイベントです。「女性の体」や「性」という、未だ話題にすることがタブー視される分野にも関わらず、2020年1月の本格始動からわずか4ヶ月で累計参加者が1,000人を突破。女性のウェルネス課題に対する興味関心が高まりつつある結果だと言えます。



■Femtech(フェムテック)について

Femtechとは、女性(Female)と技術(Technology)を組み合わせた造語です。一般的には月経、妊娠、更年期など女性特有の健康課題に対してテクノロジーを用いたデバイスやアプリ、プロダクトなどを指します。2016年ごろから欧米で使用され始めた産業で、市場は欧米を中心にアジア各国でも急速に広がっています。

fermataでは、モノだけでなく、「女性がセルフケアを重んじる文化」「誰もが自分自身の体の1番の理解者になること」といったムーブメントそのものを「Femtech」と定義しています。女性の社会的活躍や多様な生き方が進んだ今だからこそ、Femtechを社会に浸透させ、性別を問わず皆が生きやすい世界を創出することが重要だと考えます。

■Femtech Fes!の活動目的

女性特有の体や健康問題、性問題は未だ話題にしづらく、誰にも相談できず悩んでいる方や相談することを諦めている方が数多くいます。また、誰かに相談したくても相談する場が見つからないという課題もあります。

fermataはこのような課題を解決するため、女性が体や性の不安や疑問を気軽に相談でき、生き生きと過ごすきっかけ作りの場としてFemtech Fes!を開始しました。参加者が、Femtech Fes!を通してウェルネス課題に対する自分なりの解決法を見つけ、ワクワクする未来への一歩を踏み出すことを応援します。

■Femtech Fes!の活動内容





Femtech Fes!は、オフライン、オンラインの両方で実施しています。



Femtech Fes!オンラインでは、これまで「セクシャルウェルネス事情」「スポーツ x Femtech」「生理パンツの秘密」「オンライン処方&ピル」など、様々な角度から女性の悩みや疑問に寄り添ってきました。イベント中は毎回参加者からの積極的な質問や意見が出る活発さが特徴です。2020年5月に入ってからは、イベント募集開始から1日で100人以上の申し込みが続いており、Femtechに対する関心の高さと期待の大きさが表れています。

これまでのFemtech Fes!の一部はfermataオフィシャルYoutubeチャンネル(https://bit.ly/2LrLiA2)でも公開しています。ぜひご覧ください。

※1 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、現在オフライン活動を休止しています。
※2 各回の内容やスケジュールはFemtech Fes!のページ(https://www.hellofermata.com/community )でご確認ください。

■fermata株式会社について

「あなたのタブーがワクワクに変わる日まで」をビジョンに掲げ、未だタブー視される傾向にある「女性のウェルネス」課題を解決・支援する事業を行っています。女性の体の悩みや課題を共有するプラットフォームの創出、ウェルネス課題の解決に繋がる世界中のプロダクトの提供を通して、日本、そして世界のFemtech産業を加速させ、女性だけでなく皆が生きやすい世界を目指します。

<会社概要>
会社名:fermata株式会社/fermata Inc.
代表者:中村寛子/杉本亜美奈
所在地:東京都品川区上大崎4−3−14 フラワーヒル目黒504
設立:2019年10月
事業内容:Femtechプロダクトの販売、ウェルネス課題共有コミュニティの創出・運営、Femtech市場の支援
ホームページ:https://www.hellofermata.com/
オンラインストア:https://store.hellofermata.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)