ホテル・レジャー 美容・健康

1/28(土)に開業する蘇りの道・熊野古道を“歩いて整うサウナ” 施設内部を初公開 和歌山の1棟貸し宿「SEN.RETREAT TAKAHARA」に併設

株式会社日本ユニスト
熊野古道のメインルート・中辺路沿い初のサウナが、新たな巡礼文化を創出

不動産開発・ホテル運営の株式会社日本ユニスト(大阪市、代表取締役・今村亙忠)は、世界遺産・熊野古道の1棟貸し宿「SEN.RETREAT TAKAHARA」(和歌山県田辺市中辺路町)に、フィンランド式サウナ「Kumanoko Sauna」を新設し、1月28日(土)に開業します。このほど施設が竣工しましたので、施設内外の写真を公開いたします。



ご予約はこちら〉 https://reserve.489ban.net/client/sen-retreat-takahara/0/plan

Kumanoko Saunaは「熊野古道を歩いた後にサウナと水風呂で整う」という、新たな巡礼文化を創出しようと生まれました。大自然の中でストレスをリセットし、明日の自分を好きになる「リトリート体験」をコンセプトとするSEN.RETREAT TAKAHARAと同じく、“心身ともにリトリートすること”が叶えられるよう、大自然に囲まれながら外気浴を行ったり露天の水風呂に入ったりするスペースや、和歌山のミカンやお茶を使ったアロマキューゲルなどをご用意しています。


Kumanoko Sauna について

すでに温められている中に入る一般的なサウナと異なり、薪割りや火入れなど、お客様ご自身で一から作り上げるフィンランド式サウナです。1組限定の貸し切り宿なので、私語や寝転がることは禁止されておらず、自由に楽しむことができます。サウナのすぐ横に露天の水風呂があり、”サウナ⇋水風呂”のサイクルを何度でも堪能できます。水風呂の巨大な風呂桶は、和歌山県名匠にも表彰された、地元の桶職人・松本濱次さん(88)が手がけました。


サウナ内はあえて照明をあまり入れず、ほの暗い空間でストーブの火を見つめることで、禅や瞑想のように”無になる瞬間”が生み出されるようにしました。家族や仲間と一緒にいながらも、自分自身と対話する時間を持てる空間となっています。熊野古道の主要ルート・中辺路沿いには現状、他にサウナ施設がありません。熊野古道を歩き、サウナに入って心身ともにリトリートするという、一連の流れが出来上がれば、新たな巡礼文化が誕生すると確信しています。





サウナ新設の理由・背景

日本ユニストは、熊野古道・中辺路沿いに4カ所の無人運営宿「SEN.RETREAT」をつくる計画を進めています。「蘇りの地」として古来より信仰を集めた熊野にあることから、「蘇り」「魂を清める」という特徴をもとに、「リトリート」というコンセプトをつけました。コロナ禍前の熊野古道は日本の宗教観や自然を体感しようと、トレッキング目的の外国人であふれていましたが、熊野古道を訪れたことがない日本人は多く、その価値と魅力が国内で認知されていませんでした。過疎化とコロナ禍で、地域全体の活気が下火にもなっていました。


そこで、「今まで熊野古道に来たことがない方に泊まってもらえる宿」を目指し、宿を起点に楽しめるアクティビティや飲食物の充実をはかりました。結果的に2021年10月の開業以降、多くのお客様にお越しいただきましたが、一方で「SEN.RETREATに泊まり、熊野古道も歩いた」という方はほとんどいませんでした。
「今まで熊野古道に来たことがない方を呼ぶこと」には一定成功したが、さらにもう一歩先の「熊野古道を歩き、巡礼文化を体感してもらうこと」を次は実現させたい。そうすれば、もっと幅広い層の方に熊野古道の価値を知ってもらえるのではないかと、考えるようになりました。

早速、熊野古道を歩いて泊まるには何が必要かハイカーを対象に調べたところ、「山歩きの疲労を癒やすための温泉がほしい」との声が複数上がりました。ただ、TAKAHARAは標高300mの山の上にあるため、周辺一帯に公共の水道が通っておらず、温泉を引くのは無理があります。
そこで思いついたのがサウナ。熊野古道を数時間トレッキングして、サウナと水風呂に入って整い、翌日また古道の続きを歩く。これなら、当宿が掲げる”リトリート体験”にも当てはまる。そして、「整う」は「蘇り」と相通じる部分がある。「熊野古道における究極のリトリート体験は、サウナではないだろうか?」と気づき、「歩いて整う文化を根付かせること」を次なるミッションに掲げました。



内覧会 詳細

▼日時
1月24日(火) 第1部 11:00(受付開始10:30)  第2部 14:00 (受付開始13:30)
▼場所
SEN.RETREAT TAKAHARA (和歌山県田辺市中辺路町高原1966)
▼進行予定
1.記者説明会  事業責任者より挨拶、施設説明
2.内覧会     サウナ撮影、インタビュー
3.サウナ体験 ※ご希望の方のみ
室温を低温とし、服を着たままでも入れるようにします
施設備え付けのポンチョの貸し出し、ロウリュ体験、サウナドリンク試飲も可能です
▼申し込み方法
社名・媒体名・電話番号・参加人数・参加希望時間を明記のうえ、1月20日(金)までに、当社メールアドレス(koho@n-unist.co.jp)宛にご連絡ください
▼備考
和歌山県外から来られるメディアには、日当をお渡しします。詳細はお問い合わせください





Kumanoko Sauna 施設概要

所在地:和歌山県田辺市中辺路町高原1966  SEN.RETREAT TAKAHARA敷地内
TEL:0739-64-0556
アクセス:紀勢自動車道「上富田IC」より車で40分
料金:19,000円~/1人(6名様利用時)




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)